スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ゲゲゲの鬼太郎」の感想

昨日観た映画「ブレイブ ストーリー」の影響を受け、観たかった映画「バベル」を差し置いて、映画「ゲゲゲの鬼太郎」観て来ました!
妖怪とか興味なさそうな友人巻き込んでな!(鬼)

以降、ネタバレこみの感想です。
ひたすら「大泉さんサイコーッ!」って叫んでます。(笑)
続きを読む »
スポンサーサイト

映画「ブレイブ ストーリー」の感想

あまりにも更新しないのもどうかということで、日常のささいなことでも出来るだけのっけるようにしました、こんにちは。

と、いうわけで、GW中にテレビで放送されていた映画「ブレイブ ストーリー」をやっと観ました。
公開中に行けず、ビデオ屋にも行かない日々が続き、1年も経ってしまった矢先にタダで観れてラッキー!と思ってしまいました。

以降、簡単に感想いれてます。
ネタバレありなので、続きはクリックでどうぞ。
とりあえず、一言。

ミツルファンの皆様、ごめんなさい。(土下座)
続きを読む »

明日公開、映画「ブレイブストーリー」

本日は、七夕ですね。こんばんは。
せっかくなので、世間の風潮に習い、自分も願い事をばお空に向けて願ってみました。

「マンション購入」

・・・「お金持ちになりたい」の方が夢ある回答だったな、と只今絶賛後悔中です・・・。(それもどうよ)
そんな欲まみれな自分でスイマセン。
自分に正直に生きていたいだけです!
(全然格好良くない言い訳の仕方)

さて、いよいよ明日公開。映画「ブレイブストーリー」。
原作者である宮部みゆき先生が好きなので、密かにチェックしてました。
(しかし、原作本はまだ本読んでません)
宮部先生作品は、ミステリーと時代物しか読んでいなかったので、ファンタジー物というのが、何か新鮮な感じがします。

あらすじとかは、公式サイトで各自確認して下さい。
とにかく小さい男の子が自分の運命を変えるため、頑張るお話です。
きた、きたよ。自分の涙腺弱くなるお話がきたよ!

<自分的「この設定だけで泣けてくる」お話一覧>
  ・動物が出てくる
  ・ご老人が出てくる
  ・子供が一生懸命頑張る

たった数十秒の予告編見ただけで、涙目になってますから。
(ミスチルの音楽と松たか子さんのセリフだけで、もうこの状態)
しかも、今回のお話。始めからスゴイです。

父親が家族を捨てて家を出る
  ↓
母親、ショックで倒れる
  ↓
主人公:「こんな運命、間違ってる!」

しょっぱなから、なんちゅうヘビーな展開!
既に冒頭シーンで泣いてるかもしれません。
(いや、ホント、マジで)

で、公式サイトですが、コンテンツ充実していて面白いです。
その中で一押しが「映画予告編」。かなりの量の予告編があります。
さらにその中で、これは是非観てほしいのか、「ミリオネア」編
ワタルくん、みのさんと夢の競演!(笑)
こういう遊び心とか大好きです。
しかも、

みのさん:「問題:原作者はこの中の誰?」
ワタルくん:「・・・まさか、大泉洋じゃぁ・・・?」

それ、どんな「水曜どうでしょう?」!?(爆笑)
そんな「ブレイブストーリー」は、イヤだ!(笑)
他にも、選択肢の人物が「大極宮」メンバーだったり、テレフォン待機中メンバーの中にミツルくん(ライバルだよね?)が何気に混じっていたりと、随所で笑いを誘います。

他にも面白い予告編やコンテンツがあるので、興味のある方は、是非是非公式サイトにアクセスをば。
(日本サッカー応援するのとかもありました)
映画は、混んでない時期に観に行きたいと思います。ではでは~。

またLORがやってますよ~。

只今、映画「ロード・オブ・ザ・リング~第1部~」がフジテレビでやってますね~。こんばんは。
この映画観ると、自分はひたすら
「ガンダルフ、かっけーーー!!!」
「レゴラス、必殺仕事人ーーー!!!」
サムLOVE---♡♡♡

と、叫ばずにはいられません。はい。
この映画を好き好き~♡にさせてくれた原因はただ一つ。
ひとえにサムのおかげです!
サムのけなげっぷりにトキメキメトキス♡(古っ)でありまっす!
・・・サム語りに入りそうなので、自粛いたいします・・・。(アホ)

実は映画化する3年前に小説「指輪物語」を手に入れてたんですが、結局今になっても読んでません
(「お取り寄せ」までして手に入れたのに、今ではふっつ~に書店に並んでて涙・・・)
あ、でも、小説「ホビット」の方は半分まで読みました。あくまで半分・・・。

あ、サムが出てきた!(過敏に反応)
ほら、サム!未来の嫁さんにアタックじゃーーー!!!(気分は近所のおばちゃん感覚)

第1部は、序盤のホビット村の光景がいっちゃん好きなシーンです。
いいなぁ、楽しそうで♪
こんな村に旅行行きたい!んで、まったり過ごしたいなぁ。

最近放送多いですね、コレ。
テレビ版だと、結構シーンがカットされてて泣けてきます。
・・・ヤバイ。またDVD欲しい熱が復活しそうです・・・。
色々映像特典がついてるやつが欲しいです。高くなければいいけれど・・・。
はぅ、オークションとか回ってみるかな。

黒い人達出てきたよ!雲行きが怪しくなってきたよ!
でも、今から健康ランドに行ってくるんで、中断!続きは、サウナ室で!!
ではでは~。

↓もし買うなら、これにしようかと思ってみたり(高いけど、特典盛り沢山!)↓
ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOX セット ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOX セット
イライジャ・ウッド (2005/02/16)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

お~、面!お~、面!カムバックだよ、ダミアンくん!!

「志村けんのバカ殿様」でやってたギャグから、こんにちはです。
本日200日は、映画「オーメンの公開日でありますYO!!!
わざわざ合わせるなよ!とかのツッコミをしたいですが、怖くてできません・・・。
(ガクガクブルブル・・・)

”666”という『獣の数字』の痣?を持って生まれたダミアンくん(悪魔っ子)が、周囲を恐怖のドン底につき落としていくホラー映画・・・だったと思う。多分・・・。
(当時、怖くて断片的にしか観てなかったので、記憶が曖昧)
断片記憶その1:
お父さんだか神父さんだかが、鉄球に衝突。その状態で、鉄球が教会に突っ込む。
教会とかもブッ壊れる。

ちなみに、”666”の数字ですが、「ヨハネの黙示録」にそういった記述があり、意味は「獣、アンチキリスト」みたいな感じに解釈されているとのこと。
「アンチキリスト=神様の反対=悪魔」ってことッスか?だからダミアンくんは、悪魔っ子?
新説で、本当は”616”!という意見もあるらしく、どっちが正しいのかは不明です。はい。
奥が深いぞ、聖書!

ホラー映画苦手なため、結局最後まで観たことないんですよね、「オーメン」。
で、結局ダミアンくんはどうなるの?
てか、ダミアンくんが本当に悪いの?
誰か教えて、プリーズ!!!(怖くて自分では確認できぬ!)

そもそも、ホラー苦手になった原因は小学校時代の先生にあると思うのですよ。
その先生、13日の金曜日になると、必ず帰りのホームルームで「怖い話」をするんですよ。
で、最後に、
「こういう話をすると、幽霊とかが近寄ってくるんだよね~」
と、最後の最後までビビらせるわけです。
・・・そんな帰り道は、友達とキャーキャー言いながら帰ったっけなぁ・・・。(遠い目)
まぁ、霊感0なんで、そういう現象とかわからないから助かってますが。
(母と兄は、バリバリ霊感あり)

とにもかくにも、全世界同時公開な映画「オーメン」を観たい人は観てくんろ!
そして、恐怖の真っ只中でダニアンくんに会ってくるといいさ!
自分は観ない(観れない)がね!(怖いよ、怖いよ~・・・)
ではでは、「お~、面!お~、面!」と素振りをしながら、さようなら~。

期待の映画!「ダ・ヴィンチ・コード」!!

映画「ナルニア国物語」を観た母親が「ライオン、カッコイイ!」を連呼してしょうがありません、ススキノです。こんばんは。
・・・言い分はわかったから、そんなに何度も叫ぶな。
てか、「名前で呼んでやれよ!」とツッコミたいであります、はい。
(ライオン=アスランのこと)

さてさて、只今番組「世界不思議発見」をガン見中であります。
今日は「レオナルド・ダ・ヴィンチ」特集!
【小説】ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダ・ヴィンチ・コード(上)
【小説】ダ・ヴィンチ・コード(下)
ダ・ヴィンチ・コード(下)
もうすぐ公開の映画「ダ・ヴィンチ・コード」に合わせての特番ですな!
ジャン・レノさん、格好良いよ!渋いナイスミドルおじさま、LOVE!!
(「ピンクパンサー」も観たいかも)

ススキノ的期待映画であります!
関連本をいくつか買ってしまうぐらい!(予定外の出費・・・)
5月20日が待ち遠しい!
(前売券、とっとと買いに行かねば!)

「芸術家」であり「発明家」であり「医者」であり・・・、と天才っぷりを大いに発揮している、レオナルド・ダ・ヴィンチ。
生前に書き記したノートの数は優に臆は超えるとのこと。
しかも、現在見つかっている数はその1/4ばかりだそうな。
残りの3/4はどこに行ってしまったことやら・・・。(もったいない!)
ミステリーハンターがマジ羨ましい!
生でノート観れるとは、あなた人生勝ち組!
いいな、いいな~。
あと、今回の番組プレゼント品が豪華すぎ!
全部欲しい!売ってくれ!!
もちろん、安くね!!!(切実)


死ぬまでに一度は行きたいですな、芸術の都・フィレンツェ。
建築物・美術館めぐりしたい・・・っ!
モノホンの「最後の晩餐」観たい!
「タビデの像」観たい!
「最後の審判」観たい!
(・・・途中から、違う芸術家の作品が・・・)

ヨーロッパは、永遠の憧れの地。
いつか巡れることを願いつつ。
ではでは~。
(言いたいことだけ言って終了する、自己満足ブログ)

十字軍です!映画「キングダム・オブ・ヘブン」感想。

今回は、映画「キンブダム・オブ・ヘブン」の感想をばつらつらと。
【洋画DVD】キングダム・オブ・ヘブン
DVD キングダム・オブ・ヘブン 【BEST HITS50シリーズ】

<あらすじ>
物語の主人公は若く美しい鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)。実は勇敢な騎士ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)の息子であることを知ったバリアンは、<キングダム・オブ・ヘブン(天国の王国)>を作りたいという実の父の理想を受け継ぎ、エルサレム王に忠誠を誓い、十字軍の騎士としてフランスから遠く離れたエルサレムへ戦いの旅に参じることになる。

数々の苦難を乗り越え、騎士として成長していくバリアンは、絶望的な運命を背負ったエルサレム王を助け、やがて美しい王女シビラ(エヴァ・グリーン)と禁じられた恋に落ちる。しかし、父から託された使命と誓いを一途に守ろうとするバリアンは、エルサレム王の勧めにもかかわらず、シビラを妻とすることを拒否する。

まさにその時、城門の外にはサラセン帝国の大軍が迫っていた。そして、シビラの夫ガイの反乱。都を守ることができるのは、バリアンとほんのわずかな騎士のみ。エルサレムの人々と愛するシビラの命のために、バリアンは戦いなど知らない住民たちと共に立ち上がる。壮絶、悲壮な戦いを繰り広げる高潔な心を持った“騎士”達。戦いの果てに、バリアンがたどり着いた<キングダム・オブ・ヘブン(天国の王国)>とは……。そして、バリアンとシビラの愛の行方は……?

あらすじが全てを物語ってます。(笑)
とりあえず、ネタバレ込みのMy感想はクリックで続きます。
見たい方は、クリック願いますです。
続きを読む »

あぁ、もう!サムLOVE!!

今日は「ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還~」が放送されていたのですね。

・・・見逃しました。へっ!(只今、やさぐれ中)

まぁ、レンタルで3部作借りて既に観てますがね。
しかも、未公開シーン込みのやつを。

と、いうか、自分がこの作品の感想を語りだしたら止まらないよ?

とにかくサムLOVE!サムLOVE!!
ラビュ~~~ンッ♡♡♡

あぁ、もう!あぁ、もう!!
愛おしいよ、サムーーーー!!!


自分がここまで映画に入れ込んだのって、もしかして初めてかもしれません!!
入れ込むあまり、始終涙ボロボロ!嗚咽必死で我慢したりも!!
普段の自分からは、ありえない姿です!!!

しかも、主人公でなく、相棒にです!
(そういえば、映画「サハラ~死の砂漠を脱出せよ~」の相棒:アルにもトキメキずきゅ~ん!だったな・・・)

はぁ、機会があったら、LORの感想とかも書いてみたいです。
でも、ひたすらサム語りに入ること請け合いですが。(笑)
あまりにもサム語りしすぎて、引かれること必須だと思います。(笑)

まぁ、いい。明日は絶対に観てやるぞ!後編!!

人間について考える、映画「ヒトラー~最期の12日間~」感想

はい、今日も観ますよ、映画をね。ススキノです。

と、いうわけで、今日は「ヒトラー~最期の12日間~」を観ました。

【洋画DVD】ヒトラー~最期の12日間~スペシャル・エディションヒトラー~最期の12日間~スペシャル・エディション【期間限定2枚組】 ◆20%OFF!

◇ストーリー◇
1942年、ミュンヘン出身の若い女性が、アドルフ・ヒトラーの秘書になる。
彼女は追いつめられたヒトラーの最期の日々を近くで目撃。
独裁者をひとりの人間として見つづけた彼女の瞳に映った、本当のヒトラーの姿とは?

1945年4月20日、ベルリン。
ヒトラーは56歳の誕生日を地下要塞で迎えた。
ソ連軍の猛攻により、戦況は日毎に悪化。
極限状態の中、彼はある重大な「決断」をするに至る。
……全てを目撃した秘書が今明かす、衝撃の真実。

・・・ここからネタバレ・・・ネタバレ?な感想となります。
が、あくまでススキノの感想なので、気分を悪くされたくない方は見ない方がいいです。

忠告はしておきました。
「こう思っている人もいるんだなぁ」ぐらいの気持ちで見たい方は見てください。
それでは、クリックで続きます・・・。
続きを読む »

ダコタちゃん!な映画「ハイド・アンド・シーク~暗闇のかくれんぼ~」感想

先週の土曜日にTSUTAYAがレンタル半額だったため、勢いで4本も借りてきてしまったススキノです、こんばんは。
いや~、『半額』とか『XX%OFF』とかの言葉に弱いのですよ、自分。
で、結果。
見事に自分の首を締めております。(も、ギュウギュウとね)
借りたからには見ないともったいないため、1日1本を強制で目標に今日から観てます。

さて、戯言はこのくらいにして、最初の1本。
「ハイド・アンド・シーク~暗闇のかくれんぼ~」の感想をば。

【洋画DVD】ハイド・アンド・シーク~暗闇のかくれんぼ~ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼ 特別編

◇ストーリー◇
9歳のエミリーは母の自殺をきっかけに心を閉ざしてしまった。
父親のデビットは娘の心の傷を癒そうとNY郊外に引っ越すが、娘は架空の友達“チャーリー”と遊ぶようになった。
そのときから飼い猫が殺されたり、バスルームに残酷な落書きがあったりと異変が次々と起こる。
すべてチャーリーの仕業なのか…。

こんな感じのスリラー映画です。

で、こっから超絶ネタバレありの感想です。
なので、これから観ようと思っている人は見ない方がいいです!
「チャーリー」のこと書いちゃってるから!


ひたすら自分の実況っぽい感想になってます。
見たい方は、クリックでございます~。
続きを読む »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。