スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧島兄祭り!ドラマ「医龍」第9話感想。

7人の女弁護士、もう終わってしまいましたね。
釈さんの「お逝きなさい」ポーズがもう見れなくなると思うと、残念でなりません・・・。
(だから、ソレ違う番組!)
話自体は面白かったですが、果たして「逃げられませんよ」ポーズを入れた意味があったのか、最後まで謎だったドラマです。

そんなアンニョイな気分の中、その次のドラマ「医龍」も今週もかかさずチェック!
今回も自分的感想をレッツラゴー。

まず、今回全体の感想を一言で言い表すならば、もうこれしかないです。
「霧島兄祭り」
としかいいようがない回でした。
脳内で「ワッショイ、ワッショイ」言いながら、霧島兄を絶賛胴上げ中であります。はい。

しょっぱなの霧島兄登場から、もう自分の心はガッチリ霧島兄に持っていかれました。
(違った意味で)
「さぁ、今度は何をやらかすのかしら?」と思いながら、一方その頃、チームドラゴンは・・・、と場面が変わり。
患者さんと一緒にチームドラゴンメンバーの写真撮影は、ホームドラマと見間違うぐらいのあったかさでしたね。
なんだ、あのほのぼのムードは。一瞬番組間違えたのかと思いました。
しかも、荒瀬先生も一緒に写真撮ってる!
あぁ、荒瀬先生ってば、(性格が)丸くなってる~。
と、思っていたら、手術シーン以降からはバリバリ絶好調の荒瀬先生が拝めました。
研修医くん、ボロクソに扱き下ろされてました。
「真ん中分け」発言はヒドイですよ、荒瀬先生!(笑)
自分が甘かったです。むしろ、磨きがかかっていました。
ナイス、荒瀬先生クオリティ!!
朝田先生と荒瀬先生のやり取りが大好ぶ・・・、コホン、大好きです。
プロ同士にしかわからないって感じの雰囲気が素敵すぎであります。

荒瀬先生:「下手な外科医が余計な出血させて、輸血する羽目にならなければの話だけどね」
朝田先生:「俺を誰だと思ってる?」(確かこんな会話?)
カッコイイよ、二人とも!

何気に実は優秀かも?な研修医くんの成長っぷりと、「これが私の作ったチーム」と、チームドラゴンを母親的な目で見ていた加藤先生も印象的でした。

が、○士通の地底じ・・・、コホン、野口医局長は、チームドラゴン解散させる気満々。
ちょっ、待っ・・・!
せっかく荒瀬先生がチームに入った矢先に解散なんて!
ヒドイよ、腹黒タヌキの野口医局長!(泣)

「もう教授になる・ならないに関係なく、せめてチームドラゴンだけは何としても残したい」と加藤先生奮起。
メンバー集めてお疲れ会を開くも、やはりここで漢(おとこ)・朝田先生が期待通りの一言。

朝田先生:「俺はこのメンバーでしかやらない」(だっけか?)

その一言で、メンバー一人一人が朝田先生の手に合わせていき、「私についてきたら、(将来が)危なくなるのに」(だっけ?)と言いながら、でも嬉しさに涙する加藤先生。
いやはや、えぇシーンでした。
どこの青春ドラマかと、またしても一瞬番組間違えたかと思いました。

で、そんな爽やかシーンを覆すべく、またまた霧島兄登場!
何やら研修医くんを引き抜こうとしている模様。
研修医くん、ムッとしながら「失礼します」と退出。
ナイス、ヒール役!霧島兄!!

・・・が、またしても甘かった。
この程度のことで悪役!悪役!喜んでいる場合ではなかったのですよ・・・。

藤吉先生の「世界一の内科医(by荒瀬先生)」っぷりが伺える、子供とのやり取りを微笑ましく見ていると。
チームドラゴン解散有耶無耶の中、第三回目のバチスタ手術の患者が運ばれてきました。
その患者のカルテを見て、朝田先生・加藤先生が驚愕。
えっ、何、何がどうしたのっ!?
苦渋に満ちた感じでメンバーに今回の患者について説明。
今回の患者、体内器官が普通の人とまったく逆位置にあるといった、大変珍しく、手術が極めて難しいケースにあたるとのこと。
しかも、患者はなんと赤ちゃん!小さすぎて、さらに難易度アップ!
呆然とするメンバー達(自分も呆然でしたさ)に、さらに追い討ちをかける衝撃な事実が。

その患者、元は霧島兄がいたとこの病院から来ただってーーー!?

怒り心頭のミキさんは、さっそく霧島兄に詰め寄ります。
霧島兄曰く、
「朝田が一番苦しむことは、自分の目の前の患者を救えないことだ」
と、ニヤリと微笑む。
さらに、
「手術をやると言ってきても、どんな手段を使ってでも止めるがね」
(手術失敗させるわけにはいかないから。今後の病院の信頼とか関わってきそうなので、の意味だと思われ)
と、さらに強気発言。

・・・いやはや、もう、なんつーの?
今まで生きてきた中で、こんな回りくどくて面倒で大掛かりな嫌がらせを自分は見たことがない!
スケールでかいんだか小さいんだか、どう判断すればいいの、コレ!?
荒瀬先生や藤吉先生の印象シーンが、遠いお空の向こうに見事飛びました。
もうこのシーンの強烈っぷりには頭が上がりません!


あ~、でも、何話目か忘れましたが、伏線ちゃんとありましたね。
霧島兄のいた病院で「お願いします」と頭を下げてた両親の姿。
夜に霧島兄が見ていた赤ちゃんがこの子ってことなのか?

とりあえず、自分から言えるのはこれだけだ。
ミキさんとお話できて良かったね、霧島兄。(爽やかに笑)
会話後に「ミキと話せた」と嬉々として微笑んみを浮かべ、内心喜んでいようものなら、自分は霧島兄に完全敗北です。
それと同時に、自分の脳みそのヤバさっぷりが伺えます。

7話のせいで、『妹LOVE』としかもう自分には見えないよ、霧島兄・・・。(涙)

さらに衝撃は続きます。
夜に霧島兄の下に来た、チームドラゴンの誰か。
「これからチームドラゴンの情報流しを頼む」と、微笑む霧島兄。
一体誰だよ?と、思っていたら、
(↓以下、ネタバレ。反転で見れます↓)
「研修医くん」、キタよ、コレーーー!!!
めきめきと成長してきて最近目立ってきたと思ったら、こんなところで大注目を浴びることになるとはっ!
8話で毒吐けることも確認済みだから、これからは黒い部分を大全開なのか!?
とうとう悪の道に入っちゃうのか、研修医くん!
それとも、逆スパイなのか、研修医くん!!
どっち?どっち?どっちなのーーーっ!?
確実に言えること。それは、
「立ち位置次第で、彼の株が大暴落か大暴騰かの二つに一つ!」
まさに大博打だね☆頑張れよ!
これからの彼の活躍から目が話せません。

(↑以上、ネタバレ。反転で見れます↑)

そして、最後に朝田先生が「手術断念します」って言って、今回は終了。
一気にヒートアップなドラマ「医龍」。
次回がとっても気になります!
霧島兄の微笑みマスターは無理!とやっと理解できたところで、さようなら~。

備考:
ドラマ「医龍」の各話の視聴率の情報をGET!
際立った2つを比較。
<今現在の最高視聴率>
第8話:16.6%
荒瀬先生、大活躍だったからね!

<今現在の最低視聴率>
第7話:12.7%
これ見た瞬間に爆笑しましたから、自分。
もうみんなちゃんとわかってるね!
ナイス、霧島兄クオリティーーー!!


さてさて、第9話は何%になることやら。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。