スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ススキノ闘病生活1~下駄を鳴らしてヤツが来る~

・・・ヤツとの出会いは、既に始まっていたことだったのです・・・。

東京から帰ってきた次の日、普通に会社に行きまして、普通にお仕事してました。
お昼も平和に過ぎていき、おやつの時間に差し掛かった頃。

異変が起きたのです・・・。

なんだかゾクゾクと寒気がし出し。
咳も少しばかり激しくなり。
(咳は花粉症の頃から元々なっていた)
目の前がぼんやりしてきたではありませんか!

どうしたんだろう?とは思ったものの、肩掛け装備で再度仕事にとりかかるも、10分、20分と過ぎていく内に、症状はどんどん悪化の一途を辿る一方。

流石におかしいと(やっと)気づき、定時後に健康管理室(保健室みたいな場所)に行き、体温計を借りて、グハッ!と思わずうめき声。

39.1℃でした・・・。

この数値を見た瞬間、一気にだるさが圧し掛かってきました。

とりあえず、課長に経緯を報告し、今日は定時帰りをすることに。
が、前にも風邪で1日休んだため、大変気が引けてなりません。
「そんな場合ではないだろう」との周りの説得を聞き、急いで帰ることになったわけですが・・・。
「その前にトイレへ」と寄ったのが不味かった・・・。
そこで、1時間ダウンする羽目に・・・。
(座った身体が動かなかったため)

その後、まだ残っていた根性と気力で生まれたての小鹿のごとく起き上がり、薬局屋へ向かいます。
病人の命の源「アクエリアス」数本。
内部の熱を逃がしてけれ~な「熱さまシート」1箱。
人にうつすな!「マスク」1袋。
あとは、パンだおかゆだの病人食一式。
ヨロヨロとレジに持っていきます。

さぁ、荷物だけは着実に増えていく一方、体力はひたすらマイナスに削り落とされていってます。
そして、運が悪いことに今日は雨。
普段ならカッパを着て自転車で帰るところですが・・・。
問:こんな大荷物抱えてふらふら状態の中、ススキノは正常に自転車に乗れるかどうか?

答:そんなん無理やがなっ!!!死人が出るっ!!!人様に迷惑がっ!!!

と、いうわけで、大人しくバスを使って帰りました。
んが、このバス。
交通整備だかの事情により、乗る場所が変わってしまっていたため、道のりが遠くなりました。
ようやく辿り着いた頃、無常にもバスが行ってしまいました。
・・・次のバスまで15分あまり・・・。
しかも、カッパを使えない状態であるため、雨具ナッシング。
なので、ひたすら雨の中、濡れまくり状態で待ってました・・・。

ずぶ濡れネズミになりながらも我が家に到着。
意識が無くなりかけながらも着替えを行い、お布団にダイブ!
再度熱を測ると・・・。

39.6℃(今まで生きてきた中での最高気温)!!!

その数値を見た瞬間、ものの見事に意識を失いました・・・。

と、まぁ、こんな感じで始まった闘病生活。
明日はいよいよ病院で検査です。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。