スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS2「Yo-Jin-Bo」本日発売!だけれど・・・

いよいよ本日!待ちに待ったPS2「Yo-Jin-Bo」が発売ですぞー!!
いつものメンバーだけでなく、ドジッコSっ気忍者とミラクル衣装ワカメ様が攻略キャラに追加されたという、なんとも無茶 無謀 それ、なんてジョーク?ドッキリサプライズがあるという、素敵仕様。
Yo-Jin-Bo初めてな方も、PC版やった方も是非、あの♪素晴~らしい♪オモロゲー~を~♪も~う~い~ち~ど~♪
(あの素晴らしい愛をもう一度♪のメロディーでどうぞ)
どの版権ギャクが削られたか、探るのが楽しみです♪
削られたのは、ネズミーな彼かしら?声高い黒耳マウスな彼かしら?(笑)

(一人間違った楽しみ方をしようとしているヤツがここにいる)

・・・な~んて書いてますが、実際に自分がやれそうなのは、年明けっぽいです。
仕事と私生活が今年度までドタバタしそうなので・・・。ぐすん。
それまで腹筋鍛えてあの笑いに備えていようと思います。
全国の子分様方の感想を見ながら気を紛らわそうと思います。では。
スポンサーサイト

燃えました!「NITRO SUPER SONIC 2006」LIVE感想!

Soup Stock Tokyo の 「牡蠣のポタージュ」が美ー味ーいーぞーーーっ!!!
一口入れただけで、口の中に濃厚な甘い牡蠣の味がすごい勢いで広がります。
牡蠣好きは是非!

突然の絶叫からこんばんは。
せっかくの”食欲の秋”。「食の権化」を自称する自分ですから、とりあえず最近美味しかった物でもブログ冒頭部分で叫んでみようかと思います。
美味しいは正義ぃぃぃ!

さて、すっかり間があいてしまいましたが、「NITRO SUPER SONIC 2006」LIVEの感想をば。
全然歌知らない状態で行きましたが、めっちゃ楽しめました~。

以降は、ゲーム会社「Nitroplus」と最狂広報ジョイまっくすさんを知ってる方のみわかる内容になってます。

それと、書いてる人間ですが、ぶっちゃけPS2ゲーム「機神咆哮デモンベイン」しか知りません。
にわか「Nitroplus」ファンのため、内容薄くてスンマセン!

では、どうぞ~。
続きを読む »

確かにあった”戦争”。舞台「THE WINDS OF GOD~零のかなたへ~」観劇。

戦争を知らずに~♪僕ら~は~生まれた~♪(by戦争を知らない子どもたち )
まったくもって、おっしゃる通り。返す言葉もありません。

と、いうわけで、戦争関連のことを考えると1週間は鬱確実!
(修学旅行で行った長崎原爆資料館がもはやトラウマ!)
そんな自分のくせに観てきましたよ、舞台「THE WINDS OF GOD~零のかなたへ~」
ナイス、地元!やればできるコじゃんっ!!パート2(笑)

この舞台、主演・原作・脚本・演出すべてを役者である今井雅之さんが行っているモノでして、かなり昔から何回も公演されている有名な舞台なのです。
昨年ドラマにもなって、前々から気になってた舞台。
が、一度は封印された舞台。
もう観れないのかな~?と思っていたら、あのアメリカ9・11テロを機に、再度今井雅之さんが立ち上がり、再演決定しました。
(これは、喜ぶべきか悲しむべきか、複雑だ・・・)
友人も「うちも観たいと思ってたんよ~」と、いうわけで、行ってきました。

<舞台版あらすじ>
現代の漫才師2人が交通事故のショックでタイムスリップ!?
目覚めると、そこには太平洋戦争末期の特攻隊基地。
神風特攻隊員となった彼らの運命は・・・っ!?

以降、ネタバレ全開の感想です。
もう見たよ~&ネタバレでもOK!な方は、「続きをクリック」でどうぞ。

とりあえず一言。
今井さん、サイコー!素晴らしい役者さんやっ!!
続きを読む »

ナスカ人の見方が変わった!?「世界遺産・ナスカ展」

舞台「THE WINDS OF GOD~零のかなたへ~」を観る前に、待ち合わせ前に一人地元で開催されている、「世界遺産・ナスカ展~地上絵の創造者たち~」に行ってきました~。
ナイス、地元!やればできるコじゃんっ!!(笑)
時~たま、まともな展示が開催される時もあるので、もっとこれからもジャンジャンやっていただきたいものです。

さて、皆さんは”ナスカ”ときいて、どんなものを思い浮かべますか?
大部分の人がそうであるように、自分も”地上絵で有名”が真っ先に思い浮かびました。
「こんな壮大なモノを遺す文化なんだから、ナスカ人はきっと芸術面で華やかな人たちだったのかな~」
などと、観る前まではそんな呑気なことを思っていました。
が、観てる最中、唖然としましたね。
メチャクチャ好戦的一族だったようです。
(恐怖の汗)

詳しくは、のちほど。

平日だというにも関わらず、けっこう人がいてビックリしました。
さすが地元。イベントに飢えすぎ。
何かあると「みんな騒いでるから取りあえず行ってみようか」という、新しモノ(珍しモノ)好き県民め。
この分ですと、休日に行っていたらどうなったことか・・・。

さて、最初の方は「ナスカの暮らしと文化」のゾーンでした。
なんだかうすらとぼけた絵(失礼!)が描かれた壷が多く展示されておりました。
その中で驚いたことは、1500~2000年ぐらい前のモノ(おおざっぱな年数です、間違ってたらゴメンナサイ)であるにも関わらず、色彩がまったく色褪せていない点です。
1ヶ月前に作ったモノと言い張ってもいいほどの綺麗な色のまま残っておりました。
その点は、ただただ感心の一言。
それにしても、こんな変な形のばっかの壷をどうやって使っていたのかがとても気になります。
(それとも、”愛でるもの”として作ったのか?)
他にも織物も展示されており、鮮やかな色彩と細かい刺繍(縁部分に鳥やら人やら花などの縁飾りあり)などがされていて、手も器用だったことがうかがえます。

ナスカの不思議な図式と色彩にワクワクドキドキした後、次のゾーンへ。
お次は「ナスカ人~人類学者の挑戦~」。
「今度は何かな~?」と、ゾーンに入って自分を目に飛び込んできたのは、
木乃伊!MI・I・RAーーー!?
子供のミイラがどでーんと真ん中に展示されてました・・・。
おったまげながらも、せっかく料金払ったんだしちゃんと観るべし!と思い、おっかなビックリでまじまじと観ました。
エジプトのミイラとはちょっと違い、正座みたいな格好でファルドと呼ばれる大きな布の包みに包まれているそうです。
今回、この展示のために研究者が包みを開き、DNA鑑定などを行って、このミイラの子がどこの何時代に生きたかを検証したそうな。
(展示の横では、その子供ミイラの包み解放作業に映像が流れておりました)
保存状態が大変よく、なんと瞳もちゃんと残っており、黒目まで確認することができました!
しかし、こうこのミイラを観てみると、なんだか巨大な鰹ぶ・・・ゲフンゲフン!いえ、なんでもありません・・・。

ミイラに慄きながらも、また壷作品が展示されておりました。
どれどれ・・・と作品に近づき、まじまじと見ていた自分の顔がひきつるのは、その後15秒後。
さて、皆さん。”トロフィー”と聞いて、何を思い浮かべますか?
メダルやら杯やらのスポーツの入賞記念品だと思います。
が、ナスカでは違いました。
”トロフィー”と呼んで、”首級”と書きます。KU・BI!!
そう、壷の絵には、戦士風な男性が槍と首級を持っている絵が描かれていました。
しかも、ちゃんと首級の付け根んところから血が滴ってる部分まで描き込んであるのですよ!
他にも、「武器を持つ戦士の側面絵(服には赤々とした点が・・・)壷」。「戦士と捕虜の絵(今から処刑されるためか、戦士は棍棒と鞭、捕虜は素っ裸な二人が無表情で並んでる)壷」。
「人間を貪り食うネコ科動物絵(もう頭からバリバリと)の太鼓」。
「人間の死体を食べるコンドル絵(死体には「それが当然」というように、首がない・・・)の壷」などなど。
今まで「変なの~」と、微笑ましく観ていた絵たちが、一気にシュールであな恐ろしいモノに様変わりしました・・・。
そして、実際の首級までもが展示されていて!
・・・なんか、眉間のド真ん中に穴が開いてるんですが・・・。
・・・なんか、そこから紐通してるっぽいんですが・・・。
・・・なんか、口とかトゲっぽいもので塞がれてるんですが・・・。

ふぅ・・・と、その場に倒れこみたかったですね。

あぁ、ナスカ人怖い!怖すぎる!!
今までのイメージしてたものが180度変わっちまっただ!!!

まぁ、日本には耳塚やら鼻塚とかあるわけだし、日本人だってゴニョゴニョ・・・ですが・・・。
(知らない方は、そのままのキミでいて!)
どんな理由で戦争していたのかは、未だに研究者の間で議論中とのこと。
(宗教の関係だったり、領土拡大、復讐、防衛のためなどなど)

この他にも、頭変形させるのがブームだったらしく、中国の仙人のように縦長変形した骸骨やら。
開頭術と呼ばれる原始的な頭部外科手術も行っていたらしく、脳天に穴の開いた骸骨とかも展示されていて・・・。
イタイイタイイタイイタイッ!!!(頭を押さえながら)
やっぱり怖いよ、ナスカ人!しかも、生存確率60%ぐらいとかパネルに書いてあったし!

(展示されてた骸骨は、手術後長く生きていなかったみたいな補足まで書かれてたしっ!(泣))
これぞまさしくカルチャーショック!

げんなりした後、いよいよ「地上絵」ゾーンへ。
未だに謎多きこの地上絵。好戦的ナスカ人に怯えるばかりですが、こればっかりは感心せざるを得ません。
あぁ、一生に一度は行ってみたいです。
写真に見惚れていると、なんと今回、地上絵旅行体験ができる、バーチャルシアターなるものがあり。
すぐに突撃をかけ、バーチャル体験してきました~。
(と、いってもあくまで映像なので、あまり期待しない方がいいですよ)
道路を走り、お次は空中からのアングルへ。
思い込めば、お空を飛んでる感覚が味わえます。
こんななってるんだ~と観たあと、出口付近に設置されていた、自分でヘリを動かして地上絵を見るゲームソフト?みたいなものをあって、堪能してきました。
(操作機がファミコンのコントロールに似てた(笑))

なんだかんだとショックな出来事もありましたが、楽しめましたよ、ナスカ展。
しかし、まだまだ世界には自分の知らないことがたくっさんあることを痛感させていただきましたし、もっと勉強したいなぁと思いました。
(一人の人間が知れることなんて、たかだかしれてますが)
一度は生で地上絵みたいです。はぅ。
ではでは~。

秋の「一人勝手に芸術祭り」開催!

絶賛放置中のこのブログ。皆様、いかがお過ごしでしょうか?
ぶっちゃけ家のPC立ち上げることすらしたくないぐらい、業務に打ちのめされてます、はい・・・。
(PC使うのは、業務だけで勘弁っ!って感じの精神状態)

さて、こんな潤いのない生活をおくる羽目になっている自分ですが、「芸術の秋」にかこつけて、10~11月を中心に「勝手に一人芸術鑑賞しちゃうよ☆イヤッホーイ♪祭り」を開催しちゃいますよ!
別名「恒例の現実大逃避大会」ともいう・・・)

あ~、ホント、現実逃避するのって久しぶりだ。
約1年ぶりの現実逃避を考えるようになって、やっと元の過酷な開発部門に戻ってきたって実感しちゃいましたね。(泣)

以下、自分用メモ。
こんだけイイコトが待ってるんだから、今を生き抜け、自分。
 10月:
  ●舞台「THE WINDS OF GOD~零のかなたへ~」
  ●イベント「NITRO SUPER SONIC 2006」
  ●狂言「茂山狂言会」
  ●旅行「京都:時代祭・鞍馬の火祭」
 11月:
  ●舞台「ウーマンリブvol.10~ウーマンリブ先生~」
  ●朗読会「大沢在昌・京極夏彦・宮部みゆき 自作朗読会 リーディングカンパニー vol.5」
  ●イベント「料理教室無料体験会」
 12月:
  ●イベント「ツーファイブ祭~クリスマスイブちゃん至急連絡くれ。父より。~」
  1月:
  ●舞台「朧の森に棲む鬼」

「貴様、交通費のことを念頭に計画を立てているのかっ!?」と、疑いたくなるような計画の入れっぷりが、現実逃避街道まっしぐら度合いを示しております。
水道水での生活、決定DA・ZO☆(←眩暈のあまりに星マーク)
月一で上京している辺り、末期症状に近いと思います・・・。

個々の感想とかは、おいおい気力があったら書いていこうかと。
(書いとかないと、すぐに忘れるヤバイ脳みその持ち主、それが自分!)

それでは、また業務という名の戦場に戻ります。
またどこかの機会で~。

長期出張物語3:会議だよ、全員集合!~3分間スピーチの罠~

睡眠時間は減ってますが、通勤時間に溜まりに溜まった本を読むことが出来て、これはこれでアリか、と思うぐらいには前向きに生きてる人間=ススキノです。こんばんは。

本日、出張先に月一の定例会がありました。
普段は関わりのない作業グループなどが一同に介して集まるため、変に緊張する会議の一つです。
いつものごとく、統括部長からの挨拶・連絡事項があり、その後各グループの報告・問題点が発表されていきます。
まだコッチの開発に入ったばかりの自分としては、謎の暗号で会話をされているように聞こえるため、途中何度もコックリコックリしてしまう場面も。(ごめんなさい・・・)

そんな夢現の中、最後にソレが突然始まりました。
ソレとは、何故か3分間スピーチ。
指定された人が、とにかく3分間しゃべり倒さなければならないという、小心者には大変心臓に悪い儀式。
自分は指名されていなかったので、今回は安心だ、と胸を撫で下ろし。
その安心がでてしまったためか、またもやウトウトしながら、スピーチを聞いておりました。

そして、とある人のスピーチの番に。
7割は夢の中に引きずり込まれた状態で聞いている自分でしたが・・・。

発表者:「業務とは関係ない話ですが、私の趣味は筋トレでして・・・(中略)・・・そんな中、地元で行われました、筋肉最強バトル大会に出席し」

一気に目が覚めました。

それ、なんて「天下一武道会」?

なんだよ、名前からして怪しさムンムンの、それでいてこの上なくむさ苦しさ満載感が否めない大会名は・・・っ!

てか、誰もツッコミ入れてないけど、これが当たり前なのかっ!?
自分の方が変なのかーーーっ!?


結局、くだんの「筋肉最強バトル大会」の内容は語られず、スルーされてその人の話は終わってしまいました。

えっ!?ちょっと気になるんですけどっ!
言うだけ言って、放置プレイかよっ!?

貴様はSなのか、そうだったのかっ!?

胸の中で様々な思いが去来する中、その後も3分間スピーチは続けられていき、自分はひたすら悶々としておりました・・・。

「この世に不思議な事など何もないのだよ、関口君」(by京○堂)
確かに不思議なことはないかもしれないですが、この上なくオモロ謎な大会ならありましたよ、○極堂・・・。
有名小説登場人物の名言を引用しつつ、さようなら~。

追記:
最新刊の「邪魅の雫」は、通勤時間で読んでます。
今回も登場人物多くてこんがらがって大変です。
しかし、それでも面白いのだから、諦めて頑張って覚えます。では。

長期出張物語2:仕様書の海に溺れて・・・

三連休はことごとく部屋の掃除と衣替えに追われ、結局遊べなかったイッツ・ア・ひきこもり=ススキノです。こんばんは・・・。
こんなんじゃぁ、いつまで経っても明るい未来が来そうにありません。
ノーフューチャー!(ヤケクソ気味に)

さてさて、長期出張も2週間が経過し、通勤もやっとこさ慣れてきました。
そんな中、仕事はというと・・・、
ひたっすら仕様書の熟読。
500Pは当たり前!といった専門用語だらけのわけわからん仕様書を、これでもか!これでもか!といわんばかりに机の上に積まれております・・・。
ふぅっ・・・。(口から思わずエクトプラズム放出

今回のお仕事、どうやら設計書からの開発となるらしく。
そのため、前提知識として、今回の開発の基になる論理仕様書やら機能仕様書やらを読んで理解しないといけないのです。
おいおい、自分はまだ設計書なんて生まれてこのかた作ったことがないんですが・・・っ!(汗)
んなド素人にやらせても大丈夫なのかよっ!!(大汗)
不安ばかりが募る毎日です。

そして、聞いたこと・見たこともない専門用語に略字。
謎の三文字英数字がなんの説明もなく突然出てきて解読不能です・・・。
頼むから、なんでもかんでも略すのは勘弁して下さい・・・。
調べながらの作業になるから、全然ページが進みません・・・。
モウ嫌ダ。三文字ノ英数字ナンテ、金輪際見タクナイ・・・。

「パトラッシュ、もう僕は疲れたよ・・・」と、天に召されそうな心理状況です。はい。
あああとこの状況がいいいつまでつつ続くんだろうなぁぁぁ。
素で山下画伯の口調になるまで疲労困憊しちゃってます。(本気で)

無事2007年を迎えることができるか、ひっじょ~に絶望的な気分になりつつ、さようなら・・・。

ラジオドラマ「百器徒然袋」が・・・っ!

はい、なんとか生きてます。こんばんは。
本当は色々と書きたいことがあるけれど、どーしても今言わして下さい。

自分とこの地域では、ラジオドラマ「百器徒然袋」が聴けNEEEEEEEEE---!!!
(大ショック中)


とっても楽しみにしてたのにっ!
悪あがきで、1コ1コ周波数を手動で探してもヒットせずっ!
都会ばっかりズルイ!

この思いをどこにぶつければいいんだーーーっ!?(号泣)

地元LOVEだけど!LOVEだけどっ!!
こういう時は心底都会でないこの土地を怨み呪いたい気分になります・・・っ!

うわーん!CDとかで発売されてよー!!
頼むよ、本当にーーーっ!!!

裏山に向かって呪詛を吐きながら、ではでは・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。