スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひぐらしのなく頃に解~祭囃し編~」プレイ記②

引き続き「ひぐらしのなく頃に解~祭囃し編~」をプレイ中です。

さて、以下からは「ひぐらしのなく頃に解~祭囃し編~」のネタバレありの2/3時点での感想となります。
未クリアの人は見ない方がいいです。絶対後悔しますから!

あと、あくまで自分の感想なので、怒らないで下さい。
それでは、続きはクリックでどうぞ。
やっとこさ、全てのかけらを回収できました。
この「かけら結び」、しいて言うなら「追求編」ってところですか?
もっと難しいものだと思っていたので、ちょっと拍子抜け。
今まで起きた『4つの祟り』についての真相と裏事情がこれでわかりました。
『4つの祟り』にここまでの偶然と思惑があったとは・・・。

プレイ記①にて、「自分の手で「ひぐらし」を理想の形にできる!」とか書いてましたが、違ってました。
かけら結びは、言うなれば、
 ・過去の因果関係の整理
 ・祭囃し編にて必要な、これまでの教訓となった「鬼隠し編~皆殺し編」のかけらの入手
でした。

『4つの祟り』は、どう足掻いても起きていなければならなかったことなのが、悲しかったです。
(意志の権化:たかのんが雛見沢に来た時点で、もうこれは回避しようがなかったということ?)

いくつか予想していたことが当たってて、ショックです。
 ・2年目の祟りは、L5発症した沙都子が犯人
 ・4年目の祟りは、同じく追い詰められてやってしまった悟史が犯人
こうなると、「北条家が祟りにあった」というのも、あながち間違った言い方ではなかったということですね。
(兄妹そろって雛見沢症候群L5までいったということで)

以下、かけら結びをしている間に思ったこと色々のごった煮感想です。
・まさか実際の歴史事件ひっぱり出して、それが雛見沢症候群で影響与えたっていう設定にお口ポカーン(戸惑った)
・「かけら結び」に入っても、たかのんの苦労が尽きないところが涙を誘う。
・あの孤高の天才:たかのんまでもが「クールになれ」発言言っちゃった!(笑)
・一二三先生と祖父・孫の関係をトミーにばらしちゃったよ、たかのん。(汗)
 口止めしようとすんなら、最初っからバラすような真似しなきゃえぇのに。油断たかのん!
・たかのんの問題のあの司令官服はいつの段階で用意したものなのか?
 もしや、自前!?(笑)
・トミーの純情っぷりに驚きを通り越して、爆笑。(ひでー)
 (そして、報われるのかなぁ。はてさて)
・イリー、何気に医師の動機がちゃんと合ったことにビックリ。
 「メイド、メイド」言ってるだけじゃない人と判断でき、良かった。(笑)
・沙都子のおとん、沙都子との関係を頑張ろうとしてたのね。
 でも思いは届かず。ホロリ。
・ダム賛成派な意見も家族のためだったから、もう悲しすぎる。
 (「育ち盛りの子供が2人~」ってくだり)
・2年目の祟り(実行後)を沙都子がどう受け止めているかが気になる。
・悟史の兄っぷりが「本当にこの人すごい!」と心底思えた。
 (なるほど、詩音が惚れるだけあるなぁ)
・その兄っぷりと心の悪い囁きとの間の葛藤に苦しむ姿は、見ていて辛かった。
・でも、最終的に”沙都子・愛”が勝り、逃げずにぬいぐるみを買って帰ろうとした悟史は、精神力のあまりの強さに泣きそうになっちまった。
 (あなたこそ、世界一の”にーにー”やっ!)
・つーか、詩音が全然出てこないことに「まさか忘れられてる!?」と不安になる。
・お魎さんがもう北条家を許してるところが安心した。
 でも意地っ張りなところは一生治せないか・・・。
・梨花ちゃんのお母さんがちゃんと「母」として梨花ちゃんを守ろうとしていたことが嬉しかった。
・梨花ちゃんのお母さんは、やっぱり”生きながらに解剖”ってことで合ってる?
 (切ないなぁ・・・)
・大石さんの犯人目星の勘違いっぷり&情熱の空回りっぷりにもどかしさMAX!
・やはりススキノ的ミス・最恐・ひぐらしはレナ・・・いや、レナ様に決定!
 (ガクガクブルブル)
・結局レナの過去にやった「学校での暴力事件」の原因があやふやで気になる。
 (男子生徒になんかされたから、ひぐらしモードONになった?)
・レナさん、あんだけ切り刻んで血ぃ流して、しかも血管の中見ようとするなんて・・・。ヒィーーー!
 (生きてて良かったよ・・・)
・風呂場での例のオヤシロ様降臨?時のレナの「ごめんなさい、ごめんなさい」が何故かやたらと怖かった。
 (どうしてだか知らないが。他の人は同調してくれるだろうか?)
・悟史がバット拝借するときのイリーのミスに「イリーのバカ!どうして気づかなかったんだ!?沙都子が”内に狂気を抱える”タイプってわかってたんだから、その兄である悟史だってその可能性大じゃんよー!」と思わず叫ぶ。
・圭一のおとんがいつ警察に突き出されるか、ヒヤヒヤしました。(笑)
 (梨花ちゃん、逃~げ~て~!(笑))
・「歪なかけら」で見た、赤坂さんの超人っぷりにお口アングリ。
 しかも、テーマBGMまでひっさげて登場してなかった!?
 (思わず高まる、今作品の”赤坂さん期待度”!(笑))
・赤坂さん大暴れ時の効果音は、正直いらないと思った。
・「歪なかけら」での赤坂さんは、雪絵さん・梨花ちゃん救えずの世界だったので、見ていて可哀相すぎた。
 (でもこの世界があったからこそ、奇跡の1つができたので複雑)

ここで、謝罪の言葉を一つ。
ごめんなさい。「暇潰し編」のかけらを見るまで本当に赤坂さんの存在忘れてた!(汗)
いや、だってね、「皆殺し編」でのあの扱いがさ、温泉饅頭だったからさぁ。
もう期待したら負けだ、と思ってたからさぁ。(笑)
「貴様、何しに来たー!?」と絶叫した記憶は、今でも忘れてませんから。
(あんだけ期待させておいて、あれはひどかった)
(上げて上げて、容赦なく超ド級の落下!みたいな)
でも、赤坂さんも手を伸ばしたということで、さらに奇跡がまた1つ。
今度こそは大活躍を期待してもいいんですよね?よね?(恐る恐る)

これで、全てのかけらが揃い、いよいよ最期の世界。
ここからいよいよ、みんなが望む未来を切り開くための祭囃し編。
しかし、あの「ひぐらし」なので、楽天的に考えてたは駄目だ!
何かあった時にダメージでかくて苦しむのは、自分なのだ!
なので、慎重に、慎重に。
過剰の期待をあえて禁止し、じっくりドキドキハラハラしながら見ていこうと思います。(卑屈なヤツだ)

さぁ、後は皆でこの祭りを大いに踊り舞い、騒ぎ、立ち回ろうではないかっ!
ではでは~。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。