スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うみねこのなく頃に」アニメ化について

今更ながら知ったのですが、
「うみねこのなく頃に」アニメ化決定
だそうですね。

・・・正直申し上げますと、人気あるからってポンポンポンポンとアニメ化するのは、どうなのだろうか、と・・・。
(OVAならまだいい方かも)

どうしても、「人気ある⇒金にな~る!⇒アニメ化⇒ウハウハ~」の図式が頭の中に浮かんでしまったのですが・・・。
(うす汚れた証拠でしょうか・・・)

まだ「うみねこ」は、出題編の真っ最中。
それなのに、アニメとか漫画とか開始しちゃうのは、そこんとこどうなんでしょうか?
よくアニメが原作追い越して、オリジナルとかをやって「え~~~、微妙・・・」となるあの気持ち。
うわぁ・・・。それは勘弁してほしい・・・。

それに、事件現場の描写とかどうするのか、と。
あと、忘れちゃいけない、
(↓EP2プチネタバレありなので、反転↓)
ベアト様ドS発言とかも。
紗音シールドVSベアト様のあのマシンガントークの中の内容は、凄まじいですから。
(放送禁止用語、確かありませんでしたっけ?)

(↑EP2プチネタバレありなので、反転↑)


気持ちとしては、容易にアニメ化はしてほしくない。
「ファンのため」というよりも、「金儲けのため」としか受け止められない。
ちゃんと後先考えての決定事項なのか。

それでもアニメ化をするのであれば、クリオリティ重視でお願いしたい。
作品全体のバランスとか、事件現場シーンの見る側への配慮、アニメからうみねこに入る人への考慮。
とにかく、やるからには徹底的にやる。中途半端な作品を作ってほしくない。

アニメ化にあたり、色々なご意見があるとは思いますが、自分はやっぱりこう思ってしまいました。
賛成派、反対派どちらがいいということではなく、選ばれなかった方がちゃんと納得いく結果となることを願わずにはいられません。

P.S.
戦人役は、「ひぐらしのなく頃に」の赤坂役:小野大輔さんに決定したそうで。
あ・・・あ・・・赤坂さんが
(↓EP1プチネタバレありなので、反転↓)
「らめえぇぇぇぇ・・・!」
(↑EP1プチネタバレありなので、反転↑)
とか叫ぶのですか、そうですか。
(超誤解を招く発言)
スポンサーサイト

「世界のナベアツ」に乾杯。

昨日、ひさ~しぶりにテレビをつけて「爆笑レッドカーペット」を観ました。
1年間くらいテレビつけない生活をしていたもので、最近のお笑い芸人さんがわからず、ほぼ全員初めて見る人達ばかりでした。

なんか増えてないですか?(汗)

増えた分、お笑いをより長く観れるからいいのですが、全体的に”勢い”だけのネタばっかりで質が落ちてる気が・・・。
自分としては、お笑いの基本は「かけあい」だと思っているので、「かけあい」以外のネタって微妙なんですよね。
(あぁ、「やすきよ」とか「オール阪神・巨人」とか昔の漫才師さん達が懐かしい・・・)

しかしそんな中、一人だけ笑いのツボに入った人がおりました。

そう、「世界のナベアツ」さん!

アンコール・レッドカーペットのネタ。
「笑い殺される」かと思いました。
いやいや、本当に息できなかったですから!呼吸困難になるかと思いましたから!!今日腹筋痛すぎですから!!!

3の倍数+5の倍数ネタ、最強!!!

あぁ、あの映像をもう一度観たい!今度は最後までちゃんと観たい!!
(カウント数10あたりからもう画面観れなくなってた)
カウント数30からは神の領域!!!
もうどうにでもしてくれ!と。


これからは気になる芸人さんとして、心のメモ帳に書きとめた昨日の夜の出来事でした。

お久しぶりだね!特番ドラマ「HERO」

夏もち~かづ~く、は~ちじゅうは~ち~や~♪ドンドン♪
・・・えっ?もう、八十八夜は終わった?気にするな!(適当すぎ)
最近まで「八十八夜=7月頃」だと思い込んでいた人間です、こんにちは。(バカ代表)

さて、昨日は特番ドラマ「HERO」がやってましたね!
月9ドラマから離れていた自分ですが、久しく舞い戻ってきました。
(最近では木10ドラマを贔屓中)

昔の月9ドラマが好きでしたから。
で、調べました。好きだった&比較的見てた月9ドラマ一覧。
・「教師びんびん物語」
・「愛しあってるかい!」
・「101回目のプロポーズ」
・「あなただけ見えない」
・「素顔のままで」
・「ひとつ屋根の下」
・「妹よ」
・「For You」
・「まだ恋は始まらない」
・「ピュア」
・「ロングバケーション」
・「おいしい関係」
・「バージンロード」
・「ひとつ屋根の下2」
・「ブラザーズ」
・「Over Time」
・「二千年の恋」
・「天気予報の恋人」
・「バスストップ」
・「やまとなでしこ」
・「HERO]←2001年放送
・「ラブ・レボリューション」
・「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」
・「人にやさしく」
・「空から降る一億の星」
・「不機嫌なジーン」
・「危険なアネキ」
・「西遊記」

うわ~。懐かしすぎ!(自己満足。調べた甲斐があった)
そう思う反面、そんな昔のドラマだったことに唖然としてます。
若い子とか全然知らないドラマが出てきてると思うよ、多分。
自分にしてはラブストーリーもちゃんと見ていたことに驚きました。
きっと役者さんで見ていたと思いますが・・・。
傾向としては、「家族愛」とか「友情系」とか「ミステリー系」のジャンルが好きなんだな、と。
2003年以降から、離れ気味になっているなぁ、と。
そして、月9だと思いこんでた「眠れる森」が木10ドラマだったことに愕然としております。
「ニューヨーク恋物語」とかも木10ドラマなので、昔から好きだった模様です。恐るべし、木10ドラマ。
・・・あ、しまった。年がばれる!?(汗)

さて、話が逸れましたが、「HERO」感想・・・という名の役者さん感想。
ますは、好きな点。
1.中井貴一さんの演技
ひたすら「中井貴一さん、演技うめーーー!」と絶叫しておりました。
最後らへんの告白シーンでのあのしゃべりの絶妙の間!
すごいとしかいいようがありませんでした!!

2.キムタクさんの切替演技
相変わらずキムタクさんの「不真面目(へらへら~)→真面目(キリッ)」に切り替える時の演技も磨きがかかってると思いました。
あのシーンは見ててスカッとします。あれがあってのキムタクさん!と自分は思っちょります。
しかし、謎のシーンが一つ。
わざわざ手でキャンパス作る意味がわかりません。
しかも、「ロック・オン」て、あ~た。(笑)

あんなことやられちゃぁ、相手不審がってタクシーで即行逃げるわな・・・。(笑)

3.ドランクドラゴンの鈴木さんの警察官
うん、なんかいい味だしてた。(笑)
鶏を2羽同時に捕まえるシーンの「ジモティーですから」発言に笑い。
ナイス、ジモティー!(笑)

以下、残念だった点列挙。
1.堤真一さんが目立ってなかった
う~ん。役上、なんか普通~な人だったからか・・・。残念。
でも、訛りしゃべりがツボでした。もっと聞きたい!

2.山口知検メンバーのキャラが薄い
と、いうよりも、ひたすら東京知検メンバーが濃すぎるだけですね、そうですね。
(自己解決)
あんだけ出てたのに、最後のたった数分の東京知検メンバーの様子シーンで全部持ってかれた感が・・・。
しかし、全員でたばこの吸殻探すシーンとか好きです。
準備する所とか、探してる所とか、発見して喜んでる所とか。

3.東京知検メンバーをもっと出せ。いいから出せ。とにかく・・・(以下エンドレス)
今回の「HERO」、何が楽しみだったかというと、東京知検メンバーも出るみたいな情報があったからです!
あのメンバーが大好きなんだ、自分は!
数分といわず、もっと出てほしかった!話にからんでほしかった!!
が本音。
物語上、無理だけれどさ。でもさぁ・・・。(のの字)
しかし、当時はなんとも思わなかったのですが、東京知検メンバーって滅茶苦茶豪華な役者陣で固められてますな!

「HERO」自体の感想が少ないという点は見なかったことにして下さい。お願いします。(土下座)
そして、一番の驚きポイントが、途中のニュース速報、
「サッカー選手・中田英寿さんが現役引退」
だったことは内緒の方向で。(笑)
「公式サイトにアクセス集中でサーバがダウンしてたりなぁ」とかいらん想像してしまいました。
今日の朝、会社で自分も見ちゃいましたよ、公式サイト。

・・・しまった。話が逸れすぎた・・・。
そういえばドラマ「医龍」最終回感想書いてなかったことを思い出しながら、さようなら~。

前半部分見逃した!ドラマ「医龍」第10話不完全感想。

出張とか健康ランドとかでバタバタしてました、こんばんは。

さて、忘れた頃にやってくる。
先週のドラマ「医龍」の感想ですが、その間出張中だったため、急いで宿泊先に帰るも、
前半見逃した!なんたる不覚!!
なので、不完全感想ですが、今回もダラダラれっつらご~。

テレビつけた瞬間、研修医くんが霧島兄になんか諭してる場面でビックラこきました。(笑)
研修医ごときに諭されてる霧島兄。・・・ぷぷっ!(笑いを堪える気、なし)
で、やっぱり研修医くんは逆スパイってことだったらしい。
何気に策士か、あなたは?今回で研修医くんの株、絶対上がったな。
白だったか・・・。黒もなかなか良かったのに、いやはや残念。(ええーーー!?)

そんな中、バチスタメンバーのイメトレ回送シーンが流れ、
朝田先生の例のアレシーンが久しぶりにキターーー!!!
上半身何故かはだか(流石に下半身はズボン履いてますYO!)で一人屋上で手術のイメトレとは到底思えない謎な太極拳チックな動きをする朝田先生。
毎回思うのですが、なんのライブですか?朝田先生。
一緒に見てたお義姉さん(「医龍」見るのは初めて)が画面の前で疑問符の嵐だったのが印象的でした。(笑)

義姉:「彼は何をやってるの?」
自分:「そんな無粋なことを聞いてはいけません。これが彼の見せ場なんですよ!
義姉:「はぁ。よくわからないけど、お医者さんも大変ねぇ

まぁ、間違ったことは言っていないはず。(笑)

研修医くんに言い負かされて、呆然(?)としている霧島兄。
や~いや~い、と思っていたら、なんか効果音キタですよ!
まだ終わっちゃいね~ぜ!って感じの霧島兄。いや、頑張るね~。(笑)

バチスタ手術やんべ!ってことで、スタンバってた各メンバーが電話に出るんですが。
もう電話に飛びついちゃう荒瀬先生、素敵ーーー!(またそれか)
今回の荒瀬先生の見せ場だと思うよ、コレ。
(麻酔シーンの方が見せ場なのでは・・・)

で、お偉いさん方が教授会でいない中、手術スタートです。
今回の自分的見所は、2つ。
1.やたらめったら色んな人に「バチスタチームが手術やるだって!?」とふれ回り、大勢の人を引き連れてかけつける木原先生(ただし、見学)
2.手術中の荒瀬先生の一挙一動に逐一反応し、実況中継してくれるナース2名

1は、全員仕事しろよ!と思ったです。
あと、先頭に立ちたがる木原先生、素敵。(笑)
2は、あのやり取りがおもしろかった!でした。

荒瀬先生:「ひとーちゅ、ふたーちゅ、みっちゅ・・・」
ナースズ:「赤ちゃんが数なんてわかるわけないのにねー」
(しばらくして、赤ちゃん大人しくなる)
荒瀬先生:「はい、落ちたー」
ナースズ:「眠ったーーー!?(驚愕)

みたいな。(笑)

手術シーンは至って真面目。
木原先生の実況中継のもと、見てるこっちもハラハラドキドキ~。
が、ここでまたしても効果音と共に登場な霧島兄。
あの効果音は、もう彼のテーマソングみたいなものなのか?
「手術はすぐに中止になります」と自身満々に言い放つ。
ストレスで胃に穴があきそうな野口医局長に患者のカルテを渡し、「まだバチスタチームには言っていない情報なんですが・・・」ともったいぶる。
病名はよくわからないですが、とにかくその病気のせいで血管が詰まる危険性があるとかで、手術続行が不可能っぽいようで。
手術中にそれに気づいたバチスタメンバー。どうなる!?
ってところで、次回最終回!!
霧島兄の嫌がらせに、勝てるのか!?バチスタチーム!!
(そういう問題ではない)

とりあえず、一言言わせて欲しい。
患者の病名、全部伝えとけよ、霧島兄!
患者の身にもなってみろ!
執刀する医者が情報不足のまま手術って、どこをどうやって医者を信用すればいいんだよ!
もう怖くて安心して病院行けねーよ、自分!
昔、医者で嫌な思いをしてるから、ただでさえ病院には色々と思うところがあるのにさーーー!(泣)

てなわけで、とうとう涙の最終回。
現在、霧島兄圧勝っぽい感じですが、最終回でどう覆るのか!?
楽しみでもあり、終わってしまう寂しさもあり、複雑・・・。
ドラマ観終わったら、漫画も見てみようかと思います。
・・・あっ、その前に、最終放送日は用事でその時間帯いないんだった・・・っ!
録画を忘れずに!ではでは~。

霧島兄祭り!ドラマ「医龍」第9話感想。

7人の女弁護士、もう終わってしまいましたね。
釈さんの「お逝きなさい」ポーズがもう見れなくなると思うと、残念でなりません・・・。
(だから、ソレ違う番組!)
話自体は面白かったですが、果たして「逃げられませんよ」ポーズを入れた意味があったのか、最後まで謎だったドラマです。

そんなアンニョイな気分の中、その次のドラマ「医龍」も今週もかかさずチェック!
今回も自分的感想をレッツラゴー。

まず、今回全体の感想を一言で言い表すならば、もうこれしかないです。
「霧島兄祭り」
としかいいようがない回でした。
脳内で「ワッショイ、ワッショイ」言いながら、霧島兄を絶賛胴上げ中であります。はい。

しょっぱなの霧島兄登場から、もう自分の心はガッチリ霧島兄に持っていかれました。
(違った意味で)
「さぁ、今度は何をやらかすのかしら?」と思いながら、一方その頃、チームドラゴンは・・・、と場面が変わり。
患者さんと一緒にチームドラゴンメンバーの写真撮影は、ホームドラマと見間違うぐらいのあったかさでしたね。
なんだ、あのほのぼのムードは。一瞬番組間違えたのかと思いました。
しかも、荒瀬先生も一緒に写真撮ってる!
あぁ、荒瀬先生ってば、(性格が)丸くなってる~。
と、思っていたら、手術シーン以降からはバリバリ絶好調の荒瀬先生が拝めました。
研修医くん、ボロクソに扱き下ろされてました。
「真ん中分け」発言はヒドイですよ、荒瀬先生!(笑)
自分が甘かったです。むしろ、磨きがかかっていました。
ナイス、荒瀬先生クオリティ!!
朝田先生と荒瀬先生のやり取りが大好ぶ・・・、コホン、大好きです。
プロ同士にしかわからないって感じの雰囲気が素敵すぎであります。

荒瀬先生:「下手な外科医が余計な出血させて、輸血する羽目にならなければの話だけどね」
朝田先生:「俺を誰だと思ってる?」(確かこんな会話?)
カッコイイよ、二人とも!

何気に実は優秀かも?な研修医くんの成長っぷりと、「これが私の作ったチーム」と、チームドラゴンを母親的な目で見ていた加藤先生も印象的でした。

が、○士通の地底じ・・・、コホン、野口医局長は、チームドラゴン解散させる気満々。
ちょっ、待っ・・・!
せっかく荒瀬先生がチームに入った矢先に解散なんて!
ヒドイよ、腹黒タヌキの野口医局長!(泣)

「もう教授になる・ならないに関係なく、せめてチームドラゴンだけは何としても残したい」と加藤先生奮起。
メンバー集めてお疲れ会を開くも、やはりここで漢(おとこ)・朝田先生が期待通りの一言。

朝田先生:「俺はこのメンバーでしかやらない」(だっけか?)

その一言で、メンバー一人一人が朝田先生の手に合わせていき、「私についてきたら、(将来が)危なくなるのに」(だっけ?)と言いながら、でも嬉しさに涙する加藤先生。
いやはや、えぇシーンでした。
どこの青春ドラマかと、またしても一瞬番組間違えたかと思いました。

で、そんな爽やかシーンを覆すべく、またまた霧島兄登場!
何やら研修医くんを引き抜こうとしている模様。
研修医くん、ムッとしながら「失礼します」と退出。
ナイス、ヒール役!霧島兄!!

・・・が、またしても甘かった。
この程度のことで悪役!悪役!喜んでいる場合ではなかったのですよ・・・。

藤吉先生の「世界一の内科医(by荒瀬先生)」っぷりが伺える、子供とのやり取りを微笑ましく見ていると。
チームドラゴン解散有耶無耶の中、第三回目のバチスタ手術の患者が運ばれてきました。
その患者のカルテを見て、朝田先生・加藤先生が驚愕。
えっ、何、何がどうしたのっ!?
苦渋に満ちた感じでメンバーに今回の患者について説明。
今回の患者、体内器官が普通の人とまったく逆位置にあるといった、大変珍しく、手術が極めて難しいケースにあたるとのこと。
しかも、患者はなんと赤ちゃん!小さすぎて、さらに難易度アップ!
呆然とするメンバー達(自分も呆然でしたさ)に、さらに追い討ちをかける衝撃な事実が。

その患者、元は霧島兄がいたとこの病院から来ただってーーー!?

怒り心頭のミキさんは、さっそく霧島兄に詰め寄ります。
霧島兄曰く、
「朝田が一番苦しむことは、自分の目の前の患者を救えないことだ」
と、ニヤリと微笑む。
さらに、
「手術をやると言ってきても、どんな手段を使ってでも止めるがね」
(手術失敗させるわけにはいかないから。今後の病院の信頼とか関わってきそうなので、の意味だと思われ)
と、さらに強気発言。

・・・いやはや、もう、なんつーの?
今まで生きてきた中で、こんな回りくどくて面倒で大掛かりな嫌がらせを自分は見たことがない!
スケールでかいんだか小さいんだか、どう判断すればいいの、コレ!?
荒瀬先生や藤吉先生の印象シーンが、遠いお空の向こうに見事飛びました。
もうこのシーンの強烈っぷりには頭が上がりません!


あ~、でも、何話目か忘れましたが、伏線ちゃんとありましたね。
霧島兄のいた病院で「お願いします」と頭を下げてた両親の姿。
夜に霧島兄が見ていた赤ちゃんがこの子ってことなのか?

とりあえず、自分から言えるのはこれだけだ。
ミキさんとお話できて良かったね、霧島兄。(爽やかに笑)
会話後に「ミキと話せた」と嬉々として微笑んみを浮かべ、内心喜んでいようものなら、自分は霧島兄に完全敗北です。
それと同時に、自分の脳みそのヤバさっぷりが伺えます。

7話のせいで、『妹LOVE』としかもう自分には見えないよ、霧島兄・・・。(涙)

さらに衝撃は続きます。
夜に霧島兄の下に来た、チームドラゴンの誰か。
「これからチームドラゴンの情報流しを頼む」と、微笑む霧島兄。
一体誰だよ?と、思っていたら、
(↓以下、ネタバレ。反転で見れます↓)
「研修医くん」、キタよ、コレーーー!!!
めきめきと成長してきて最近目立ってきたと思ったら、こんなところで大注目を浴びることになるとはっ!
8話で毒吐けることも確認済みだから、これからは黒い部分を大全開なのか!?
とうとう悪の道に入っちゃうのか、研修医くん!
それとも、逆スパイなのか、研修医くん!!
どっち?どっち?どっちなのーーーっ!?
確実に言えること。それは、
「立ち位置次第で、彼の株が大暴落か大暴騰かの二つに一つ!」
まさに大博打だね☆頑張れよ!
これからの彼の活躍から目が話せません。

(↑以上、ネタバレ。反転で見れます↑)

そして、最後に朝田先生が「手術断念します」って言って、今回は終了。
一気にヒートアップなドラマ「医龍」。
次回がとっても気になります!
霧島兄の微笑みマスターは無理!とやっと理解できたところで、さようなら~。

備考:
ドラマ「医龍」の各話の視聴率の情報をGET!
際立った2つを比較。
<今現在の最高視聴率>
第8話:16.6%
荒瀬先生、大活躍だったからね!

<今現在の最低視聴率>
第7話:12.7%
これ見た瞬間に爆笑しましたから、自分。
もうみんなちゃんとわかってるね!
ナイス、霧島兄クオリティーーー!!


さてさて、第9話は何%になることやら。

荒瀬先生!だった、ドラマ「医龍」第8話感想。

研修医くんがイヤミ言ったーーー!!!
(やんや、やんや!)

何気に回を増すごとに成長していっている研修医くんが花マルですな。
第一話の『意識不明の患者相手にグチ言ってた人』とは思えません。(笑)
さてさて、今回もドラマ「医龍」の感想いきまっす。

今回は、荒瀬先生の過去話がやってきましたよーーー!!!
見所は、『強気研修医くんと打たれ弱き荒瀬先生』ではないかと。
第2話に続き、今回も自分的に良き話でした。
(ちなみに、おもろ話は第7話がダントツでっす♡霧島兄ーーー!(笑))

しょっぱなは、毎度御馴染みラリってる荒瀬先生。
途中、重体患者(知り合いのバーテンお姉さん)に処置する荒瀬先生がいきなし格好良くなっていて、ズキュン♡ドキュン♡でした。
しかししかし。
胸と足を撃たれて、出血ドバドバ中の超ド級重体患者を目の前にして、突然ズボンに手をかけ出した荒瀬先生
どうしちゃったのーーー!?と思った瞬間でした☆
(自分の頭の方がどうかしてます)
※真相は、まぁ、見た人はわかります!※

途中から助っ人で鬼頭先生もオペに加わるシーンも、カッコ良すぎです!
廊下をスローモーションでハイヒールをカツンッカツンッと高らかに鳴らしながら、悠然と登場する鬼頭先生。
思わずひれ伏してしまうぐらい、激カッコイイであります!

荒瀬先生:「(俺が麻酔やるから)メスだけに集中してろ」
朝田先生:「久しぶりに全力でやれる」
結局、毎度毎度おいしいところをもっていく朝田先生、素敵。(笑)

朝田先生:「俺についてこれる麻酔医は初めてだ」
荒瀬先生:「俺についてこれる外科医は初めてだ」
荒瀬先生、カッコイイーーー!(贔屓しまくり)

そして。
相変わらずの腹黒野口医局長も素敵でした。
めっさど~でもいい感じに棒読み加減で加藤先生に話をしだし、止めは、
野口医局長:「京都はいいよ~。夏は暑いけどね」
ナイス、決め台詞!(笑)
富○通のCMで『地底人』やっていた人とは思えな(以下略)。

そしてそして。
霧島兄がやってきたーーー!!!
微笑み浮かべてやってきたーーー!!!(爆笑)

前話見てからもう霧島兄が出てくるだけで笑い出す自分がいるんですが!?
ごめんなさい!全面謝罪!!m( _ _ ;)m

(↓以下、感動が薄れる発言をします。ご注意を!↓)
救急車内で「心配停止です・・・」と言った後に患者さんの首元が動いていたのを見ちゃったので、涙がひっこみました。
(↑以上、感動が薄れる発言でした↑)

あぁ、来週も楽しみだ♪
霧島兄の微笑みをマスターすべく、それでは、では~。

懐かしい日本がここに。スペシャルドラマ「ザ・ヒットパレード」

・・・今、観終わりました。
スペシャルドラマ「ザ・ヒットパレード~芸能界を変えた男・渡辺晋物語~
出演者人が豪華です。めっさ豪華。
あと、何気に出てる人(役名の方、ザ・ピーナッツとか青島幸男さんとか植木等さんとか)が知ってる人、多くて驚きました。
さらに、あの「ザ・ヒットパレード」の歌、知ってまして、そっちにも驚きました。

あの昭和前半の雰囲気、何故だかとても懐かしい感じがするんですよね。
自分、その時代に生まれてないんですがね。不思議です。
で、気が緩むと、涙目なんですよ。
別に悲しいわけでもないのに、何故だかあのお茶の間の風景とか見ると、ポロッと出てきて困ります。
きっと、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」観たら号泣するタイプだと思います。

芸能界の大変さとか厳しさとか怖さとか成功とか挫折とか衝突とか。
やはり昔からあるのだなぁと改めて感じました。
前半の仲間達と一丸となって番組を作っていく時の過程は、観ていてドキドキワクワクしましたし。
後半の渡辺さんと社員達との間にじょじょに溝が出来ていく・意見の対立の画面は、芸能界の難しさを感じたり。
(でも途中から渡辺さんが元に戻って、一安心)

印象的だった場面は、
前半:「ザ・ヒットパレード」の番組作りの過程
後半:キャンディーズの3人に「芸能界止めたい!」と言われた時の渡辺さんの「(止めて)いいよ」の場面
ですかね。

観ている最中、「室井さんが笑ったーーーっ!?」と別の感動もあったりなかったり。
(それ、別の番組だからーーーっ!!!)

それと、途中途中で入る、坂本九さんの「上を向いて歩こう」のBGM。
あれは反則です。自分に「泣け」といっているようなものです。
あの歌はホント名曲で、聴いただけで泣きそうになって困るんですってばっ!!!(同意見求む)

観終わった後は、心がほっこり温かくなりました。
DVDとか出ましたら、借りてまた観たいなぁと思いました。
それでは、では~。

マーベラス、霧島兄!ドラマ「医龍」7話感想。

ブログには全然書いてませんでしたが、ドラマ「医龍」はかかさず毎回観てます。
が、今回はあまりの衝撃っぷりに感想書かせていただきます!

さて、今回の回でミキさんと霧島さんの謎だった関係が明らかになりましたね!
(↓ネタバレ↓)
まさか「異母兄弟」だったとは!?
(↑ネタバレ↑)
まぁ、既に漫画読んでた友人に聞いて知ってましたが、やっぱり衝撃的でしたね。

しかししかし、こっからがもう霧島兄の本領発揮!
なんですか、あの妹LOVEっぷり朝田先生への嫉妬っぷりは!?

ミキさん:「あたし達の邪魔をしにきたの?」(こんなんだっけ、セリフ?)
霧島兄:「あたし・・・?」

とか

ミキさんと朝田先生との手の大きさ比べっこ時の霧島兄のドアップ顔

とか

予告時の
霧島兄:「ミキはどうした?(元気か?)」(でしたっけ?セリフ)

とか。

霧島兄、ナイスキャラ!ブラボー、霧島兄!!(笑)
この姿見た後に、再度『霧島先生、バチスタ手術成功』の話を聞いても、

・・・手術成功?AHAHA!ナイスジョーク!!!(親指立てる)

としか、思えない自分がおります。(鬼)

さ~て、来週の「医龍」は~?(サザエさん風に言うべし)
やっと、ようやっと!自分的大絶賛応援中の荒瀬先生がお話に絡んできますですYO!!!
あぁ、すっごい楽しみ!ラリってるようで時たま真面目になる時の荒瀬先生、サイコー!!!(褒め言葉)

ではでは~。

円楽さん、お疲れ様でした。

今日、冬から伸ばしっぱなしだった髪を切ってサッパリ~☆なススキノです。こんばんは。
なんだか頭がとっても軽いです。脳みそは元から軽いですがね・・・。(自虐的)
あれだ。気分は「羊の毛刈り」。
溜めに溜めた毛をバリカンで刈られていく羊の感じ。
と、いうくらい、ものっそい量の髪が自分の回りに落ちてました。
(店のちり取りパンパンだった・・・(汗))
余裕でカツラ一つ分作れると思います。
もしくは、ホラー映画の小道具として使うといいよ。リサイクル!(笑)
髪の量が人より多いので、将来禿げないか心配です・・・。(シャレになんねー)
今から、リー○21とか見とくか・・・。

さて、久しぶりのネット徘徊。
悲しいお知らせを発見しました。
円楽&こん平 笑点勇退

自分の大好き番組である「笑点」の顔ともいえる三遊亭円楽師匠。
病気で倒れて以来、いつか復帰してくれるよねと思っていたのですが、残念なことに。
林家こん平さんも降板の可能性が出てきたとのことで、あのメンバーで「大喜利」をもう見れなくなってしまうのが寂しいです。
お二人とも、身体をお大事に。

はぁ~、妙に自分も年くってきたなぁと実感してしまったニュースでした。
さて、「世界不思議発見」でナスカの地上絵でも観ますか~。
それでは、では~。

追記:
(笑点観てるからって)年寄り臭いとか言わないの。

豪華度アップでリターンですぞ!ドラマ「富豪刑事デラックス」

いや~、ドラマ「富豪刑事デラックス」観ましたよ~。
のっけから船使ってのロケですか!相変わらず金かけてますね~!!
ミステリーもの大好き(ただし、推理できない)なので、その部分も楽しめて1つで2つおいしい番組であります。
おじい様との寸劇もお変わりなく、一安心です。(寸劇言うな!)

前回の「富豪刑事」から好きな番組です。
毎回毎回、金を湯水のごとく使う美和子お嬢様。
あれだけ潔い使い方は、いっそ清々しい!庶民のあこがれであります!!(笑)
深キョン、はまり役ですな!カワイイよ、おとぼけお嬢様!
そして、あの伝説の最終回!
ミッチー&松崎しげるさんによる「愛のメモリー」唱和!
おじい様を救うため、トラック満タンの札束をバラ撒く美和子お嬢様!
(確かその時、「金で命が買えるか!?」「それはどうかしら?」のやり取りあったような・・・)
最後は、おじい様と共にお札の雨の中をきらびやかにお帰りになる美和子お嬢様!(仕事は!?)
しかも、「うふふ」「あははは」とお二人共優雅に笑いながらであります。
最強です!!あんたが大将ーーーっ!!!(笑)

さて、シルバーキャットは一体どこにいってしまったのか?
家元で起きた次女自殺事件は、本当に自殺なのか?
来週は解決編です。お見逃しなく!
(通常は1話完結形式ですが、今回は初回スペシャルにつき、2話完結形式)
それでは、では~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。