スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”住職”という職業

本日、お寺のタケノコ掘りだったのですが、雨で中止となり、ちょいガッカリ中のススキノです。こんばんは。
檀家婦人会の方達が作ってくれた、タケノコの煮物を貰って帰りました。
みりんが効いてて、美味でありました。南無~。
まぁ、来年楽しみに待ってます。

本来ならば、そのタケノコ掘りのネタでも書こうと思っていたのですが・・・。
しょうがないので、ちょっと下世話な話でも。

いや~、”お坊さん”という職業、儲かりますね。(突然だな)
毎年の大晦日、祖母に付き合ってお寺に法会&鐘突きに行っているのですが。
昨年、時間より早めに着いてしまったため、外で待っていると、住職さんが「寒いから」と一足先に中へ入れてくれました。
その際、他のお坊さんもいらっしゃって、なんの因果か、始まるまで一緒に「紅白歌合戦」観てました。(笑)
話していた内容も「救急車呼ぶと金がかかる」だの「保険金について」だの、金にまみれたものだったりしました。(笑)

で、ちょっとだけ住職さんと面識があった自分達家族。
テレビ観ている最中、「こっちこっち」と手招きをする住職さん。
「なんだろな?」と、祖母と共についていくと・・・。
なんと、住職のコレクションなるものを見せていただきました。
1つ数百万の翡翠の像やら水晶の器やら!
え~、中国に旅行に行った際、あちらの博物館などから買ってきたそうな。
祖母と2人、呆然としましたね。いや、たまげたYO!
そして、「これ○○個持ってけば、マンション買えるな」と即計算していた自分は、108の煩悩落とす気なしだと思いました。
地獄行き決定だな!(笑)


これ以外にも、「袈裟に入れていた14万円盗まれた」とかの話も聞きました。
・・・普通にそんな大金、入れるなやっ!と、ツッコミ入れたかったです、はい。

「いつの時代も葬儀屋とお坊さんは食いっぱぐれることはないなぁ」と、年の終わりに思ったことでした。
・・・でも、まぁ、そう考えてる自分が一番下世話な人間ってことで・・・。
ではでは~。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。