スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ゲゲゲの鬼太郎」の感想

昨日観た映画「ブレイブ ストーリー」の影響を受け、観たかった映画「バベル」を差し置いて、映画「ゲゲゲの鬼太郎」観て来ました!
妖怪とか興味なさそうな友人巻き込んでな!(鬼)

以降、ネタバレこみの感想です。
ひたすら「大泉さんサイコーッ!」って叫んでます。(笑)
映画作成情報が入った時から思ってました。

これはもう、グダグダなものになるな、と。
(ひでー)

そして、案の定の結果です。
(笑顔で爽やかに)

まぁ、予定通りなので、そんなに気落ちしてないですよ?
むしろ、脇役メンバーバンザイ!だったから、自分的にはオールOK!でしたから!!
劇中のところどころにあった小ネタが輝いてました。
目玉おやじの映画「カンフーハッスル」だったあのシーンは目に焼きついて離れません。
(お茶碗から飛び出て「鶴の構え!」は素敵すぎ)

しかし、「妖怪石」の設定に思わず唖然。
織田信長とか天草四郎とか歴史上の重要人物出てきた時には、壮大すぎてどうしようかと思いました。(笑)
そんなに凄い設定にして大丈夫なのかー!?と、逆に心配になるくらい。
「天狗ポリス」の武装姿にも吹きました。
ミリタリー柄で銃使ってたよ!?それでいいの!?(笑)
それと、結局妖怪裁判の判決結果どうなったのーーー!?
犯人うやむやのままでいいのかよ、大天狗様ーーー!?(汗)
(妖怪だから細かいことは気にしないのか!?)
最後は、グダグダのまま妖怪達みんなでダンシング。
スゲー・・・!と思わずにはいられない、この展開。斬新だ。(笑)

この映画の感想を一言で言うと、

「思春期厨房・・・もとい、中坊な鬼太郎が観れるよ

です。(笑)

いや~、なんだあの鬼太郎は!(褒め言葉です)
劇中、ひたっすらニヤニヤしてましたが、なにか。
(猫娘との「目玉おやじを父さんと呼ぶな」やりとりとか、実花ちゃんとの電車でのやりとりとか)
目玉おやじ、ラストに何気にえげつないことしくさって、ちょっとおやじのダークサイドな一面が見れたり、とっても貴重♪(笑)
ラストのネズミ男との「あの世保険」の話に乗った鬼太郎は、素で大泉さんとウェンツさんとの会話のようだったわ。
ウェンツ鬼太郎、実花ちゃんに忘れられたからってやさぐれすぎ!(笑)
そうそう、工場での戦闘時に髪使いすぎて、ハゲるシーンがありました。
会場から笑いの声が。
この時、ウェンツさんは心の中でガッツポーズをとっていたと思うよ。(笑)
(彼の願いは笑いをとることだったはず)

おまちかね、我らが大泉洋さんは大変良い仕事っぷりでした!
と、いうか、あれはもうだ!だって完璧「水曜どうでしょう」のノリだったもの!
しかし前半しか活躍がなくて残念だったさ。もっと出番を!!(切実)
映画最後のスタッフロール中に後日談的に話があって、そこでも頑張ってた!
やっぱり「ゲゲゲの鬼太郎」はネズミ男がいないとね!(ここ重要)

あと、無駄に豪華キャストでした。
そして全員もれなく濃ゆいの!!
竹中直人さんなんか「蕎麦屋の店主」なんてチョイ役で、ちらっとしか出てきてないのに、良い仕事してました。
「ろくろ首」のYOUさんは、可愛かったし。
「輪入道」の西田敏行さんは、合間合間の小ネタが最高。
そしてやっぱり涙もろい。思わず「西田局長ーーー!」(by探偵ナイトスクープ)と叫びそうになりました。(笑)
「子なき爺」の問寛平さんが始終真面目でビックリしたり。
(いつギャクがあるのかと身構えていたのに!)
「砂かけ婆」の室井滋さんは、ノリノリの演技でこちらもサムズアップ!したくなりました。

そしてそして、真打ち登場。
今回の敵役・「空狐役」の橋本さとしさんは大変おいしゅう役でございました。
登場時のこのセリフで自分の心は持ってかれました。

「叔父さんの き し べ だ」

まさかの KI SHI BE キターーー!(爆)
髪型オールバックで、なんか怪しくて、思わず「お、親分!?」とか思ったことはナイショです。
(わかる人だけわかって下さい)

方言話してる「きしべ叔父様」は、それはそれはもう生き生きと輝いておりましたさ~。(笑)
(橋本さん、本領発揮)
健太くんが隠れてるロッカーとおぼしき場所に、一人追い詰めた感たっぷりに長ゼリフしゃべって、しかしそこには誰もいなかった・・・なお姿にアホすぎてキュン☆キュン☆したり。(笑)
そして、最後の列車での「天狐」にお仕置きされるシーン。
まさかのモノホンの子キツネ化!
・・・あの時、会場の心は確かに一つだった・・・。
「き・・・きゃわいいーーー(ハート乱舞)
と。
(実際に会場中で「かわいい」「かわいい」の声が)
じ・・・自分をときめき殺すしか、空狐ーーー!!!(鼻血ダラダラ)
こ、これが、世に言う”萌え”というものなのかーーーっ!?(開眼)

いや~、一粒も二粒もおいしい役で大満足。(爽)
あと、この妖怪だけ真面目に戦ってたような。(笑)
ショッカーの皆さんのノリで子分従えてたですよ。(掛け声忘れた)

なんだかんだで2時間楽しめました。
もう少し脇役の活躍があって欲しかったのが自分の望みです。
一緒に観てくれた友人が「ぬりかべが可愛かった」と言ってくれたことが救いです。(笑)

皆様も是非是非色んな楽しみ方で観てくださいな。
では~。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。