スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃えました!「NITRO SUPER SONIC 2006」LIVE感想!

Soup Stock Tokyo の 「牡蠣のポタージュ」が美ー味ーいーぞーーーっ!!!
一口入れただけで、口の中に濃厚な甘い牡蠣の味がすごい勢いで広がります。
牡蠣好きは是非!

突然の絶叫からこんばんは。
せっかくの”食欲の秋”。「食の権化」を自称する自分ですから、とりあえず最近美味しかった物でもブログ冒頭部分で叫んでみようかと思います。
美味しいは正義ぃぃぃ!

さて、すっかり間があいてしまいましたが、「NITRO SUPER SONIC 2006」LIVEの感想をば。
全然歌知らない状態で行きましたが、めっちゃ楽しめました~。

以降は、ゲーム会社「Nitroplus」と最狂広報ジョイまっくすさんを知ってる方のみわかる内容になってます。

それと、書いてる人間ですが、ぶっちゃけPS2ゲーム「機神咆哮デモンベイン」しか知りません。
にわか「Nitroplus」ファンのため、内容薄くてスンマセン!

では、どうぞ~。
ではでは、にわかニトロファンによる「NITRO SUPER SONIC 2006」LIVEの感想、スタートですぞ。

会場はメルパルクホール(東京都港区芝公園)。
今回も慌てての出発となり、地図を持たずに来てしまいましたさ!(汗)
駅員さんに場所を聞いて会場を目指します。
と、順番待ってた方も同じ会場を聞いてました。
同士がいる!(笑)
会場までは、道のところどころに同士(笑)がいたため、すんなり到着しました。
会場30分前にも関わらず、すごい列!
お客さんに比率が女性・男性半々ぐらい?でした。(若干女性の方が多め?)
てっきり男性ばっかかと思ってましたが、そういえば「咎狗の血」があったね~、あはは~(汗)。
(ゴメンナサイ、ジブン、BLニガテ・・・)
それと、会場の周りにやたらと人が集まってたんですが、あれがなんだったのか、未だに気になります・・・。
(確か当日券売ってたはずなんだけど、ひやかし?)

ちょっと遅れて会場オープン。
席は2階1列目ド真ん中!
にわかニトロファンですし、会場全体をのんびり見たかったので、発売当日はあえて人気のない2階席を狙いましたが、とってもいい席!
約二ヶ月前、諦めずに粘った甲斐がありました!(嬉し泣)

ワクワクしながら待っていると、いよいよLIVE開始です!
公式サイトのレポートに詳しいセットリストが公開されてます)

<第一部内容>
・WEBラジオ「アフロプラスパラダイス」公開録音
・色塗り師:なまにくさんによる、生原画彩色
・緑川さんと山崎さんによる「デモンベイン」トーク&ミニオリジナル朗読劇
・出演できなかったデモンベインにゆかりある声優さんビデオレター
・波多野さんと笹沼さんによる、「Lamento」裏話&ミニオリジナル朗読劇
・「Lamento」OP映像公開
・ニトロプラス新作「月光のカルネヴァーレ」映像公開
・「実録!ジョイまっくす24時」ダイジェスト版の映像公開
・「実録!タダオ伝説スペシャル」のドッキリ映像公開
・歌投票の結果発表&一位「STILL」・十位「結晶」熱唱

<第一部感想>
自分的見所、第一位。
とにかく「実録!タダオ伝説スペシャル」にやられました!(笑)
最初「タダオって誰?」のハテナ顔でしたが、まさかジョイさんのお父様でいらしたとはっ!
最初の出だしからしてすごい。
突然軽やかにテニスをしているお父様の映像から始まります。
3分はお父様の華麗なるステップ&スウィングさばきを堪能後、お宅訪問です。
昔のジョイさんの写真やら話やらを語りだすお父様。
(途中、お母様の写真も写りました。綺麗な方でした~)
そして、最後は飼い犬を抱きかかえ(犬、めっちゃ嫌がってる)、着替えてきたお父様(首元、昔取ったメダルじゃらじゃらとある)は「再婚相手募集!」とメッセージをお送りになられました。
流石ジョイさんのお父様だ!と、思い知らされました。
あの映像中、何度呼吸出来ずに苦しんだことかっ!
(笑いすぎて、息する余裕が無かった)
どうやらこの映像、ジョイさんには秘密だったらしく、ジョイさんはひたすら唖然としてました。(笑)

第二位。「デモンベイン」ミニオリジナル朗読劇。
このLIVEのために書き下ろし&映像スクリプト組んでくれたニトロプラスのサービス精神に乾杯!
それに、内容もとっても面白かった。
だいたいこんな感じ。
いつもの如く、退屈~なマスターテリオン。(真の変態)
そして、いつもの如く、大絶好調のドクターウェスト。(大変態)
退屈を紛らわすため、マスターテリオンはドクターウェストにこう命令します。
「パン買ってこい」、と。
(もう緑川さんの言い方がね、最高!笑いのツボにハマって大変でした!)
で、「パシリー!?」と文句言いつつ買ってきたきたものは・・・、
むしパンはむしパンでも、虫パン。(笑)
「使えねーヤツ」と罵るマスターテリオン。
が、「カブトムシ、ウメー」「クワガタ、ウメー」食っちゃってますよ、この人ーーー!?(笑)
無事虫パン(笑)を食べて落ち着いてのか、今度は「大十字九郎が探偵ならば、予も探偵になる」とか言い出します。
テリオン:「まず、名探偵は予。そして、犯人も予
ウェスト:「自作自演ーーーっ!?
テリオン:「舞台は密室殺人がいい。で、被害者はデモンベイン
ウェスト:「どんだけデカイ密室空間ーーーっ!?
もう、流石マスターテリオン様!常人と考えることがまるっきしアクセル全開に違うね!
なんだかんだで、いきなりシリアスになるマスターテリオン。
どうやらドクターウェストが”ニセモノ”であることを見抜きます。
化けていたのは、ミスカトニック大学の教授(だっけかな?)の一人。
教授:「くっ・・・。何故わかった・・・っ?」
ウェスト:「知れたこと。ウェストはツッコミなどしないからだ」
ソコかよーーーっ!?
教授を闇に葬った後、また繰り返される輪の最初に戻り・・・。
いつもの如く、退屈~なマスターテリオン。(真の変態)
そして、いつもの如く、大絶好調のドクターウェスト。(大変態)
退屈を紛らわすため、マスターテリオンはドクターウェストにこう命令します。
「パン買ってこい」、と。
完。
・・・自分、ひたすらヒーヒー腹抱えてました・・・。
あぁ、もう!鋼屋ジンさんのシナリオは面白いなぁ!!

第三位。
恒例のジョイまっくすさんの衣装。
今回は、新作「月光のカルネヴァーレ」のヒロイン?の衣装でした。
(気になる方は、公式サイトでチェックですぞ)
毎回の身体を張ったお仕事、感服ものです!感動した!!(笑)

おまけ。
「Lamento」の声優さんトークの中、「大変だったところは?」という質問に、
波多野さん:「濡れ場・・・っていうんですか?あそこがちょっと・・・」
(注:「Lamento」はBLゲームです)
と、非常に言いずらそうにおっしゃってました。
そりゃぁね、自分自身があんな体験なんてそうそうありえないわけですし。
そうなると、想像するしかない。てか、想像しなきゃならない。
そして、頑張って想像で演じるというわけですよ。
・・・なんというか、うわぁ・・・。(笑)
あぁ、声優さんはホント尊敬する職業です。
心の中で思わず「が・・・がんばれ~?」と声援を投げてました(笑)


<第一部内容>
NITRO SUPER LIVE
(ニトロプラス作品のボーカル曲が終結したライブ)

<第一部感想>
細かい感想は書ききれないので省略。
とにかく滅茶苦茶凄かった!&良かった!!&楽しかったーーー!!!
8割方の曲、全然知らなかったですが、それでも楽しめた!
(これって凄くないですかっ!?)
やっぱり実力派な方々のモノは、例え知らない曲だろうとも楽しめるものなのか、そうなのかーーー!(感動中)
それと、1階の客席のノリが凄かった!激しすぎ!
2階でまったり観賞~にして良かった・・・。

トークも面白かったです。
1.「Shine」作成裏話
簡単に言うと、「男はつらいよ」の寅さんのおかげで完成した曲。(笑)
(Hassyさん、締め切り直前に寅さん観てインスピレーションがわいて、どぅわーっと一気に書き上げたらしい)
もうこれからは、「Shine」聴いたら寅さんとさくらさんの顔がチラついてしょうがないです。(笑)

2.小野さんトーク
歌だけでなく、トークも凄かった。(笑)
歌のレッスンの先生も兼ねている小野さん。
ある日、(ちょっと失礼な言い方になってしまいますが)秋葉系な彼氏と可愛らしい彼女がレッスンにやってきたそうな。
(この時、やたらと彼女の容姿を説明していたけれど、彼氏の方はあまり覚えてないと素直に告白する小野さん、素敵(笑))
で、腹式呼吸の確認でお腹を押さえるわけです。
流石に彼女さんのお腹を押すわけにはいかないので、そこは彼氏に確認してもらうことになったんですが、どうやらくすぐったかったらしく、
「や~も、くすぐったいよ~」
と、アニメ声だったらしいです。
その時、小野さんは・・・。
デモンベインの仕事に関わる前だったら・・・:
 小野さん「・・・あぁ~~~ん?(怒)」
今現在:
 小野さん「・・・萌えーーーーー!!!」
だったらしいです。(笑)
で、小野さんが叫んだすぐ後!会場からは、男性ファンによる、
「小野さん、萌゛え゛ーーーーー!!!」
「小野さん、萌゛え゛ーーーーー!!!」
「小野さん、萌゛え゛ーーーーー!!!」

の大コールが響き渡りました!
濁点がつくぐらいの大絶叫でしたね。(汗)
・・・そういえば、5月のデモンベインLIVEの時、小野さん、ネコミミ付けて現れて、その時もこんな感じだったなぁ、と軽くデジャヴでした・・・。

で、曲の方ですが、やっぱりいとうかなこさん大好きだーーーっ!!!
そして、とてつもなく元気だーーー!
第一部にも出て、第二部も誰よりも多く歌っているはずなのに、フィナーレでも「まだまだいけるー!」って感じでした。パ・ワ・フ・ル!
アルバムに収録されてない曲が多くて、これ全部聴くには、それぞれのゲームサントラ全部買わないとダメなんすかっ!?(汗)
初聴き曲では、塵骸魔京の「孤高之魂魄」とLamento -BEYOND THE VOID-の「Lamento」がすごく良かった。
「Lamento」は3rdアルバムに日本語バージョンが収録されてたけど、やっぱりラテン語バージョンの方が良かったんで、ゲームサントラ買わないと聴けないという罠。(泣)
・・・どうしよう、1曲のために2,500円~3,000円出すってのもな・・・。
(お財布と相談中)

いつ聴いても迫力あったのが、生沢さんの「Evil Shine」。
この曲、ほんとライブ向きで大好きな曲です!
ガンガン狂ったギター演奏が気持ち良くノリノリでテンション上がります!
(演奏する側は「大変だー!」と洩らしてましたが(笑))

小野さんのハイトーンボイスも素敵でしたね。
「残夢」で入る絶叫聴く限り、40近くだとは到底思えないバリバリの発声!
尊敬いたします。
初聴きの「MOON TEARS」も聴かせます!酔わせます!の怒濤のハイトーンボイス。
痺れました!

アストゥーリアスさんの「神の摂理に挑む者達―魔を断つ剣は未だ折れず」の生演奏も素敵でした。
弦楽器の伸びやかで厳粛な音に、鳥肌立ちまくりでした!
メジャーデビューも決まり(おめでとうございます!)、これからも頑張って良い演奏を期待しております!

アンコール含めて、全28曲。
3時間弱はやったはずなのに、あっという間に終わってしまいました!
もう大満足です!お腹いっぱい!!
名残惜しくも、開場を出ようとしましたところ、出口で斉藤Kさんとジョイさんがお見送りしてくれていました!
せっかくなので握手させていただき、「滅茶苦茶楽しかったです!」と緊張のあまりの大声で感想言ってしまいました・・・。

あー、来年もあったら絶対参加します!(また2階で)
ありがとう、ニトロプラスさん!&是非来年もやって下さいな~!
叫びに叫びながら、ではでは~。

追記:
今回のライブCDは出さないと言っていたので、残念です。
その代わりというか、是非ニトロプラス作品ボーカル集を出していただきたい!!!(切実)
いや、ほんと、マジで。
同士求む。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。