スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶賛「劇団☆新感線」祭りに「古田新太さん」祭り、勝手に開催中!

いきなり「劇団☆新感線」ファンになりました、新米ヒヨッコ観劇人間です、こんにちは。
以降、ゲキ×シネ観劇しての感想なんぞを書いてますが、かなりエキサイトして書いちゃってるため、内容見てドン引かれる可能性大となっております。
あと、「アカドクロ」・「アオドクロ」・「SHIROH」ネタバレもちょろちょろ書いてしまっているので、これから観る方は見ない方がいいですよ。
「痛い人間!アハハ!!」と笑い飛ばせる方は、どうぞ「続きを読む」を押して下され~。

続きを読む »

今年もヨロシク&気になる舞台&ゲキ×シネ取れた!

2007年になってからやっと書きましたよ、この管理人は。このノロマっ!
かなり明けまくってますが、おめでとうございます!
今年も皆々様、どうぞよろしくお願いします。(深々)

さてさて、1月はじめに劇団☆新感線「朧の森に棲む鬼」の舞台を観に行ってきました~。
詳しい感想は別途書こうと思いますが、メチャクチャ良かったです!と一言。
(自分内で)湧き起こる「アベサダ」コール!
阿部サダヲさん、格好良すぎでありました!!


大満足の中帰ってきたのですが、もらった舞台チラシで嬉しいものが!
劇団☆新感線の過去作品を映画館で上映してくれる「ゲキ×シネ」なるものが2,3月に東京・新宿バルトでやってくれるそうな。
劇団☆新感線初心者ワカバマークの自分になんて打ってつけなのかしら!というタイミングであります。
やるものはコチラ。(詳しい日程などは、公式サイト見て下さい)
 ・「メタルマクベス」
 ・「髑髏城の七人~アカドクロ~」
 ・「髑髏城の七人~アオドクロ~」
 ・「SHIROH」
そしてまんまとプレリザーブに応募してまでチケットGETしたアホがここに・・・。
「お~いおい、東京遠征の資金はどこから出ると思ってんだー、このトウヘンボクがーーー!!!」
と、えらいちっさな脳内天使様がほざいておりましたが、巨大脳内悪魔様は聞く耳持ちませんでしたとさ。
しかし、チケット代より交通費代の方がデカイってどういうことなのさ・・・。
あぁ、舞台好きな友人が日ごと言っていた「金が無い、金が無い、金が無(以下、エンドレス)」の苦悩のつぶやきを本当の意味で理解した瞬間でした。
ほんと、東京住んでる人がうらやましいですよ。トホホ。
(でも、地元が住み心地いいのもまた事実)

それと、チラシ見て自分が気になってる舞台を羅列。自分的メモ。
 ・Bunkamuraシアターコクーン:「ひばり」(2月7日~2月28日)
 ・KOKAMI@network:vol.9「僕たちの好きだった革命」(2月28日~3月11日)
 ・Bunkamuraシアターコクーン:「橋を渡ったら泣け」(3月5日~3月29日)
 ・Bunkamuraシアターコクーン:「写楽考」(4月5日~4月29日)
 ・Bunkamuraシアターコクーン:「藪原検校」(5月8日~5月31日)
 ・劇団☆新感線・ヴィレッヂ:「犬顔家の一族の陰謀」(8月中)

「ひばり」と「僕たちの好きだった革命」は、話の内容で。
それ以外は全て役者さんで選んでます。
そして、高確率で古田新太さんがいらっしゃるという末期症状。
あなたどんだけ古田さん好きなんですかっ!?と問いただされること間違いなし。

と、いうわけで、舞台情報で幕を開けたこの2007年。
今年は舞台寄りの趣味全開になるかもしれません。あな恐ろしや。(金銭面が)
ではでは~。

確かにあった”戦争”。舞台「THE WINDS OF GOD~零のかなたへ~」観劇。

戦争を知らずに~♪僕ら~は~生まれた~♪(by戦争を知らない子どもたち )
まったくもって、おっしゃる通り。返す言葉もありません。

と、いうわけで、戦争関連のことを考えると1週間は鬱確実!
(修学旅行で行った長崎原爆資料館がもはやトラウマ!)
そんな自分のくせに観てきましたよ、舞台「THE WINDS OF GOD~零のかなたへ~」
ナイス、地元!やればできるコじゃんっ!!パート2(笑)

この舞台、主演・原作・脚本・演出すべてを役者である今井雅之さんが行っているモノでして、かなり昔から何回も公演されている有名な舞台なのです。
昨年ドラマにもなって、前々から気になってた舞台。
が、一度は封印された舞台。
もう観れないのかな~?と思っていたら、あのアメリカ9・11テロを機に、再度今井雅之さんが立ち上がり、再演決定しました。
(これは、喜ぶべきか悲しむべきか、複雑だ・・・)
友人も「うちも観たいと思ってたんよ~」と、いうわけで、行ってきました。

<舞台版あらすじ>
現代の漫才師2人が交通事故のショックでタイムスリップ!?
目覚めると、そこには太平洋戦争末期の特攻隊基地。
神風特攻隊員となった彼らの運命は・・・っ!?

以降、ネタバレ全開の感想です。
もう見たよ~&ネタバレでもOK!な方は、「続きをクリック」でどうぞ。

とりあえず一言。
今井さん、サイコー!素晴らしい役者さんやっ!!
続きを読む »

秋冬の気になる舞台

気を取り直して、こんばんは。
最近肌寒くなってきましたね~。とうとう秋ですか~。

さて、『芸術の秋』にかこつけて、自分が気になってる舞台をご紹介。

1.大人計画「ウーマンリブ
ぶっちゃけ内容よくわかってないんですが、役者さんが凄まじく自分好みなので!(言い切ったよ、この人)
松尾スズキさんですよ!?
皆川猿時さんですよ!?
荒川良々さんですよ!?

古田新太さんですよっ!?
自分のためにあるような舞台ではないですかぃぃぃ!!!

2.劇団☆新感線「朧の森に棲む鬼
舞台版:阿修羅城の瞳で劇団☆新感線の面白さ・凄さを実感!
つーかね!市川染五郎さんの殺陣姿がめっちゃ洗練されてるっていうかさぁぁぁぁっ!!(落ち着け)
姿勢もめっちゃピシッてなっとーし!太刀筋もブレなく綺麗だし!
いぃ!歌舞伎役者さん、最高ーーーっ!
役者人もやっぱり自分好み!
市川染五郎さん!阿部サダヲさん!古田新太さん!
期待大でありまっす!

どっちの舞台も超絶人気のため、チケットとれるのか本気で心配です・・・。
どうかチケットとれることを願いつつ、いざチケット争奪戦の戦場へダイブであります!
ではでは~。

気になる舞台。その2

昨日に引き続き、気になる舞台をば。

劇団キャラメルボックス 「雨と夢のあとに」

元々深夜ドラマで放送されておりましたお話でして、それを今夏舞台公演するとのこと。
このドラマ、好きだったんですよね。家族で見てました。
幽霊が出てくるから「ファンタジックホラー」と冠しているのかなぁと思い観ていたのですが、
「なんか「ホラー」ってついてるけど、ほのぼの話が多いよね、コレ」
と、当初は思っていたわけです。
が、後半になるにつれ、幽霊(人間)の黒い部分とかが突如現れ、かなりビビリました。まさしく、ホラー!
(良さげな話・・・だと思っていたら、実は!っていうパターン)
そういう部分が良かったのか、このドラマにハマりました。
最終回は、恥ずかしながら、最初から最後までドバドバ涙大洪水状態でした・・・。
(観覧車シーンは反則!)

話自体大好きなのですが、舞台はキャストが違うため、正直迷ってます。
ドラマのキャストが良すぎなのです。
雨ちゃん(黒川智花さん)とマスター(ブラザー・トムさん)が好きです。
そして、雨ちゃんのお父さん:沢村一樹さんが素晴らしかった!
何せ、珍しく黒くない!役が!!
その時点で自分、驚きましたから!(失礼)
ちょっと頼りない(さらに失礼)お父さん姿が拝めますよ!
(もちろん褒め言葉)
沢村さんはすごいなぁと感心しているわけです。

お金が微妙ですが、8月入って再度行くか考えようかと思います。
またオークション徘徊せんとな・・・。
ではでは~。

追記:
ちなみに、ドラマ版DVDが出てます。
雨と夢のあとに DVD-BOX 雨と夢のあとに DVD-BOX
黒川智花 (2005/09/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

気になる舞台。その1

元々お芝居とかミュージカルが好きだったわけですが、前に友人に誘われて舞台を観てからというもの、余計に好きになりました。こんばんは。
ミーハーでもいいじゃない!(お目々、クワッ!)

そんなこんなでこんな記事を発見。
「悪にドップリ染まりたい」染五郎、悪役に本格初挑戦

歌舞伎俳優:市川染五郎さんと劇団☆新感線とのコラボレーション舞台第5弾「朧〈おぼろ〉の森に棲む鬼」の発表です!
東京は来年1月公演だそうです。楽しみです。(大阪は2月)

劇団☆新感線を知ったきっかけというのが、映画「阿修羅城の瞳」でした。
「染五郎さん、カッケーーー!」と騒いでおり、勢いのまま、DVDの映画版&舞台版セットのツインパックを購入。
舞台版DVDで劇団☆新感線のすごさを知りました。
阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック 阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック
市川染五郎 (2005/10/29)
松竹

この商品の詳細を見る


で、劇団☆新感線といえば、なかなかチケットがとれないことで有名。

<今までの劇団☆新感線の舞台チケットGET奮闘履歴>
「SHIROH」→ 時期とお金がなく、断念。(例えあったとしても、チケットなかったと思う)
「メタルマクベス」→同上。
「吉原御免状」→ チケットGET不可能状態。オークションでも高かった。断念。

すんません、素人です。チケット諦めが早いです。
と、いうわけで、今年は思い切って劇団☆新感線のファンクラブに入ってみました!
(二次募集をしていたので)
これで、忘れず先行チケットお知らせがくるはず。
まぁ、入ったからといって、チケットが必ずとれるというものでもないらしいですが、まぁ、入っといた方が確率は上がるかと。
前向き思考で1,000円(+初回費:500円)を投資。

今回こそは生で公演を観たい!
チケットとれることを願いつつ。ではでは~。

オペラ初めて物語 【準備編】

かな~り前に「メトロポリタン・オペラ観てー!」と騒いでましたが・・・。
なんだかんだでチケットGETできました~。

メトロポリタン・オペラ 2006年 日本公演

まぁ、定価より1,500円ばかし余計にかかってしまいましたが、そこはしょうがない。
人生初の生オペラ!を楽しむべく、準備をしております。
ちなみに、観劇するのは『椿姫』。
オペラ初心者にオススメということで、こちらにしました。
当初は『ワルキューレ』を観たいなぁと思ってましたが、話が複雑そうでオペラ初心者にわかるか不安だったことと、上演時間:約5時間という、末恐ろしい時間だったため、断念!
(『椿姫』は約3時間。いつかは観たいものだ・・・)

で、今になって重大な事を忘れていたわけですよ。
オペラって、どんな服装で行けばいいの?(汗)
オペラ前日(実は明日の夜観る)になって気づいたバカです。アホです。
東京の当日天気が怪しいことから、濡れても替えができるよう、
危うくTシャツ姿で行くところだったよ・・・っ!(大汗)
浮くこと必須じゃん!そんな伝説を残すわけにはいかない!!

とりあえず、「教えて!goo」に頼ってみました。
やはり自分と同じような質問してる人が結構いて助かりました。
ありがとう!goo!!
正装でなくてもいいっぽいので、お金が飛んでかなくて良かった!
しかししかし、「ちょっとおめかし」ってどのくらいのサジ加減ですか!?
めかしこめる服なんか、結婚式に着てったヤツしか思いあたらん!(汗)
しかも、ソレ微妙だし。ホント「結婚式用!」って感じのヤツだし・・・。

うぅ・・・。とりあえずタンスをひっくり返すのと、既に観劇済みの方の感想ブログとかを巡って様子を確認しようと思います。
ではでは~。

舞台「贋作 罪と罰」観ました。

寒空のもと、友人が根性でとってくれた、舞台「贋作 罪と罰」を観てきました。
会場は花の都・東京(渋谷)。
というわけで、日帰り決行で18切符使ってブラブラ行くことに。
・・・遠いよ、東京・・・。

実は、野田秀樹さん作品2回目鑑賞となるわけでして。
1回目は「赤鬼」。
セリフが早くてスピード感がある舞台で面白かったのですが、いかんせん情報量が多すぎる。
話の半分は理解しないまま終了~でした。
しかし今回は、そんなに早いわけでもなく、かといって情報量も少なくないため、落ち着いて見ることができました。

で、こっからネタバレ込みの感想です。
こんなダラダラでも続きを見たい方は、クリック、プリーズ。
続きを読む »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。