スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶賛「劇団☆新感線」祭りに「古田新太さん」祭り、勝手に開催中!

いきなり「劇団☆新感線」ファンになりました、新米ヒヨッコ観劇人間です、こんにちは。
以降、ゲキ×シネ観劇しての感想なんぞを書いてますが、かなりエキサイトして書いちゃってるため、内容見てドン引かれる可能性大となっております。
あと、「アカドクロ」・「アオドクロ」・「SHIROH」ネタバレもちょろちょろ書いてしまっているので、これから観る方は見ない方がいいですよ。
「痛い人間!アハハ!!」と笑い飛ばせる方は、どうぞ「続きを読む」を押して下され~。

無事、怒涛の「ゲキ×シネ」観劇週間が終了いたしました~。パチパチ。
いや~、やっぱ良かですね&すごかとですね、劇団☆新感線!
代表作といわれてる「髑髏城の七人」、あれ、めっちゃ完成度高いですよね!
おおいに笑い、おおいに泣き、おおいにスカッとさせていただきましたよ!

「アカドクロ」と「アオドクロ」、どちらも甲乙つけがたいですが、自分は「アカドクロ」をとらせていただきます!
市川染五郎さんは、正統派色気なんですね。
男女関係なく、うっとりしてしまう、日本美漂うとっても綺麗なお方なのです。
でも、古田新太さんのあの男臭ぷんぷんの「THE 漢(おとこ)」の、これぞある意味正統派な色気の方に軍配が上がったわけなのです!
あ~も~、古田さん格好良すぎですよ!なんですか、あのお方はっ!?
普通の時は、ホントただのおじさん(失礼!)なのに、舞台立つと、一気に雰囲気とか立ち居振る舞いとか変わるんですよ!
あれは反則ものだーーー!!!
古田さんだけでなく、橋本じゅんさんも佐藤正宏さんも山本亨さんも、みんながみんな、濃ゆい(もちろんイイ意味!)男の色気でガッチンガッチン殺陣してましたし。
水野美紀さんの凛とした、格好良い中に漂う、色気もお美しかった~。
(さっきから色気、色気とうるさい・・・)
「アオドクロ」は、全体的に綺麗な感じであっさり風味なんですが、「アカドクロ」は話はシンプルになった分、キャラがもうどんどこ濃ゆかったので、こちらの方が印象に残ったってことですかね。

「アカドクロ」の良いところは、そこだけではないのです。
いつもある歌とか踊りを減らしたことにより、よりシンプルになったお話になっていて、こっちの方がピシッと決まっていて、メリハリあってよかったでしたね。
途中で天魔王の正体が判るって演出もニクイですね。そうくるかぁっ!って。
(「アオドクロ」では、いきなり最初から仮面の下わかってしまっているので、あの衝撃がなくなっちゃって、しょぼん・・・)
関八州荒武者隊の最期の部分もしっかり描いてくれたので、今劇中、一番そこで涙ぼろっぼろっ流しましたよ!
わかってたんだ!わかってたんだよ!
あの磯平さんとのおにぎり話のところで、「も、もしや、これが世に言う『死亡フラグが立った』というやつなのかっ!?」と、感づいてはさぁっ!
しかも、トドメといわんばかりに、次の一撃。
関八州荒武者隊の骸にすがってた兵庫が極楽太夫から「みんな立派だった」って聞いて、「そうか・・、そうか!」ってすっごい感情込めて言ってさぁっ!
だーーー!今思い出して、涙目になってるんですがっ!?(アホの極み)

「アカドクロ」ばかりもあれなので、「アオドクロ」の話も。
鈴木杏さんが良かった!将来良い女優さんになるね!
仲間が死んだとみんなに言う時の場面で、思わずもらい泣きしてしまったぐらいに!
市川染五郎さんの舞が、めさんこ超美でした!
あぁ、あんな風に舞う姿、目が離せませんでしたね!
古典芸能の美って、本当に無駄な部分がなくて綺麗で素敵!
相変わらず、殺陣シーンもお美しく。あ~も~、かっけー!かっけー!!
そしてなんと言っても、舞台「朧の森に棲む鬼」を観てから、ファンになった、川原正嗣さんが悪役で大活躍でした!イエーイ!!
(「アカドクロ」の時は、出番がちょろっとしかなかったんだよね!)
もう、お声が超ド級ストライクゾーンなんです!
しかも、殺陣姿が洗練されてて、すごすぎるのです!

よくみたら、殺陣指導にアクション監督もやっている方だったので、思わず納得。
これからもばんばん活躍して下さい、川原さん!!!

「SHIROH」は、とにかく歌と声が良かった!
中川晃教さんの歌と上川隆也さんの声で、お腹いっぱいです!
杏子さんのハスキーボイスも素敵だったし、高橋由美子さんも良い役者さんに成長してたし!
大塚ちひろさんの澄み切った歌声も素敵ーーー!
忘れちゃいけない、江守徹さんの貫禄もすごかった!
舞台立つだけでそこの周りの雰囲気が緊張して、重いものになったもの!
でも、ぶっちゃけ歌は貫禄で乗り切った感じだったけど!!(笑)
しかし、残念ながら川原正嗣さんがどこにいるのか、わからなかった。
自分よ、まだまだ愛が足りんな。(笑)
そして、そして。なんといっても上川隆也さんの殺陣シーンが極めすぎであります!
華麗です!綺麗です!無駄がないです!
橋本じゅんさんとの対決シーンは、もうお腹いっぱいものでした!
「島原の乱」の結末は既に歴史で習っていたので、最初からもうすでに涙目で観てました。(はやっ)
正直、話は最後、「えぇーーーっ!?」って思ったけど。
ちょっと天草のシローくん!第一幕と言ってること違うよねぇっ!?
仮にも指導者の一人なんだから、いきなり暴走して歌って、信者巻き込むのだけは勘弁してくれよっ!?

って、思いました。
でも、最後の寿庵のセリフ、「これから作る新たなる世の中。天国となるか、地獄となるか。3万7千人が見ておりますよ」には、鳥肌&涙がぼろっぼろっ!
そして、なぜかカーテンコールで一気にきた!なんか知らないけど、きた!!
もう涙全然止まりませんでした。
島原の乱で亡くなったキリスト信者の方々、どうか安からかにお眠り下さいと祈らずにはいられなかった。
しかし、最後のスタッフロールにて、作詞担当者がデーモン小暮閣下だったのには、度肝も抜かれました。(笑)
「SHIRO」のCD、欲しいなぁ!もう『SHIROH~LIVE』CD 売り切れっぽいので、どこかで売ってないのかーーー!!!
プリーズ、重版!おねげーしますだーーー!!!

とにもかくにも、大満喫しました。
あまりのほくほく具合に、「ドクロBOX」を即行で注文しましたが、何か。
これからも劇団☆新感線を応援していきます!ではでは~。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

古田新太

古田新太古田 新太(ふるた あらた、1965年12月3日 - )は、兵庫県神戸市出身の日本の俳優。本名、古田 岳史(ふるた たけふみ)。身長173cm体重70kgのO型。芸名である“新太”は亡き実父の本名。妻は元タレントのLady oh!#西端やよい|西端弥生。兵庫県立

古田新太

古田新太古田 新太(ふるた あらた、本名古田 岳史(- たけふみ)1965年12月3日 - )は、日本の俳優、声優、ディスクジョッキー|DJ。兵庫県神戸市出身。キューブ (芸能プロダクション)|キューブ所属。愛称は「古ちん」。芸名である「新太」は亡き実父の

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。