スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気付くの遅すぎた!人気投票結果発表~。

久しぶりに公式サイト行ったら、人気投票の結果発表がされてんじゃん!(20日も経ってた・・・)
自分、気付くの遅すぎっ!!

え~、ここからは、とあるゲームで行われた人気投票と感想についてダラダラ書いちゃってます。

以下のキーワードがわかる人は、内容見てもわかっていただけるかと。
「駄犬」
「フィィィィィッシュ・・・・・!」
「じゃんけん、死ねぇ・・・・・・!」

わからない人は、見るとネタバレの可能性があるため、見ない方が賢明です。

それでは、「・・・ついてこれるかな?」(by赤い騎士)
と、いうわけで、大人気ゲームの2回目の投票結果見ました。

ちなみに、自分が票入れた人は以下。
 1stPt:藤ねえ
 2stPt:キャス子さん

今回、まさかの主人公がTOP10落ち!
そして、藤ねえも落ちたーーーっ!!(泣)
みんな、藤ねえの良さをわかってない!
わかってないよーーー!!(泣)

なんで「カレイド&マジカルルビー」に負けてるの!?
納得いかないっ!フンガーーーッ!!
うぅ、切嗣さんと子供士郎くんと学生藤ねえの過去話がなかったから、この順位なのか?
てか、自分がその話、ものっそ見たいんじゃーーーっ!!!
どうして、どうしてその話を入れてくれなかったの、TYPE-MOONさーーーんっ!!!(切実)
虎差別だYO!!!(号泣)


で、以外にもギルさんもTOP10ならず。順位も前回と同じ。
今回、かなり株が上がったと思っていたので、意外でした。
主人公と阿部さんに負けてる。(笑)
(阿部さんはTOP10入りしてほしかったなぁ)
敗因は、やはり「子ギル」と項目分けされてしまったからなのでしょう~。
・・・まぁ、そんだけ新キャラ人気がすごかったってことですか・・。

キャス子さん、ギリギリ10位おめでとうーーーっ!
投票者コメントを見ていただければ、自分のキャス子さん好き具合がわかっていただけるかと。
もうあの発言全部が物語ってる!
仲間がいて、自分嬉しいっ!!

「葛木メディアです!」発言時のキャス子さんの浮かれっぷり。
嬉しさのあまり、エルフ耳がピコピコ動いたり。
主人公をものっそい嫌な目でみる、あの顔。

全てが大好きです!(笑)
前作Fateルートで描かれなかった、葛木先生との別れは、今作で一番泣けた場面でした。
キャスターの悲痛な叫びと先生の
「…いいからもう行きなさい。君は、こんな所にいてはいけない」
のあの言葉に、勝手に涙が出てきて止まりませんでした。
(前作UBWルートほどではなかったですが)
例え虚ろな世界だったとしても、あの四日間がキャス子さん・先生にとって、忘れられない幸せなものであって欲しいと、心から願わずにはいられません。
とにかく、新婚妻、万歳ーーーっ(笑)!!

ダメットさん・・・もとい(笑)、バゼットさん。カレンに負けて9位です。残念っ!
実際にいたら、是非ともお友達になってほしい!
そして、その見事なまでの駄目っぷりを近くで確認したい!!(笑)
・・・あ、巻き込まれるから危険?じゃぁ、遠くから見守ってたい。(笑)
ランサーとの一騎打ちシーンは、見てて切なさのあまり言葉につまりました。
てか、兄貴格好良過ぎです!!
ケルト万歳!ゲッシュ万々歳!!

「ピアス持ってるの」と、うわごとのように繰り返しながら命を失っていくシーンは、見ていられませんでした。
そして、その後のアンリくんとの未来へと歩むための別離シーン。
アンリくん、あんたええ子や!
例え最弱だろうとしても、あなたも立派な英霊なんです!
だってあの頑固者のバゼットさんにあなたの思いと心が通じたのだから!!

この二人がいなかったら、きっとバゼットさんは死ぬまで、いや、死んでからも心囚われ、聖杯戦争の再現から抜け出せなかったんだろうと思いました。
と、まぁ、こんな風に感動しているところに「後日談。」エピソード。
あのじゃんけんシーンは反則ものです!
一気に感動が遠いお空に吹っ飛んでいったですYO!!!(爆笑)

今作一番爆笑だった場面でした。素敵すぎ、ダメットさん♡(笑)
虚ろな世界から抜け出した後、彼女の今後の生き方に期待します。

転落しちゃって、ヤスが8位。
まぁ、今回出番少なかったしね。裏方回っていたし。
新規イベント画:1枚。
新規立ち絵:フライングイリヤと水着のみ。
という、あまりにもな不遇っぷりは、流石師匠の弟子だと思ってしまいました。(笑)
(でもなんだかんだでミニゲームとか花札で出てるし、まだいい方かと)
いやはや、それでもこの順位。
全国のロリブルマファンが決起したということですか。
凛さん帰国時の
「凛が帰ってきたのなら、もう解決しちゃうね」
の言葉に、ちょっと切なくなりました。
彼女はこの四日間をどんな思いで見守っていたのか。
考えさせられてしまい、ちょっと切なくなりました。
が、最終決戦時のあの吹っ切れた感を見て、やっぱイリヤちゃんは(妹でもあるけれど)立派なお姉さんだ!と思いました。
本当に、藤ねえと共に切嗣さんに会わせてあげたいと思いました。

自分的予想外の高順位、カレン・履いてない・オルテンシアが7位にランクインしてたのには、ビックリ!
え~、みんなそんなにあのシスターに罵られたいのか~?(爆笑)
その超絶毒舌ぶりは、宝具・ゲイボルグに匹敵すると思います。(汗)
(いや、ホントに)

だって、「後日談。」シーンのあの衝撃発言に白目むいちゃいましたよ、自分は!(笑)
コメントも大概が、「スカート履いてない」「罵って!」ばかり。(笑)
「Mに目覚めました」なんて発言まであって、なんて罪作りなシスターなのでしょう!!!(慄き)
最終決戦時のアンリくんとの階段シーンでのかけあい。
ギリギリまでアンリくんを見送るところや、彼女なりの精一杯のはなむけの言葉に、思わずジーンときました。
カレンさんの聖女な部分を見れて、大変良かったでした。
しかし、「後日談。」で一気に崩壊したことは、言うまでもありません。(笑)

6位は、兄貴!
今回こそは赤弓に勝つと思っていたんですがね~。残念。
今作は、兄貴衣装七変化とか、名場面の頻度がかなりあって、オイシイ役どころだったと思います。
自分も一緒に釣りしたいです、兄貴!
が、楽園をW弓コンビに壊されたり。
マスターには恵まれなかったり。

と、苦労人キャラ具合に涙です。(でも、笑)
バゼットさんとの一騎打ちシーンは、ランサーの漢(おとこ)っぷりに感動すら覚えました。
あんな方法でしかバゼットさんにわかってもらえない。
それを知ってなお、とった行動。
背走不可のルーン。一騎打ち。そして、ゲイボルグ。
見ていて鳥肌が立ちました。(本当に)
一騎打ち後は、どの日に行っても姿を見せなかったり。
その後の最終決戦時は、「俺の仕事は終わった」とばかりに戦局を見守っていたり。
もう、兄貴格好良過ぎだからーーーっ!!!(号泣)

5位は桜ちゃん。
・・・ごめん、かける言葉がない。(笑)
今回もライダーに負けちゃったね・・・。
ライダーは後でおしおきされるのだろうか、とガクブルものです。(笑)
今作は、「桜ちゃん、お疲れ様~」と前作での不遇っぷりを取り戻すかのように、いろんなエピソードが散りばめられていて、楽しかったです。
お城のドレスイベントは、可愛いなぁ、もう!
最終決戦時では、精神的に強くなった桜ちゃんが見れて、大変感激しました。
彼女は彼女なりの意思を持って立ち向かい、忌み嫌っているあの力に今度こそは飲み込まれないよう、精一杯戦い抜いている姿にホロリときました。
それを見守るライダーも素晴らしい!
でも、「ジャプニカ暗殺帳」などに見られるように、黒あってこその桜ちゃんだと思います!(笑)
打倒!ミス・パーフェクト!!(笑)

「綺麗なお姉さんは好きですか?」「はい、大好きです!」の4位、ライダー。
サブヒロインなのに、この人気っぷり!
あはは~、桜ちゃんにまた勝っちゃってる!(笑)
(注:桜ちゃんはれっきとしたメインヒロインです)
そうか、眼鏡の力偉大なのか・・・っ!
今作では、お姉さんな一面だけでなく、まさかの妹!
しかも、いじめられっ子な一面も見ることができ、もうこの人、メインヒロインでいいよ!と言わせてしまうぐらいの反則級なエピソードが見れました。
しかし、姉妹関連エピソードでは、ホロリときました。
姉様方は最強ですね。

もう、今回からクラス名:アングラーでいいYO!(笑)
絶対順位が下がると思っていた、まさかのフィッシュ男・アチャ男さんが3位です。
・・・前作では、あの背中に何度涙したことだろうか・・・。
んが、今作では、まさかのはっちゃけぶり!
あの背中で
「ヒャッホー!」とか
「別にこの港の魚を釣りつくしても構わんのだろう?」とか
言うなーーーっ!(笑)
前作の感動が、も、ぶ・ち・壊・し♡(爆笑)
でも、セイバーとの一騎打ちと最終決戦の2つのシーンでの彼は、相変わらずカッコイイでした!熱いです!!漢(おとこ)です!!!
赤い外套を纏わなかった意味にまさかそんな理由があったとは!?
ぐわー!今作でも悔しいくらい格好良過ぎですよ、アーチャー!!

今回、イロモノ七変化担当(笑)のミスパーフェクトこと凛さんが2位。
やっぱり1位の壁は高かったか!
前半はまったくの出番なしで、「桜ちゃんづくしだなぁ」と思っていたら。
ロンドンからご帰還するや否や、一気に凛さん全開のエピソードだらけで大変楽しゅうございました。
是非とも諸葛凛先生に弟子入りしたい!(笑)
凛さんの存在で「ツンデレ」なるものを知った自分。
でも、やっぱり凛さんは姉御肌の戦友キャラだと思っております。
(あまりの漢(おとこ)っぷりに、思わず”さん”付けしてしまうくらいですから)
最終決戦:ブリッジシーンは今作1,2を争う見ごたえシーンであります!
やっぱり凛さんには、青タイツでもはらぺこ王でもなく、赤い弓騎士とのコンビが一番だと言わしめるシーンです!!
あのCG見た瞬間、奮えた!
もう、この赤々主従コンビ、大好きだーーー!

そしてそして、栄光の第1位。
ご存知、我らが騎士王・歩くぱらぺこマッシーン、セイバーが堂々の2連覇を飾りました~。
今作は、ひたっすら食ってましたね、騎士王様!(笑)
でも、焼き芋食べてる幸せ顔のセイバーが見れて、大っ変満足です。
もっと食べさせてあげて!士郎くん!!(笑)
まさかの逆鱗(通称:あほ毛)触れたら、黒セイバー化してしまうとは!?
しかも、雑な食事LOVE体質に変わっちゃってるし!?(笑)
アーチャー同様、前作とは打って変わって、このコミカルぶり!
でも本来、これが歳相応の反応なんだろうなぁと、ちょっとしんみり考えてしまった時もあり・・・。
そして、最終決戦時。
Fateルートの再現であるかのように、主人公を送り出し、敵に毅然と立ち向かう、あの誇り高き騎士王。
もう言葉で言い表せないくらいの気高さを見せ付けられました!

セイバー、やっぱりカッコイイ!貴方こそが、真の王です!!

はぁ、やっぱりこの作品、大好きだなぁと書いてて実感。
場面を思い返して、もう一回やり直してみようかと思いました。
ただ難点は、めちゃくちゃ時間がかかるところですかね。(泣)
あ、花札も途中だった。
誰か、ワカメでクリアした方いらっしゃいますか?
(「Yo-Jin-Bo」のワカメでホタテ様に非ず)
コンティニューが99回あるからって、HP3つでどうやって温泉に辿りつけばいいんですかっ!?
無茶だーーーっ!(号泣)


いつかちゃんとした感想とか書いてみたいなぁと思いました。
(前ブログでは、ちらちらと実況風に書いてましたが)
ではでは~。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。