スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お~、面!お~、面!カムバックだよ、ダミアンくん!!

「志村けんのバカ殿様」でやってたギャグから、こんにちはです。
本日200日は、映画「オーメンの公開日でありますYO!!!
わざわざ合わせるなよ!とかのツッコミをしたいですが、怖くてできません・・・。
(ガクガクブルブル・・・)

”666”という『獣の数字』の痣?を持って生まれたダミアンくん(悪魔っ子)が、周囲を恐怖のドン底につき落としていくホラー映画・・・だったと思う。多分・・・。
(当時、怖くて断片的にしか観てなかったので、記憶が曖昧)
断片記憶その1:
お父さんだか神父さんだかが、鉄球に衝突。その状態で、鉄球が教会に突っ込む。
教会とかもブッ壊れる。

ちなみに、”666”の数字ですが、「ヨハネの黙示録」にそういった記述があり、意味は「獣、アンチキリスト」みたいな感じに解釈されているとのこと。
「アンチキリスト=神様の反対=悪魔」ってことッスか?だからダミアンくんは、悪魔っ子?
新説で、本当は”616”!という意見もあるらしく、どっちが正しいのかは不明です。はい。
奥が深いぞ、聖書!

ホラー映画苦手なため、結局最後まで観たことないんですよね、「オーメン」。
で、結局ダミアンくんはどうなるの?
てか、ダミアンくんが本当に悪いの?
誰か教えて、プリーズ!!!(怖くて自分では確認できぬ!)

そもそも、ホラー苦手になった原因は小学校時代の先生にあると思うのですよ。
その先生、13日の金曜日になると、必ず帰りのホームルームで「怖い話」をするんですよ。
で、最後に、
「こういう話をすると、幽霊とかが近寄ってくるんだよね~」
と、最後の最後までビビらせるわけです。
・・・そんな帰り道は、友達とキャーキャー言いながら帰ったっけなぁ・・・。(遠い目)
まぁ、霊感0なんで、そういう現象とかわからないから助かってますが。
(母と兄は、バリバリ霊感あり)

とにもかくにも、全世界同時公開な映画「オーメン」を観たい人は観てくんろ!
そして、恐怖の真っ只中でダニアンくんに会ってくるといいさ!
自分は観ない(観れない)がね!(怖いよ、怖いよ~・・・)
ではでは、「お~、面!お~、面!」と素振りをしながら、さようなら~。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。