スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”火縄銃演武”を観るのこと。

本日、地元の祭りに繰り出してきました~。
(まぁ、今までこの時期は仕事で休日出勤していたので、毎回毎回行事は見送っていたのですがね・・・(鬱))

本来は、出不精気味な自分。
そんな自分が今回珍しく外出した理由。
そう、それは、「火縄銃演武」を見学するため!
毎年やっているようなのですが、いつもいつも仕事の都合で観にいけず仕舞いだったので、「今年こそは!」とはりきって行ってきました。

が、勢いあまって30分前に会場に到着。(アホ)
まだ誰も集まっていないのに、何はりきっちゃってるのさ、自分っ!?(笑)
しょうがないので、その辺ブラブラしながら、舞い散る桜なんかの写真を撮ってました。
そうこうしているうちに、人も集まり出し、いよいよ演武開始です。
ベストポジションGET!はいいのですが・・・。
見渡すと、何やら本格的装備なカメラマン(一眼レフとか三脚とか)なオジサマばかりが自分の周りにっ!
ご、ごめんなさい!素人混じってて、ゴメンナサイ!!(ビクビク)

で、こんな写真が撮れました。
(演武者の顔はちゃんとぼやかしてあります)
火縄銃1

火縄銃2

出来れば衣装も当時のものを着て欲しかったYO!(泣)
(お祭り用に派手な衣装となっておりました・・・)

「炮術研究会」の方達による演武でして、色々な撃ち方をしてくださいました。
  ・立ち撃ち
  ・ひざ撃ち
  ・座撃ち(だっけかな?)(座って撃つ方法)
  ・一斉撃ち
  ・つるべ撃ち(順番に撃っていく方法)
「今回は見学の方にわかりやすく説明するため、特に流派は気にせずやります」とのこと。
あれまぁ、銃にも流派ってあるんですね!
驚きました&勉強になりました!!
それと、一人一人が持ってる銃は、「My火縄銃」なんですってよ、奥様!
(お手入れとか大変そうだなぁ。でもMy持ち物ってなんか良いわ~)

さて、火縄銃。
あれ、ホント扱うのって大変なのですね。
  弾込める → 撃つ → 弾込める → 撃つ → 弾・・・
と、連続撃ち不可能であります。
しかも、弾込める作業も結構時間かかりますし。
銃口から弾入れて、棒で突っ込むんですよ。
今の銃と比べてみると、なんだかえらい違いよう・・・。
しかししかし、戦国時代はこれが最先端技術だったわけで。
人間の追求心の凄まじさを実感しました。
それと、火縄銃の画期的な使用方法を考えた織田信長の発想力の高さを改めて実感しました。
新しい技術をちゃんと使いこなしてる辺り、自分も見習わないとなぁ。
・・・パソコン、ちゃんと使いこなしたい・・・。(泣)

が、武器は怖い物なんです。それはわかってます。
しかし、洗練された物を見ると、ある種の”芸術としての価値”を見出してしまう自分もいるわけで、なんとも複雑です。
・・・う~む・・・。
うん、武器は使わずに見てるだけでいいよ!
”武器”は使ってこそ、武器となりうる。
なので、使わなければ無問題?(変な理屈)

まぁ、そうした時点でそれは”武器”ではなく”装飾品”に変わるわけで。
そうなると、本来の”武器としての存在価値”が無くなってしまんですが、それもどうよ?となるわけで・・・。
あぁ、わけわからなくなってきた!もういいYO!!(モロ投げ)

とにもかくにも、30分間、迫力ある火縄銃演武が観れて良かったです。
ちゃんと動画でも撮ったので、今度武器屋さんに遊びに行く時にでも「話のネタ」に持っていこうと思います。
それでは、では~。

その後:
帰ろうと思った矢先、近くのステージで行われていた「落語」を観てしまい。
その後も色々と出し物があるとの情報をキャッチしたため、休日出勤中の友人を強制連行誘い出し、夜まで「大喜利」やら「手品」やら観るのを付き合ってもらいました♪
・・・相変わらず”鬼”なことをするなぁ、自分・・・。
(ごめんよ、O殿!そして、ありがとぅっ!)
だって、娯楽に飢えてたんだもの!
しかも、『タダ・無料』だったし!!
(ここ、かなり重要ポイント!4月は節約月間なんだったばさ!!)
何気に満喫した、今年の地元祭りでした~。
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。