スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小朝・茂山・昇太の京極噺」観賞。

本日、「小朝・茂山・昇太の京極噺」に行ってきました~。
自分の好きな作家さんである、京極夏彦さんが脚本担当しました、落語・狂言であります。
えっ?「京極噺六儀集」持ってないのかって?
もちろん発売と同時に即GETしましたさ!
(台本ってやっぱり面白いです!)

普通に狂言や能などの日本芸能も好きなので、自分にとっては一粒で二度おいしい企画であります!

既に昨年行われた「小朝・茂山・山陽の京極噺」を観ていたため、本来なら、行く予定ではなかったのですが・・・。
落語内容が前回と異なっていたことにより、急遽購入し、会場にかけつけました。
(チケットは高かったですが、致し方ないです・・・。また昼飯代、削るか・・・)
京極さん効果のためか、何気に若い世代の人達とかも大勢観に来てました。

【出演者・演目】
 [落語] 春風亭昇太 新釈「妖怪噺」
 [落語] 春風亭小朝 京極夏彦改作落語「豆腐小僧」
 [狂言] 茂山千五郎家 京極夏彦新作狂言「新・死に神」

見ての通り、出演者も豪華でした。
あと、番組「笑点」を見ている方にお知らせです。
円楽師匠の勇退により、司会者が正式に歌丸さんに変わります。
その際、新メンバーとして、春風亭昇太さんが出るとのこと。
テレビから見ると「白」に見えるかもしれないが、衣装の色は「銀色」なんだそうな。

京極さんというと、「おどろおどろしい作品」というイメージがあると思いますが。
(妖怪を扱った小説が多いためと思われる)
今回のこの脚本、全部が全部面白仕立てになっているため、始終笑えました。
・・・まぁ、どすこい」書くくらいの人ですからね。
面白くない筈がない、と。(笑)

(関係ないですが、自分が一番好きな作品は「土俵(リング)・でぶせん」です)

全体的に面白かったです。
落語も聞いてて笑えましたし、狂言もわかりやすく、こちらも笑えました。
(「合コン」とか「歯周病」とか出てくるのです(笑))
しかし、残念だったのが、春風亭昇太さんの落語。
落語前の世間話が長かったような・・・。
あと、落語後半が「どすこい」に収録されている、「四十七人の力士」(かなり省略バーション)を読んでるだけといった印象しか受けなかったです。
高いチケット払ったので、もうちょっと落語らしくして欲しかったなぁと思ってしまいました。トホホ・・・。

それにしても、春風亭小朝さんの落語を聞いてビックリしました。
それは、妖怪・豆腐小僧が途中、ヒロシネタを始めたからです!

「豆腐小僧です・・・。
脅かそうとしたとですが、酔っ払いオヤジに絡まれ、挙句の果てに豆腐をツマミにされそうになったとです・・・」
(すいません、内容うろ覚え)

ここまでフリーダムなのか、最近の落語って!?(笑)

あ~、面白かった。
またこういうイベントに参加したいなぁと思いました。
ではでは~。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。