スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間VS人工物?

なんだかんだで6月が終わってしまいますね、こんばんは。
ひたすら部屋の中は蒸し暑い状態で意識が遠のきます。
廊下の方が涼しいってどういうことだ!?(テーブル、バンッ!)

さて、本日もネットの海を徘徊中、こんなサイトを発見しました。

頭の中をお見通し!20Q

やり方は簡単。
①頭の中に何か1つ思い浮かべます。
②最初の質問で「生き物, 植物, 鉱物, その他, わからない」の中から該当するものを選びます。
③20問の質問に答えます。
④質問後、答えを当ててしまいます。

というものらしいです。
さっそくチャレンジです。
自分が思い浮かんだのは、今現在もっしゃもっしゃと食べ続けている「枝豆」
次々と答えていき、結果・・・。

Q20. それはこれじゃないかい?バジル
違うよ。

以降、30問まで答えても一向に正解が表示されず、最後には・・・。

参りました・・・アナタの勝ちです
参られてしまいました。

しかも、思い浮かべた言葉がリスト&検索にひっかからないし。
駄目じゃん。

こうして、空しい戦いが終わりを告げました・・・。
お暇な人はやってみてはいかがかと。
ではでは~。
スポンサーサイト

画像編集ソフト様々~。

今日はドラマ「医龍」の最終回ですYO!
鼻息荒く、こんばんは。今か今かと待っております。

さて、待っている間、撮り溜めてたデジカメ画像を見てるのですが・・・。
素晴らしいぐらいのピンボケ&ブレ&暗い画像の数々。
そんなへっぽこキャメラマンを助ける救世主ソフト。

それが、画像編集ソフト様!

今更ながらもありがたみを実感中であります。へへ~。(平状)
これで、ヘタレ画像もちょっとはごまかせるはず!
(大声で言うことではない)

ちなみに、使っているのは「Adobe Photoshop Elements 2.0」。
買ったスキャナに付録でついていたので、タダ同然で手に入れたと言っても過言ありません。
機能が色々あって楽しいですね!コレ!!
初心者本を片手に、イロイロいじって遊んでます。
これに出会うまでは、Windows付属の「ペイント」を使用してましたが、機能の多さが全然違う!
アニメーションGIFも作れるようなので、時間がある時にでも何か作ってみようかと企み中です。

なにはともあれ、時代の進歩に慄きつつ、さようなら~。

過去記事アップのお知らせ(イベント編)

ちょっとオークションに入り浸ってます。こんばんは。
なかなかお目当ての品を希望価格で落とせないので、悲しいです。はい。

さて、書くの忘れてた先週の「メトロポリタンオペラ」の観劇前感想を先にアップしました。
内容感想は、後日。オペラ初心者の感想なんで、大したこと書けませんが・・・。

2006年6月22日(木)
オペラ初めて物語 【鑑賞前編】

自分の方向音痴ぶりと知識のなさに、情けなくて涙だだもれ
ではでは~。

戯言シリーズ、何気に読んでました。

「よろしくねーーー」
の映画「劇場版TRICK2」はまだ観てません、こんばんは。
とりあえず、今テレビでやってる映画「劇場版TRICK」観てます。
上田さん、強えぇぇぇーーー!
矢部さんの頭にモザイクは標準装備!(笑)

さて、これからの内容は、上の内容とまったく関係ない話です。
昨日今日で買ってきた本をまったりモードで読んでました。
その中の一つがコチラ。
ザレゴトディクショナル 戯言シリーズ用語辞典 ザレゴトディクショナル 戯言シリーズ用語辞典
西尾 維新 (2006/06/07)
講談社

この商品の詳細を見る


何気に読んでました、戯言シリーズ。
しかも、読んだキッカケが、これの同人誌本を買ったのが原因だったというのが、本末転倒もので大笑いであります。
(石を投げないでーーー!)
(ちなみに同人誌名は「シメキリスギテル」)

「ディクショナル」とか書いてますが、前書きで作者が言っている通り、ホント打ち上げ的内容(あるいは、蛇足)なので、変に期待して読むとガックリきます。注意が必要です。
しかし、自分は裏舞台とか裏方話とかが好きな部類の人間であるため、なんだかんだで面白く読めてます。
とりあえず、名前由来の裏話とかわかります。
それと、狐さんが(ネタバレ→)「眼鏡フェチ」(←ネタバレ)だと初めて知りました。(笑)
後で十三階段メンバーのイラストを総チェックです!

そうそう、この本。何故か袋とじになってるんですよ!
袋とじにする意味がわかりません!
(ぶっちゃけ、読みづらい!)
ネタバレ防止用なのはわからいでもないけれど、正直いらないと思ったのは自分だけではないはず!(と、力説してみたり)

あと、帯に「戯言シリーズ コンプリートBOX(仮)」の予約開始決定とか書いてありました。
戯言シリーズ好きはチェックするがよろし。

とりあえず、叫ばずにはいられません。
未だに玖渚友が怖いままでしょうがないです!
(蒼モード時)
「クビキリサイクル」時は、「なんて健気な子なんだ!」とか思ってた頃が嘘のよう・・・。(笑)
ガクブルしながら、ではでは~。

またLORがやってますよ~。

只今、映画「ロード・オブ・ザ・リング~第1部~」がフジテレビでやってますね~。こんばんは。
この映画観ると、自分はひたすら
「ガンダルフ、かっけーーー!!!」
「レゴラス、必殺仕事人ーーー!!!」
サムLOVE---♡♡♡

と、叫ばずにはいられません。はい。
この映画を好き好き~♡にさせてくれた原因はただ一つ。
ひとえにサムのおかげです!
サムのけなげっぷりにトキメキメトキス♡(古っ)でありまっす!
・・・サム語りに入りそうなので、自粛いたいします・・・。(アホ)

実は映画化する3年前に小説「指輪物語」を手に入れてたんですが、結局今になっても読んでません
(「お取り寄せ」までして手に入れたのに、今ではふっつ~に書店に並んでて涙・・・)
あ、でも、小説「ホビット」の方は半分まで読みました。あくまで半分・・・。

あ、サムが出てきた!(過敏に反応)
ほら、サム!未来の嫁さんにアタックじゃーーー!!!(気分は近所のおばちゃん感覚)

第1部は、序盤のホビット村の光景がいっちゃん好きなシーンです。
いいなぁ、楽しそうで♪
こんな村に旅行行きたい!んで、まったり過ごしたいなぁ。

最近放送多いですね、コレ。
テレビ版だと、結構シーンがカットされてて泣けてきます。
・・・ヤバイ。またDVD欲しい熱が復活しそうです・・・。
色々映像特典がついてるやつが欲しいです。高くなければいいけれど・・・。
はぅ、オークションとか回ってみるかな。

黒い人達出てきたよ!雲行きが怪しくなってきたよ!
でも、今から健康ランドに行ってくるんで、中断!続きは、サウナ室で!!
ではでは~。

↓もし買うなら、これにしようかと思ってみたり(高いけど、特典盛り沢山!)↓
ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOX セット ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOX セット
イライジャ・ウッド (2005/02/16)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

『ソレ』は正に、真夏の夜の夢・・・!

・・・おはようございます・・・。
「明日平日東京出征→会社泊まり」のコンボはもう自分の決め技ですか、そうですか・・・。
(雨で家に帰れそうになかった・・・)
丑三つ時の会社訪問と相成ったわけですが、守衛さんに
「お前に食わせるタンメンはねー!」
と言わんばかりに追い帰されるかと思ってましたが、大丈夫でした。
元いた部署では、徹夜が標準仕様であったため、仕事しに戻ってきた気分でした・・・。
(まぁ、メールチェックせんとあかんかったし、そうともいう・・・)
(あぁ、今いる部署は、ホントに平和だ・・・)

そういえば、6/20にTWO-FIVEのサイト更新あるっぽいような情報があったなぁと思い出し、行ってみましたら、おやまぁ!(市原悦子風に言うべし)

神鳴ライブが7月29日(土)、19時より渋谷GUILTYで決行するらしいじゃありませんか!!!

あぁ、甦る3月19日の摩訶不思議空間の思い出・・・っ!

今回も、もち参加する気MAXゲージ満タンでありマッスルボンテージーーー!
ワケわかんないよ!意気込みだけはくんで下さい・・・)
しかし、その前週で3泊4日の旅行行くっちゅーに!
かなりアウトドアな内容(山登りとかカヌーとか)なんで、体力持つのか、果てしなく不安・・・。

・・・う~む、しかし。
冷静に振り返ってみると、3~8月、4月以外は月一で上京した・することになってて、ビックリ☆
どうりで金が遠いお空に羽ばたいていくわけだ・・・っ!(汗)

チケットは、7月1日のローソンチケットですか。ロッピーで買えるそうです。
今回は前列で見れなくてもいいかと思っているので、整理券番号は特に気にしません。
まったり後ろの方にでもいようかと。(前回のライブで年を感じた・・・)
あぁ、そうだ。
あと、手土産はやはり奇をてらった物を持って行きたいところ。
旅行先でなんか面白い物を探してこよう、そうしよう!(決定事項)
「手土産=ネタ」ってのもどうなのかと思いますが、『神鳴』さん達だから笑って許してくれるよね?イイよね?(ヒデー!)

はてさて、今度は一体どんなライブになるのでしょうか?
楽しみでもあり、恐ろしくもあり。(笑)
(白いアレの恐怖再び!?)
物販で「神鳴CD」とか売ってくれたら嬉しいなぁ。
ではでは~。

追記:
全然関係ないですが、武器好きとしては、ドンさんが持ってる日本刀がめっさ気になってしょうがありません!
(神鳴ライブの紹介サイトの画像のこと)
どこのメーカーのやつだろう?

オペラ初めて物語 【鑑賞前編】

<前回内容>
オペラ初めて物語【準備編】
オペラ初めて物語【準備編2】

と、いうわけで、行ってきました!「メトロポリタンオペラ 2006年日本公演」!!
オペラポスター

とりあえずダラダラ感想です。
オペラ内容以外の感想からスタートです。

----------------------------------------------------------
チケット代が庶民には高かったことから、行き・帰りとも鈍行(在来線)で東京へ。
(末席のF席でさえ高いんだってば!)
約3時間半かけて、東京・原宿に到着。
(迷子時間も含めて)1時間早く着いたことから、原宿散策をすることに。
が、極度の方向音痴な自分。下手に路地裏なんぞに行こうものなら、90%の割合で駅前まで帰ってこれなくなること必須のため、大通り沿いをブラブラすることに。
しかし、バリバリの田舎者であるため、原宿で何していいかわからず、脳裏に浮かんだのがコレ。

原宿→竹下通りってなかった?→確かクレープで有名だっけ?→クレープ食いたい!

なんて短絡思考。でも、小腹が空いていたこともまた事実。
「とりあえずブラブラする」が急遽「クレープ屋探し」に変更。
迷わないかビクビクしながらもクレープ屋発見。
ラフォーレ原宿前でもぐもぐ食す。
(時間なかったので、ラフォーレ原宿の中入れなかった)
(その前に、「クレープ屋探しに何分かかった!?」とか聞かぬが鼻・・・花)

人心地つき、いよいよ会場のNHKホールを目指す。
メトロポリタンオペラ感想書いていた人のブログ中で、「とりあえずセレブな人の後ろに着いて行けば辿り着ける」みたいなことが書いてあったので、駅前まで戻り、セレブな人探し。
しかし、見かけるのは今時のファッショナブルな若者ばっか!平日だからか!?
ふと、ここで考え直す。
そもそもセレブな人は歩いて来ないのでは? と。
青ざめながら、駅前地図とにらめっこ。
そこへ、一人のセレブっぽいおば様が自分の前を通過!
これ幸い!とこそこそついていくことに。
着いた先は・・・、明治神宮でした・・・。○| ̄|_
・・・うん、尊い方を祀ってる所だからね、そりゃそうだよね。あはは・・・。
脱力しつつも、交通整備中のお姉さんにNHKホールの場所を聞く。
明治神宮に入らず、もっと道なりに進めば代々木体育館があって、その付近とのこと。
しばらくして、代々木体育館発見。
ホッしたのもつかの間、最後の最後で陸上競技場に足を踏み入れてしまい、およそ15分も迷う羽目になる。(救いようがない方向音痴具合)

ギリギリ開場時間にNHKホールに到着。
ここで毎年紅白歌合戦をやっているのか、と感慨ふけってしまう。
思わずパシャリ。
NHKホール1
NHKホール2
NHKホール3
周りはマダムやらお嬢様やらカップルやらで大賑わい。
結構ラフな格好の人たちもいたので、自分も気にしないでくればよかったと後悔。(もう遅いが)

いよいよ開場。自分のチケットは3階ホ列。
とりあえず3階に行くも、それらしい席は見当たらず。
首をひねりながら、係員さんに伺うと、
係員さん:「こちらのお席はエレベーターか階段で行けます」
と言われる。
え?3階じゃないの?
・・・結局どこだったかというと、実質5階の最後尾列の補助席でした!というオチ・・・。
そう、ホ列というのは、補助席の頭文字だったわけですよ、これが。
(これで15,000円もするのか・・・と、激しく涙)
舞台とかもろ見下ろす形で、役者さんは豆粒並。見えない、見えない!
が、会場内で8倍オペラグラスを借りれた(一つ600円。ただし保証金1万円が必要。持ってなかったので、住基カードを物質として借りた)ので、いきなり見える、見える!
ところが、逆に見えすぎて舞台全体が見渡せないことにガックリ。
結局自分で持ってきた3倍オペラグラスを使うことに落ち着き、600円が無駄金となる。(ショック・・・)

そうそう、オペラ初めてだったのでビックリしたことがいくつか。
1.休憩時間がめっさ長い
オペラ時間表
幕間30分って!?
どうして長いかは、舞台を1幕ごとに変えているからだったのですよ!
やけに舞台裏でガタゴトやってるなぁと思っていたら、そんな苦労があったとは・・・。
しかし30分はとにかく長い。
あっちこっちウロチョロしてみてもまだ時間が余る。
そのため、隣の渋めなオジサマ(かなりオペラ通っぽい)とお話をさせていただき、色々オペラについて教えてもらいました。
ありがとうございました、オジサマ!

2.ワイン・シャンパンのグラス売り
酒が飲めるぞーーー!しかも、その場でグラスに注いでくれる。
(飲んだ後はもちろんグラス返却)
しかし、600円に千円って、高いなぁ・・・。
しかも、一緒に売ってる食べ物が「幕の内弁当」ってのも組み合わせがね、泣けてくる・・・。
(サンドウィッチも売ってたが)

3.生オーケストラ
これは感動した!
生音で展開される舞台って素敵!
休憩中に思わず近場で楽譜とか練習してる姿とか見に行ってしまいましたよ。
使い込まれた楽譜に歴史が感じられました。
----------------------------------------------------------

内容以外の感想はこんな感じで。
では、次はオペラ本編の内容感想をば。
ではでは~。

オペラ初めて物語 【鑑賞編】

<前回内容>
オペラ初めて物語【準備編】
オペラ初めて物語【準備編2】
オペラ初めて物語【鑑賞前編】

引き続き、「メトロポリタンオペラ」の感想です。今度はちゃんと内容の感想をば。
自分が観て来たオペラは、『椿姫』になります。

【あらすじ】(公式サイトより抜粋)
▼第1幕▼
「椿姫」の愛称を持つパリの高級娼婦ヴィオレッタは、自宅での夜会で紹介された純真な青年アルフレードに初めての真実の恋を覚え、郊外で幸せな生活を送る。
▼第2幕▼
しかし、ある日アルフレードの留守中に現れた彼の父ジェルモンに、娘の縁談に障ると懇願され、泣きながらそっとパリに去る。
事情を知らないアルフレードは怒り、パリの友人宅の夜会で彼女をつかまえ満座の中で辱める。
▼第3幕▼
数ヶ月後、かねてから胸を病んでいたヴィオレッタは病床で死を待つだけの身になっていた。
すべての真相を知ったアレフレードは許しを請うが、時すでに遅く彼女は息を引き取る。

【出演者】
(主役)ヴィオレッタ・ヴァレリー役:ルネ・フレミングさん
(その恋人)アルフレード・ジェルモン役:ラモン・ヴァルガスさん
(恋人のパパーン)ジョルジョ・ジェルモン役:ディミートリー・ホロストフスキーさん

話は知ってはいましたが、まさかオペラではあんな風に演じられるとは夢にもおもわなんだ。
オペラ初心者のため、内容はヘッポコになります。お許しあれ。
では、どうぞ。
---------------------------------------------------------

【出演者の感想】
出てる人全員超絶有名人だったらしいですが、初心者にはありがたみがわからず、もったいない気が・・・。
しかししかし、知らなくても彼女・彼らの凄さを実感しました!

●ソプラノ:ルネ・フレミングさん
幅広い音域で、聴かせます!酔わせます!
個人的には、第2~3幕で一気にきました。
(第1幕は遠慮している感じの歌声だった?)
大好きシーンは、第2幕のアルフレードパパーンとの応対歌合戦&ハモリシーンです。
相手とのハモリも違和感なく聴けて、とても心地良かったです。

●テノール:ラモン・ヴァルガスさん
優しい感じの声音な方でした。
バリトンに比べてやや迫力負けしますが、ヴィオレッタ嬢とのハモリシーンで相手の声をより引き立たせ、さらに自分も引き立たせるといった技術を見せ付けられました。
大好きシーンは、第1幕の熱烈ラブコール時の2人のハモリシーン。
最後まで心地よい余韻を残して、耳に響く歌声はすごい。

●バリトン:ディミートリー・ホロストフスキーさん
きましたよ!低音声大好きっ子の心を鷲掴みにするお方が!!
アルフレードパパーンの役自体は嫌なオジサマ設定ですが、役者さんは最高!
(どうして嫌かは、内容感想で記述)
腹に響くね、声が!迫力も十分でした!
大好きシーンは、第2幕のヴィオレッタ嬢との対応歌合戦&ハモリシーン。
もうこのシーンは始終鳥肌立ちまくってました。ホント。
相手の声を掻き消すわけでもなく、かといって自分の声だけが目立つでもなく。
絶妙なさじ加減で調整された歌声の、なんと素敵なことか!
次点は、第2幕の息子とのかけあい歌合戦シーン。
畳み掛けるよ!畳み掛けるよ!

●オーケストラ隊
やはり生音サイコーーー!!!
オーケストラあってのオペラと言っても過言はないですね!
音楽をテープとかCDで流すだけでしたら、きっと白けたことでしょう。
縁の下の力持ち!
これに限らず、音楽ってものは、やはり生で体全体で感じるのがいいのだなぁと思いました。
(ライブとかね)

【オペラ全体の感想】
①字幕内容がやたらとクサイ台詞だらけ
こう感じたのは、自分がおこちゃまだからなのか、そうなのか!?
第1幕は、アルフレードの猛烈アタックシーンであるため、もうこれでもか!というほどラブトークを坊ちゃまが開始するわけです。
オペラだから違和感なく聴けると思うんですが、これを素で言ったならば、もれなく口から砂吐く!ぐらいのクサイ台詞でした・・・。
・・・情熱的ってことなのかな・・・。外国はすごいね・・・。

②感情の変わりようが激しい
オペラってものがそうなのか、それともこの話だけが特殊なのか。
とにかく、各役の感情のベクトルが半端なくガンガン変わります。
「えっ!?あ~た、舌の根乾かぬ内に何さっきと正反対なこと言ってるの!?」みたいな。

(例)第2幕のアルフレードより
ヴィオレッタ嬢が家を出てったことをパパーンから聞かされる。
  ↓
アルフレード:「ボクは信じるよ。きっと何かの間違いだ」
  ↓
机にあったパーティ招待状の手紙に気づいたと同時に。
  ↓
アルフレード:「パーティに行ったというのか!?(声高らかに)復讐してやる!
「あのアマァ!」と語尾につくぐらいの憤りっぷり!)

そのため、第2幕の途中から展開についていけなくなってる自分がいました・・・。
情熱的だね・・・。

③舞台装置&衣装&小物が豪華♡
衣装好き&装飾好きは、もうこれで満足するぐらいの豪華っぷりでした。
30分間という、ものごっつー長い休憩時間も許せちゃうぐらいの素晴らしさです。
第1幕と第2幕最後のヴィオレッタ嬢の衣装がかわいすぎです!ブラボー!!

【『椿姫』の内容感想】
※注:あくまでオペラ初心者による、この話自体での感想となります。
なので、間違ってる!とか思う方もいらっしゃると思いますが、お許し下さい・・・※
▼第1幕▼
どこかの家で娼婦達とお客様によるパーティーが開かれておりました。
そんな中、主役のヴィオレッタ嬢はある青年、アルフレードを紹介されます。
どうやらヴィオレッタ嬢に一目惚れをしたとのこと。熱烈にラブコール開始です。
てか、熱烈に陶酔しすぎです、アルフレード。(笑)
なんか当のヴィオレッタ嬢置いてけぼり感タップリだった気が・・・。(気のせい?)
とにかく言うこと言うことがクサかった。(笑)
お坊ちゃま、なんて必死なの!?
言いたいこと言い尽くしてその場を去るアルフレード。
その後、ヴィオレッタ嬢の独り語りとなるわけですが、なんか激しかった。
確かこんな感じ。(間違ってたらスイマセン)
その1:
「信じていいのかしら?」
  ↓
「いいえ、こんなことあるわけがない」
その2:
「こんな私でも幸せになれるのかしら?」
  ↓
「いいえ、しょせん自分は娼婦。もう長くないし、今をこのまま楽しく生きればいいじゃない。アハハハ」
この時、自分は思いました。
「あぁ、まるでパンドラ母さん(by漫画「ハーメルンのバイオリン弾き」)みたいだな」 と。
(ハーメルンを知ってる方なら、だいたいわかっていただけるかと)
素晴らしき人間不信っぷりでした。
感情ベクトルがガンガンに激しく変わりまくりだなぁと思った最初のシーンです。
時たま聞こえてくるアルフレードの歌声(先程の口説き台詞)で被害妄想中のヴィオレッタ嬢が正気に戻るシーンに笑い。
今まで娼婦で苦労してきたのね・・・。ホロリ。
結局どっちつかずのまま、第1幕は終了となる。

▼第2幕▼
どうやらなんだかんだでアルフレードの求婚に答えたヴィオレッタ嬢。
とある場所に家を構え、二人で仲良く暮らしているご様子。
良かったね、アルフレード。
平和そうに見えてましたが、実はここでの生活が苦しく、お金のやりくりがヤバイようで。
ヴォイレッタ嬢が隠れて自分の財産を売ってなんとか生活しているようです。
(アルフレードには内緒にしている。面子を守るため?)
ちょっ、アルフレード、あんたって人は!
世間知らずの坊ちゃんめ!!!
それでも、幸せそうなヴィオレッタ嬢。第1幕の苦悩中な姿が嘘のよう!(笑)
パーティーのお誘い手紙が来たって、ポイッ!であります。
すると、ここでアルフレードパパーンが登場。
登場するなり、「息子と別れてくれ」と言い出します。
「私が娼婦だったからですか!?」とヴィオレッタ嬢が噛み付く。
それをパパーンいきなり、
「娘が今度結婚する。兄の嫁が娼婦となると、色々と問題になる。下手をしたら、縁談が破談になってしまう。娘が可哀相だと思わないか?
とのこと。
・・・をい、ちょっと待て。じゃぁ、ヴィオレッタ嬢の幸せはないがしろかいっ!?
パパーン、ひどすぎです!!
「せっかく手に入れた幸せなのに!」とヴィオレッタ嬢が泣いてすがるも、「娘を悲しませたくない」とパパーンが容赦ない追い討ちをかけます。
「お父様が私を娘として抱きしめてくれるならば、諦めます」
と、愛するアルフレードの妹さんのことを考えて、泣く泣く折れたヴィオレッタ嬢。家を出て行くことにしました。
健気すぎ!!!
てか、パパーン。「別れろ」と言った口で「君の幸せを願うよ」とか言うなよ!なんて身勝手な!!偽善者めーーー!!!(怒)
ただ「別れる」だけならアルフレードが納得するはずがなく、考えるパパーンとヴィオレッタ嬢。
ふと、先程のパーティーお誘い手紙を思い出します。
「きっとお父様はこのやり方を反対しますから、黙って出て行きます。さようなら」
と、泣きながら出て行きます。
ヴィオレッタ嬢と入れ替わるように、アルフレード登場。
父親がどうしてココにいるのか不思議に思い、ヴィオレッタ嬢を探します。
が、見つからず困っているとパパーンから「彼女なら出ていったよ」と聞かされるわけです。
「どうして!ボクは信じない!!きっと事情があるんだ!!!」とパパーンに食いつき、ヴィオレッタ嬢を信じるアルフレード。
が、ここで例のパーティーお誘い手紙を発見するや否や、
「パーティに行ったというのか!?(声高らかに)復讐してやる!
「あのアマァ!」と語尾につくぐらいの憤りっぷり!)
ちょっ!?あ~た、舌の根乾かぬ内に何さっきと正反対なこと言ってるの!?(汗)
怒髪天状態でパーティー会場に向かうアルフレード。パパーンも慌てて後を追います。

場面が変わって、パーティー会場。
華やかな中、ジプシー達が歌い踊り、占いまでしちゃいます。
(ここのシーン、大好きです!)
そんな中、主賓と共に登場するヴィオレッタ嬢。(この時の衣装が可愛いんだってば!)
落ち込み気味ながらも健気に元気な風に装います。
と、ここでアルフレードが現れ、主賓と賭け事勝負を開始します。
その様子を見て、かなり心配になるヴィオレッタ嬢。
アルフレードを止めようとしますが、聞く耳持ちません。
仕舞には、「今まで君が売った財産の金額を全部返してやるよ!」と、札束をヴィオレッタ嬢に投げつけます。
坊ちゃま、サイテーーー!
いくら本当の事情を知らないからって、公衆の面前でそんなことするなよ!
もう色々とショックが重なり、その場に倒れるヴィオレッタ嬢。
周りの皆様全員、ヴィオレッタ嬢を心配し、アルフレードを侮辱しまくり、「この場から出てけ!」コールの嵐です。
あぁ、ヴィオレッタ嬢。みんなに愛されてるのね。(涙)
そして、突如アルフレードパパーンも登場し、「そんな息子に育てた覚えはない」と息子を責め出します。
・・・てか、元はといえば、あんたが諸悪の根源だろうが。おい。
自分のことは棚上げですか、そうですか。コラ。

心の中で「本当は愛しているのよ、アルフレード!気づいてほしい!」と訴えかけるヴィオレッタ嬢。
同じく心の中で「私はとんでもない過ちをおかしてしまった」と、今更ながらに思うパパーン。
この二人のハモりシーンの中、第2幕は終了となる。

▼第3幕▼
場面は変わり、とある寂しい家の中。
一人寝巻きでベットにグッタリ中のヴィオレッタ嬢。
病が悪化し、かなりヤバイ具合で進行しているご様子。
(確か結核だっけかな?)
「「もうすぐ会いに行く」と手紙をくれたお父様。全然来てくださらないのね・・・」
「失意の中、私は死んでいくのね。せめてアルフレードに本当のことがわかってほしかった・・・」
と、絶望中。
陰でお医者さんも「これは助からない・・・」と使用人の方にこぼしておりました。
・・・うわ、悲惨すぎて見てられない・・・。
と、そこへ、慌しくアルフレードとパパーンが登場。
今までの真の事情を知ったアルフレードは、「ひどいことをして、辛い目に合わせてすまなかった!」とヴィオレッタ嬢に謝り倒します。
パパーンも「本当にすまなかった!」と娘としてヴィオレッタ嬢を抱きしめます。
遅い。遅すぎだから。
それでも本当のことを知ってもらえて、会えたことで嬉しがるヴィオレッタ嬢。
・・・なんて健気なの?あなたって人は・・・っ!
「あぁ、今とても気分が良いの!治るかもしれない!!」
と、先程までのグッタリダウナーが嘘だったかのように、その場をクルンクルンめっちゃ笑顔で回り出すヴィオレッタ嬢。
・・・て、ちょっと待って。
これは俗に言う、『死にかける前に一度体調が戻る』っていう例の現象ではないでせうか!?
(自分とこのお祖父さんもそうだった・・・)
案の定、またしてもバタンッと倒れるヴィオレッタ嬢。慌てて駆け寄る皆様。
アルフレードに抱えられ、ヴィオレッタ嬢は息を引き取るのでありました・・・。

---------------------------------------------------------
そう、『椿姫』は悲劇のオペラなのです。
しかし、誤解も解け、最愛の人に会えた最期だったところが唯一の救いってことになるのでしょうか・・・?
自分的にはハッピーエンドの物語の方が好みですが、しょうがないですよね。ふぅ・・・。
(だって、悲劇なんて見てて悲しくなるだけだからさ!笑って幸せ気分で終われるハッピーエンドの方が断然いいじゃん!!)

それにしても、オペラ良かったです!生は迫力違うし!!
そして、なんだかブルジョアになった気分を味わえましたし。
(あくまで気分だけ。夢見すぎ!)
難点は、役者と字幕を交互に見ないと内容が分からなかったため、目があっちいったりこっちいったりで落ち着いて見れなかったこと。
言ってる意味がわかればなぁ・・・。(泣)
流石に今回のチケット代はべらぼうに高かったですが、日本の方が役者のオペラなら、なんとか手が出せる値段のようなので、いつかそっちも観てみたいです。

何はともあれ、オペラ最高ーーー!だった夜でした。
ではでは~。

追記:
や、都会って本当いいところですね。
オペラ終わったのが22時だったんですが、普通に居酒屋以外の食事処が平日にも関わらず空いてるって、素敵!
おかげで夕飯食いっぱぐれないですみました。(笑)

オペラ初めて物語 【準備編2】

昨日は『オペラグラス』を求めて彷徨ってました。こんにちは。
なかなか見つからんね、オペラグラス。
文房具屋やらメガネ屋やら電化製品屋やらスポーツ用品店屋やら行ってきましたが、なかったり、しっくりこなかったりで3時間は無駄に徘徊してました・・・。
で、結局どこで買ったかというと、どこかのサッカーチームのグッズ屋
700円くらいだったので、「これでいいか」と即購入。
が、よく見たら、側面にそのチームのロゴ入っててなんともはや・・・。

さてさて、帰宅後は家捜しじゃーーー!と、タンス中をひっくり返して、来ていけそうな服の捜索。
なさそうならスーツで行こうと思ってましたが、なんとか出てきました!
昨年の夏バーゲン時に衝動買いした、「いつ着るんだよ、ソレ!?」ってヤツが!
初めて衝動買いが役に立った!(驚愕)
ちっさい子がピアノの発表会で着る様な服の大人版というか、そんな感じの服でした。
(ヒラヒラに非ず。なんか灰色の質素なヤツ)
恐れていた「着れてなーーーい☆」(なんとか入った!)なんて事件も起こらず、一件落着!
と、思っていたら、服に付いてた注意書きが。

「この製品は、雨等の水滴が付いた状態で放置しますと、ウォータースポットと呼ばれるシミが残ることがあります。
出来るだけ雨の日の着用はお避け下さい

本日の東京のお天気:曇 → 

・・・NO-----!!!

もういいよ!シミだろうがなんだろうが関係ない!!
どうにでもなれ!!!(やけっぱち)


しかも、よく見たら、まだ続きが。
「この商品は鮮明な色彩ですが、日光に弱いのでご注意下さい」
・・・あははは。
なんだよ、この服!いつ着ろっての!?
夜しか着るな!ってことなのか!?
ドラキュラかよっ!!!
(←三村さん風ツッコミ)
またしても謎な服を買ってしまったということか・・・。
衝動買いの恐ろしさがまた一つ・・・。

チケット代のあまりの高さに交通費をやっすくするため、鈍行(在来線)で東京まで目指します・・・。
帰りもだ。ムーンライトながら・・・。
そろそろ行く準備。慣れないながらも楽しんでこようと思います。
とにかく迷子だけは勘弁!ではでは~。

オペラ初めて物語 【準備編】

かな~り前に「メトロポリタン・オペラ観てー!」と騒いでましたが・・・。
なんだかんだでチケットGETできました~。

メトロポリタン・オペラ 2006年 日本公演

まぁ、定価より1,500円ばかし余計にかかってしまいましたが、そこはしょうがない。
人生初の生オペラ!を楽しむべく、準備をしております。
ちなみに、観劇するのは『椿姫』。
オペラ初心者にオススメということで、こちらにしました。
当初は『ワルキューレ』を観たいなぁと思ってましたが、話が複雑そうでオペラ初心者にわかるか不安だったことと、上演時間:約5時間という、末恐ろしい時間だったため、断念!
(『椿姫』は約3時間。いつかは観たいものだ・・・)

で、今になって重大な事を忘れていたわけですよ。
オペラって、どんな服装で行けばいいの?(汗)
オペラ前日(実は明日の夜観る)になって気づいたバカです。アホです。
東京の当日天気が怪しいことから、濡れても替えができるよう、
危うくTシャツ姿で行くところだったよ・・・っ!(大汗)
浮くこと必須じゃん!そんな伝説を残すわけにはいかない!!

とりあえず、「教えて!goo」に頼ってみました。
やはり自分と同じような質問してる人が結構いて助かりました。
ありがとう!goo!!
正装でなくてもいいっぽいので、お金が飛んでかなくて良かった!
しかししかし、「ちょっとおめかし」ってどのくらいのサジ加減ですか!?
めかしこめる服なんか、結婚式に着てったヤツしか思いあたらん!(汗)
しかも、ソレ微妙だし。ホント「結婚式用!」って感じのヤツだし・・・。

うぅ・・・。とりあえずタンスをひっくり返すのと、既に観劇済みの方の感想ブログとかを巡って様子を確認しようと思います。
ではでは~。

おもろ検定いろいろ。

勉強嫌いは手を上げて!もち、自分も!(キラーン)
こんばんはです。

さて、世間には”検定”なる、勉強嫌いにとっては、最も恐れる試験があるわけですが。
最近知った、こんなおもしろ検定があるのですね~。

江戸文化歴史検定

検定お伊勢さん

江戸の文化や風習、伊勢のお参りや伊勢神社の歴史を検定にしてしまうとは!
こういう検定なら、おもしろそうな感じがします。
それに、歴史好きとしては、気になるところ。
江戸文化歴史検定は、受けるか受けないか悩んでますが、公式テキストはガチで手に入れます!
(既に予約済み)
見てるだけでも楽しそうなのですよ~。
大江戸見聞録 大江戸見聞録
江戸文化歴史検定協会 (2006/06/23)
小学館

この商品の詳細を見る


ではでは~。

前半部分見逃した!ドラマ「医龍」第10話不完全感想。

出張とか健康ランドとかでバタバタしてました、こんばんは。

さて、忘れた頃にやってくる。
先週のドラマ「医龍」の感想ですが、その間出張中だったため、急いで宿泊先に帰るも、
前半見逃した!なんたる不覚!!
なので、不完全感想ですが、今回もダラダラれっつらご~。

テレビつけた瞬間、研修医くんが霧島兄になんか諭してる場面でビックラこきました。(笑)
研修医ごときに諭されてる霧島兄。・・・ぷぷっ!(笑いを堪える気、なし)
で、やっぱり研修医くんは逆スパイってことだったらしい。
何気に策士か、あなたは?今回で研修医くんの株、絶対上がったな。
白だったか・・・。黒もなかなか良かったのに、いやはや残念。(ええーーー!?)

そんな中、バチスタメンバーのイメトレ回送シーンが流れ、
朝田先生の例のアレシーンが久しぶりにキターーー!!!
上半身何故かはだか(流石に下半身はズボン履いてますYO!)で一人屋上で手術のイメトレとは到底思えない謎な太極拳チックな動きをする朝田先生。
毎回思うのですが、なんのライブですか?朝田先生。
一緒に見てたお義姉さん(「医龍」見るのは初めて)が画面の前で疑問符の嵐だったのが印象的でした。(笑)

義姉:「彼は何をやってるの?」
自分:「そんな無粋なことを聞いてはいけません。これが彼の見せ場なんですよ!
義姉:「はぁ。よくわからないけど、お医者さんも大変ねぇ

まぁ、間違ったことは言っていないはず。(笑)

研修医くんに言い負かされて、呆然(?)としている霧島兄。
や~いや~い、と思っていたら、なんか効果音キタですよ!
まだ終わっちゃいね~ぜ!って感じの霧島兄。いや、頑張るね~。(笑)

バチスタ手術やんべ!ってことで、スタンバってた各メンバーが電話に出るんですが。
もう電話に飛びついちゃう荒瀬先生、素敵ーーー!(またそれか)
今回の荒瀬先生の見せ場だと思うよ、コレ。
(麻酔シーンの方が見せ場なのでは・・・)

で、お偉いさん方が教授会でいない中、手術スタートです。
今回の自分的見所は、2つ。
1.やたらめったら色んな人に「バチスタチームが手術やるだって!?」とふれ回り、大勢の人を引き連れてかけつける木原先生(ただし、見学)
2.手術中の荒瀬先生の一挙一動に逐一反応し、実況中継してくれるナース2名

1は、全員仕事しろよ!と思ったです。
あと、先頭に立ちたがる木原先生、素敵。(笑)
2は、あのやり取りがおもしろかった!でした。

荒瀬先生:「ひとーちゅ、ふたーちゅ、みっちゅ・・・」
ナースズ:「赤ちゃんが数なんてわかるわけないのにねー」
(しばらくして、赤ちゃん大人しくなる)
荒瀬先生:「はい、落ちたー」
ナースズ:「眠ったーーー!?(驚愕)

みたいな。(笑)

手術シーンは至って真面目。
木原先生の実況中継のもと、見てるこっちもハラハラドキドキ~。
が、ここでまたしても効果音と共に登場な霧島兄。
あの効果音は、もう彼のテーマソングみたいなものなのか?
「手術はすぐに中止になります」と自身満々に言い放つ。
ストレスで胃に穴があきそうな野口医局長に患者のカルテを渡し、「まだバチスタチームには言っていない情報なんですが・・・」ともったいぶる。
病名はよくわからないですが、とにかくその病気のせいで血管が詰まる危険性があるとかで、手術続行が不可能っぽいようで。
手術中にそれに気づいたバチスタメンバー。どうなる!?
ってところで、次回最終回!!
霧島兄の嫌がらせに、勝てるのか!?バチスタチーム!!
(そういう問題ではない)

とりあえず、一言言わせて欲しい。
患者の病名、全部伝えとけよ、霧島兄!
患者の身にもなってみろ!
執刀する医者が情報不足のまま手術って、どこをどうやって医者を信用すればいいんだよ!
もう怖くて安心して病院行けねーよ、自分!
昔、医者で嫌な思いをしてるから、ただでさえ病院には色々と思うところがあるのにさーーー!(泣)

てなわけで、とうとう涙の最終回。
現在、霧島兄圧勝っぽい感じですが、最終回でどう覆るのか!?
楽しみでもあり、終わってしまう寂しさもあり、複雑・・・。
ドラマ観終わったら、漫画も見てみようかと思います。
・・・あっ、その前に、最終放送日は用事でその時間帯いないんだった・・・っ!
録画を忘れずに!ではでは~。

前代未聞の【遅刻】体験

自分とこでも梅雨入りしたそうですが、
「5月の方がよっぽど梅雨っぽかったよ!(泣)」
と、思わずにはいられません。こんばんは。

さて、久しぶりのアホ事件。まさか自分がする羽目になるとは・・・。

昨日の朝、いつものごとく自転車に跨り、会社目指してチャリンコ激走中のこと。
横断歩道がそろそろ点滅し出すタイミングだったので、「立ち漕ぎ走法」に切り替えてなんとか渡りきろう!と、腰を上げ、ペダルを漕いだ次の瞬間。

「ガシャッ」

と、なんとも控えめな音がしたと思ったら、

「スカッ!」(ペダルを漕いだ時の手ごたえ)
「ええええええーーーーーっ!!?」

自転車のチェーンが外れました・・・。
しかも、内側にチェーンが絡まって、ぴくりとも動かない・・・。

横断歩道時にそんなんなっていたので、もう大パニック!
漕いでも動かない自転車だという理解がまだ頭に到達していなかったようで・・・。
ひたすら空回りしようともペダル漕いで頑張っちゃってる自分がいました。
そんなことしても、自転車は前に進まないっちゅーの!(←後ツッコミ)
アホとしか言いようが無かったです・・・。
(事故にならなくて、本当に良かったよ・・・)

とりあえず近くの空きスペースまで移動し、自力でチェーンを戻そうとするも、やはり絡まって全然動こうとせず・・・。
しかも、自宅~会社の距離の1/4区間まで来てしまっているので、家に引き返そうにも、中途半端な距離。
・・・しょうがないので、泣く泣く会社に「遅刻」の連絡しました・・・。
内容が「チェーンが外れました♡歩いて会社行きます♡頑張ります♡」とかいうのが、情けなさで涙が止まりません・・・。
(そこから歩いていくと、余裕で40分はかかる距離

その後、バイク屋さんの前を通りかかった際、店の人がこちらの様子に気づき、親切にも直してもらいました。
ひたすらペコペコ謝罪と感謝の言葉を送らせていただきました。
あぁ、神様っているのですね!(キラキラ)
(帰りにお礼の品を持っていかなければ・・・)

なんとか無事で、どうにかなりましたが、まさかこんな遅刻をすることになるとは・・・。
10分前の自分は、夢にも思わなんだ・・・。(ガックシ)
金輪際、こんな事件が起きないことをひたすら祈るだけです。
うぅ・・・。それでは、ごきげんよう~。

スポーツ番組で露わになる、隠れたある一面

昨日のWサッカー、凄かったですね~。こんばんは。
「日本負けたのに、何が凄かっただっ!?」とお怒りのお声をいただきそうですが。
正しくは、『サッカーが凄かった』というよりも、
『サッカー中継を見ているおかんの様子が凄かった』
という意味です。

自分とおとんは冷静に普通に見てるわけです。
が、その横で、一人だけヒートアップし、「監督節」をきかせるおかんがおるわけです。
(「○○、良くやった!」とか「そこは○○が行くところだろうが!」などの発言が・・・)
ボール持った選手がゴールに近づくと、「あーあー!」言いながらヒザをバンバン、半端なく叩いたり。(即座に中腰)
相手チームに得点を入れられると、「もぅヤダーーー!!」と言いながら、そこら周辺をゴロンゴロン転げまわったり。(食器にぶつかり、大惨事一歩手前の状態になった)
仕舞いには、もうちょっとでゴールに入りそうだった場面に対して、
「もぅ!あとちょっと!ちょっとずれてれば入ったのに!!」
と、親切にも自分とおとんの目の前まで移動し、ゴールとボールとの差を両腕を使って視覚的にわかりやす~く説明してくれたりします。
(でも、もろおかんの目分量のため、正確さはナッシング)

・・・はっはっは~。
おかん、ちょっと邪魔!前見えないって!!(怒)

んでもって、ホイッスルが鳴ったと同時にテレビのリモコン奪い取り、他チャンネルに即変え。
そして、「気分悪い!」捨て台詞を吐いておりました・・・。
(インタビュー、見る気ナッシング)

野球中継とか国内サッカー中継とかは、ふっつ~に観ているはずのおかん。
しかし、何故だか『世界』とか『ワールド』とか『オリンピック』とかつこうものなら、いきなり情熱の人とあいなるわけです。

普段は隠れてる一面ってのが、あるもんなんですね。
いや~、『人間』って面白いですね~。
と、いうより、自分ちおかんが面白いだけなのでしょうか?(汗)

やはり『家族=ネタの宝庫』であると再確認した、昨日の出来事でした。
それでは、では~。

ビルさんめ!Windows 98/Me サポート終了・・・。

現在、かなり前に買って来てホコリ被ってた外付けHDに音楽とか画像系のでかいデータ転送してます。こんばんは。
ノートPCだと、ホント容量小さいんで困ります。はぁ・・・。
なんか、転送時に音が鳴るんですが、「ジジジ・・・」とか「ガガガ・・・」でなく、
「ゴボゴボッ、ゴガボボ・・・ッ!!」
っていってるのが、気になってしょうがないです。はい。
・・・大丈夫か、コレ・・・?(汗)

さてさて、「姉さん!事件です!!」
Yahoo!ニュースで衝撃的なニュースが流されてました!

◆Windows XP SP1のサポートは10月に終了◆
◆Windows 98/98 SE/Meのサポート、今夏で打ち切りへ◆


内容は、
・Windows 98(SE含む)、Windows Meのサポートが2006年7月11日の月例パッチリリースをもって終了
・Windows XP Service Pack 1(SP1)のサポートが2006年10月10日に終了
です。

え~、自分、PC二台持ってまして。
1.2年前にボーナスでやっと購入した、OS「Windows XP」のノートPC。
2.学生時代に購入した、内臓HD:5GB、メモリ:256MB(最大容量)OS「Windows 98 SE」のノートPC。
な、ものですから、わは~、もろビンゴ~☆

もう、止めてよ!ビル・ゲイツさん!!(泣)
なんとかここまで誤魔化し、誤魔化し動かしていたのにさぁ!
うぅ、仕事とかでも一波乱ありそうだよ・・・。
(自分ち会社は、OS「Windows 98」もサポート対象しちゃってるし)

それと、Service Pack 2(SP2)にせにゃあかんのかい!
あてるの怖かったから、今までSP1で通してきたにの!!
もしあてて、動かなくなったらどうしてくれる!!(一番の心配事項)

うぅ~、うぅ~。イヤだ。あぁ、イヤだ!
98同士のKさんとかYさんとか、Me使いのRさんとか、きっとこの気持ちを判ってくれるはず!!
やり場のない悲しさを胸に秘め、慎重にSP2にアップする準備をしつつ、ではでは~。

裏でゴソゴソやってた件。

たまには、気分を和ませるべく、季節の花を愛でて見るのもいいんでない?
紫陽花1
紫陽花2

すいません、限りなく写真撮るのが下手です。こんばんは。

さてさて、一時期ブログ更新がなかった期間から今まで、ちょいと裏でゴソゴソやっていたわけですが・・・。
何やってたかって~と、こともあろうにサイト作ってました。

本館:◆日本のほほん旅行記◆
http://nohohontabi.fc2web.com/

別館:◆日本のほほん写真館◆
http://nohohonphoto.web.fc2.com/

旅行記サイトと写真サイトになります。
写真サイトは、素材としても提供してます。加工OKであります。
使いたい方はどうぞ~♡です。
が、まだ肝心の旅行レポート全然上げてません・・・。(駄目人間)
別館の方がまだサイトっぽいという罠。
しかし、ブレ写真が多いという罠。
・・・あっは~、罠だらけ!(泣)
あと、写真は、問答無用で『質より量』傾向です。
似たような構図ばっかし!(泣)

誰か質の良い写真の撮り方を教えてください!(切実)

まだまだサイトと呼べるものではないですが、これから頑張ってコンテンツ充実させていきます、はい。
ではでは~。

霧島兄祭り!ドラマ「医龍」第9話感想。

7人の女弁護士、もう終わってしまいましたね。
釈さんの「お逝きなさい」ポーズがもう見れなくなると思うと、残念でなりません・・・。
(だから、ソレ違う番組!)
話自体は面白かったですが、果たして「逃げられませんよ」ポーズを入れた意味があったのか、最後まで謎だったドラマです。

そんなアンニョイな気分の中、その次のドラマ「医龍」も今週もかかさずチェック!
今回も自分的感想をレッツラゴー。

まず、今回全体の感想を一言で言い表すならば、もうこれしかないです。
「霧島兄祭り」
としかいいようがない回でした。
脳内で「ワッショイ、ワッショイ」言いながら、霧島兄を絶賛胴上げ中であります。はい。

しょっぱなの霧島兄登場から、もう自分の心はガッチリ霧島兄に持っていかれました。
(違った意味で)
「さぁ、今度は何をやらかすのかしら?」と思いながら、一方その頃、チームドラゴンは・・・、と場面が変わり。
患者さんと一緒にチームドラゴンメンバーの写真撮影は、ホームドラマと見間違うぐらいのあったかさでしたね。
なんだ、あのほのぼのムードは。一瞬番組間違えたのかと思いました。
しかも、荒瀬先生も一緒に写真撮ってる!
あぁ、荒瀬先生ってば、(性格が)丸くなってる~。
と、思っていたら、手術シーン以降からはバリバリ絶好調の荒瀬先生が拝めました。
研修医くん、ボロクソに扱き下ろされてました。
「真ん中分け」発言はヒドイですよ、荒瀬先生!(笑)
自分が甘かったです。むしろ、磨きがかかっていました。
ナイス、荒瀬先生クオリティ!!
朝田先生と荒瀬先生のやり取りが大好ぶ・・・、コホン、大好きです。
プロ同士にしかわからないって感じの雰囲気が素敵すぎであります。

荒瀬先生:「下手な外科医が余計な出血させて、輸血する羽目にならなければの話だけどね」
朝田先生:「俺を誰だと思ってる?」(確かこんな会話?)
カッコイイよ、二人とも!

何気に実は優秀かも?な研修医くんの成長っぷりと、「これが私の作ったチーム」と、チームドラゴンを母親的な目で見ていた加藤先生も印象的でした。

が、○士通の地底じ・・・、コホン、野口医局長は、チームドラゴン解散させる気満々。
ちょっ、待っ・・・!
せっかく荒瀬先生がチームに入った矢先に解散なんて!
ヒドイよ、腹黒タヌキの野口医局長!(泣)

「もう教授になる・ならないに関係なく、せめてチームドラゴンだけは何としても残したい」と加藤先生奮起。
メンバー集めてお疲れ会を開くも、やはりここで漢(おとこ)・朝田先生が期待通りの一言。

朝田先生:「俺はこのメンバーでしかやらない」(だっけか?)

その一言で、メンバー一人一人が朝田先生の手に合わせていき、「私についてきたら、(将来が)危なくなるのに」(だっけ?)と言いながら、でも嬉しさに涙する加藤先生。
いやはや、えぇシーンでした。
どこの青春ドラマかと、またしても一瞬番組間違えたかと思いました。

で、そんな爽やかシーンを覆すべく、またまた霧島兄登場!
何やら研修医くんを引き抜こうとしている模様。
研修医くん、ムッとしながら「失礼します」と退出。
ナイス、ヒール役!霧島兄!!

・・・が、またしても甘かった。
この程度のことで悪役!悪役!喜んでいる場合ではなかったのですよ・・・。

藤吉先生の「世界一の内科医(by荒瀬先生)」っぷりが伺える、子供とのやり取りを微笑ましく見ていると。
チームドラゴン解散有耶無耶の中、第三回目のバチスタ手術の患者が運ばれてきました。
その患者のカルテを見て、朝田先生・加藤先生が驚愕。
えっ、何、何がどうしたのっ!?
苦渋に満ちた感じでメンバーに今回の患者について説明。
今回の患者、体内器官が普通の人とまったく逆位置にあるといった、大変珍しく、手術が極めて難しいケースにあたるとのこと。
しかも、患者はなんと赤ちゃん!小さすぎて、さらに難易度アップ!
呆然とするメンバー達(自分も呆然でしたさ)に、さらに追い討ちをかける衝撃な事実が。

その患者、元は霧島兄がいたとこの病院から来ただってーーー!?

怒り心頭のミキさんは、さっそく霧島兄に詰め寄ります。
霧島兄曰く、
「朝田が一番苦しむことは、自分の目の前の患者を救えないことだ」
と、ニヤリと微笑む。
さらに、
「手術をやると言ってきても、どんな手段を使ってでも止めるがね」
(手術失敗させるわけにはいかないから。今後の病院の信頼とか関わってきそうなので、の意味だと思われ)
と、さらに強気発言。

・・・いやはや、もう、なんつーの?
今まで生きてきた中で、こんな回りくどくて面倒で大掛かりな嫌がらせを自分は見たことがない!
スケールでかいんだか小さいんだか、どう判断すればいいの、コレ!?
荒瀬先生や藤吉先生の印象シーンが、遠いお空の向こうに見事飛びました。
もうこのシーンの強烈っぷりには頭が上がりません!


あ~、でも、何話目か忘れましたが、伏線ちゃんとありましたね。
霧島兄のいた病院で「お願いします」と頭を下げてた両親の姿。
夜に霧島兄が見ていた赤ちゃんがこの子ってことなのか?

とりあえず、自分から言えるのはこれだけだ。
ミキさんとお話できて良かったね、霧島兄。(爽やかに笑)
会話後に「ミキと話せた」と嬉々として微笑んみを浮かべ、内心喜んでいようものなら、自分は霧島兄に完全敗北です。
それと同時に、自分の脳みそのヤバさっぷりが伺えます。

7話のせいで、『妹LOVE』としかもう自分には見えないよ、霧島兄・・・。(涙)

さらに衝撃は続きます。
夜に霧島兄の下に来た、チームドラゴンの誰か。
「これからチームドラゴンの情報流しを頼む」と、微笑む霧島兄。
一体誰だよ?と、思っていたら、
(↓以下、ネタバレ。反転で見れます↓)
「研修医くん」、キタよ、コレーーー!!!
めきめきと成長してきて最近目立ってきたと思ったら、こんなところで大注目を浴びることになるとはっ!
8話で毒吐けることも確認済みだから、これからは黒い部分を大全開なのか!?
とうとう悪の道に入っちゃうのか、研修医くん!
それとも、逆スパイなのか、研修医くん!!
どっち?どっち?どっちなのーーーっ!?
確実に言えること。それは、
「立ち位置次第で、彼の株が大暴落か大暴騰かの二つに一つ!」
まさに大博打だね☆頑張れよ!
これからの彼の活躍から目が話せません。

(↑以上、ネタバレ。反転で見れます↑)

そして、最後に朝田先生が「手術断念します」って言って、今回は終了。
一気にヒートアップなドラマ「医龍」。
次回がとっても気になります!
霧島兄の微笑みマスターは無理!とやっと理解できたところで、さようなら~。

備考:
ドラマ「医龍」の各話の視聴率の情報をGET!
際立った2つを比較。
<今現在の最高視聴率>
第8話:16.6%
荒瀬先生、大活躍だったからね!

<今現在の最低視聴率>
第7話:12.7%
これ見た瞬間に爆笑しましたから、自分。
もうみんなちゃんとわかってるね!
ナイス、霧島兄クオリティーーー!!


さてさて、第9話は何%になることやら。

そりゃないよ、セニョ~ル!ぱーと2

あぁ、やっちまった!やっちまったよ!!(汗)
テンパりながら、こんばんはです。

さてさて、今週で親分ラジオが一旦終了とのことでしたので、是が非でもメールを出さなければと思い、いつもの投稿時間である水曜日(今日)の夜に出しました。
「ふぅ、一仕事終了~」と、今まで裏で潜っていた分全然見ていなかったサイトやらブログやらの更新チェック。
もちろん、親分ブログもチェック。
で、火曜日(昨日)の記事を目にして、思わず石化。
・・・最終回メールが締め切り変更している・・・!
慌てて時刻を確認!
・・・ぐはっ、20時半付近に出してるよ、自分・・・っ!

・・・うわ、「こいつ締切変更のお知らせ、見てないな。駄目だなぁ」とか思われちまいます・・・。
ラジオ製作部のスタッフの皆様に申し訳ないことをしてしまった・・・。すいません・・・。
えと、鼻で笑って許して下さい・・・。

IT時代ですからね。情報は生もの!鮮度が命!ってことを思い知った本日の夜でした・・・。
それでは、では~。

お~、面!お~、面!カムバックだよ、ダミアンくん!!

「志村けんのバカ殿様」でやってたギャグから、こんにちはです。
本日200日は、映画「オーメンの公開日でありますYO!!!
わざわざ合わせるなよ!とかのツッコミをしたいですが、怖くてできません・・・。
(ガクガクブルブル・・・)

”666”という『獣の数字』の痣?を持って生まれたダミアンくん(悪魔っ子)が、周囲を恐怖のドン底につき落としていくホラー映画・・・だったと思う。多分・・・。
(当時、怖くて断片的にしか観てなかったので、記憶が曖昧)
断片記憶その1:
お父さんだか神父さんだかが、鉄球に衝突。その状態で、鉄球が教会に突っ込む。
教会とかもブッ壊れる。

ちなみに、”666”の数字ですが、「ヨハネの黙示録」にそういった記述があり、意味は「獣、アンチキリスト」みたいな感じに解釈されているとのこと。
「アンチキリスト=神様の反対=悪魔」ってことッスか?だからダミアンくんは、悪魔っ子?
新説で、本当は”616”!という意見もあるらしく、どっちが正しいのかは不明です。はい。
奥が深いぞ、聖書!

ホラー映画苦手なため、結局最後まで観たことないんですよね、「オーメン」。
で、結局ダミアンくんはどうなるの?
てか、ダミアンくんが本当に悪いの?
誰か教えて、プリーズ!!!(怖くて自分では確認できぬ!)

そもそも、ホラー苦手になった原因は小学校時代の先生にあると思うのですよ。
その先生、13日の金曜日になると、必ず帰りのホームルームで「怖い話」をするんですよ。
で、最後に、
「こういう話をすると、幽霊とかが近寄ってくるんだよね~」
と、最後の最後までビビらせるわけです。
・・・そんな帰り道は、友達とキャーキャー言いながら帰ったっけなぁ・・・。(遠い目)
まぁ、霊感0なんで、そういう現象とかわからないから助かってますが。
(母と兄は、バリバリ霊感あり)

とにもかくにも、全世界同時公開な映画「オーメン」を観たい人は観てくんろ!
そして、恐怖の真っ只中でダニアンくんに会ってくるといいさ!
自分は観ない(観れない)がね!(怖いよ、怖いよ~・・・)
ではでは、「お~、面!お~、面!」と素振りをしながら、さようなら~。

な・・・、なんだってーーー!キバ○シっ!!

はい、昔懐かしの漫画「M○R マガジン○ステリー調査班」の名台詞でこんばんはでございます。
「どういうことだ!○バヤシ!!」でも可)

え~、しばらく闇にもぐっていたため、親分ラジオぜんっぜん聴いてなくて、今やっと聴き終わりましての感想です。
ものっそ遅い、多分子分一の遅さ今週で親分ラジオ一旦終了の情報を知りました!(愕然)
最近「いつまでもあると思うな、Webラジオ」と連呼していたから、なんとな~くは予感してましたが、まさかまさか。
気分は、
「なんでもかんでもノストラダムスの予言やらヒトラーの野望やらに結びつけるMM○メンバーの驚愕の瞬間
と同等な気がします。
(判りづらい例えで申し訳ない・・・)

先週放送で小競り合いの方が一先ずさきに一旦終了してしまったようですね・・・。
もっと早く気づいていれば、胃もたれだろうとも根性でメール出していたものを!口惜しやーーー!!

今回こそは、なにがなんでも出さなければ!
あぁ、でも何を出せばいいんだ!
どうか暴走するな、自分よ!(汗)

それでは、全国の子分様と同様の熱い思いを込めてメールをしたためるべく、ばいば~い。

『夢』とは、深層心理の表れ?

今やってる特番ドラマ「TRICK」、2/3も見逃したーーー!!!
絶叫と共にこんばんはです。しまった!すっかり忘れてた!!
「貧乳」「貧乳」と罵られてる山田さんと「デカ」「デカ」と罵られてる上田さんに涙・・・。
愉快な仲間達・・・っ!

今回は、自分の夢話について。
さて、皆さんはどういった夢を見ますか?
よく夢は「深層心理の表れ」と聞きますが、では、今日見た自分の夢は一体どういった「深層心理の表れ」なのか、誰か教えて下さい・・・っ!

一言で言い表すと、
「大乱闘 磯野家スマッシュブラザーズ」
な夢でした。
え~、詳しくいうと、
「サザエさん、波平さん、カツオくんの三人が磯野家家督を巡って争う」
と、いったものでした。(汗)

バトルフィールドは、「磯野家」ではなく「どっかのマンションの一室(3LDK)」。
その他磯野家一同は、観客。
何故か自分は、実況役でした。

いや~、すごかったなぁ。
波平さんのドロップキック。
サザエさんのエルボー。
カツオくんのヘッドロック。

そして、何故にそれを冷静に実況中継しちゃってるかな、自分っ!?(滝のような汗)
なかなか決着が着かなかったので、最終的には、ジャンケンで決めてました。
で、勝ったのは、サザエさん!(笑)
今までの戦いがなんだったんだ!と、いわんばかりの幕切れ。
そして、笑顔で観客に別れをつげて、フェードアウトしていく会場。

・・・えと、自分、そんなに好戦的だっけか・・・!?
てか、その前に、どうして『夢』って気づかないかなぁ、夢の中の自分よぉ・・・っ!!(泣)
(まぁ、今までの夢で「これは夢だ!」って気づいたの、生きてて一回しかなかったし・・・)
誰か夢占いして下さい!いや、マジで!!!(切実)
不安で夜も眠れません。(嘘です、ごめんなさい・・・)

相変わらずのシュールな終わり方の「TRICK」に満足しつつ。
それでは、では~。

荒瀬先生!だった、ドラマ「医龍」第8話感想。

研修医くんがイヤミ言ったーーー!!!
(やんや、やんや!)

何気に回を増すごとに成長していっている研修医くんが花マルですな。
第一話の『意識不明の患者相手にグチ言ってた人』とは思えません。(笑)
さてさて、今回もドラマ「医龍」の感想いきまっす。

今回は、荒瀬先生の過去話がやってきましたよーーー!!!
見所は、『強気研修医くんと打たれ弱き荒瀬先生』ではないかと。
第2話に続き、今回も自分的に良き話でした。
(ちなみに、おもろ話は第7話がダントツでっす♡霧島兄ーーー!(笑))

しょっぱなは、毎度御馴染みラリってる荒瀬先生。
途中、重体患者(知り合いのバーテンお姉さん)に処置する荒瀬先生がいきなし格好良くなっていて、ズキュン♡ドキュン♡でした。
しかししかし。
胸と足を撃たれて、出血ドバドバ中の超ド級重体患者を目の前にして、突然ズボンに手をかけ出した荒瀬先生
どうしちゃったのーーー!?と思った瞬間でした☆
(自分の頭の方がどうかしてます)
※真相は、まぁ、見た人はわかります!※

途中から助っ人で鬼頭先生もオペに加わるシーンも、カッコ良すぎです!
廊下をスローモーションでハイヒールをカツンッカツンッと高らかに鳴らしながら、悠然と登場する鬼頭先生。
思わずひれ伏してしまうぐらい、激カッコイイであります!

荒瀬先生:「(俺が麻酔やるから)メスだけに集中してろ」
朝田先生:「久しぶりに全力でやれる」
結局、毎度毎度おいしいところをもっていく朝田先生、素敵。(笑)

朝田先生:「俺についてこれる麻酔医は初めてだ」
荒瀬先生:「俺についてこれる外科医は初めてだ」
荒瀬先生、カッコイイーーー!(贔屓しまくり)

そして。
相変わらずの腹黒野口医局長も素敵でした。
めっさど~でもいい感じに棒読み加減で加藤先生に話をしだし、止めは、
野口医局長:「京都はいいよ~。夏は暑いけどね」
ナイス、決め台詞!(笑)
富○通のCMで『地底人』やっていた人とは思えな(以下略)。

そしてそして。
霧島兄がやってきたーーー!!!
微笑み浮かべてやってきたーーー!!!(爆笑)

前話見てからもう霧島兄が出てくるだけで笑い出す自分がいるんですが!?
ごめんなさい!全面謝罪!!m( _ _ ;)m

(↓以下、感動が薄れる発言をします。ご注意を!↓)
救急車内で「心配停止です・・・」と言った後に患者さんの首元が動いていたのを見ちゃったので、涙がひっこみました。
(↑以上、感動が薄れる発言でした↑)

あぁ、来週も楽しみだ♪
霧島兄の微笑みをマスターすべく、それでは、では~。

伝統芸能もオススメですよ。

現在、メトロポリタン・オペラ観たさにやっきになっているため、泣く泣くスルーしたイベントをご紹介。

第57回 京都薪能(たきぎのう)
今日と明日の2公演のようです。

居合いを習いだしてから、立ち振る舞いに関して気になるようにまりまして。
能がその理想系なのです。
なめらかスムーズ動作は、いつも惚れ惚れさせられます。

宵闇の中、焚き火の明かりによって、舞台に浮かび上がるは能役者。
幽玄なる調べに乗せ、残像を残しながら舞い踊る様は、どこか儚げで。
あぁ、その姿はなんと美しいことだろう。

と、勝手に妄想してみたり。(妄想するだけならタダ)

行きたかったなぁ。(しょんぼり)
うぅ~、来年にまわします・・・。

京都住んでる人や近くにいる人は、是非是非観てみてはいかがでしょうか~。
ではでは~。

酒は飲んでも・・・。

呑まれるなーーー!

・・・そんな当たり前の教訓を忘れていました・・・。
現在、絶賛胃もたれ中であります。こんにちは。
飲み会の際、苦手なビールを無理して飲んだり、中国のお酒を替わりにグビグビ飲んだり、アホみたいに料理(中華系のこってりしたヤツ)をバクバク食べた結果、胃が撃沈
ざるそばをすする毎日を送っております・・・。
ざるそば、うめーーー!!!(負け惜しみ)
もしくは、「最高!ざるそば、最高!!」でも可。
(わかる人には、わかるネタ)

飲兵衛のくせに、ビールは苦くて駄目なのです。苦手です。
やはり日本酒が自分には合うみたいです。

苦しみのあまり、ブログ更新やラジオ投稿も忘れてしまうアホです。はい。
皆さんも飲み会時は、お気をつけ下さい。
でないと、こんなアホなことになります。

それでは、では~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。