スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去日記アップのお知らせ(インフル闘病記編)

はい、2月の地獄、インフルエンザ時の様子を書いた過去日記アップしました。

こちらのカテゴリ(インフル闘病記)から一気に見れます。

ではでは~。
スポンサーサイト

ススキノ闘病記・後日談~白い悪魔再び~

あぁ、心地よい夢の世界からおはようございます。
ススキノ、ススキノでございます。(キラキラ~☆)

(酒のおかげで)久しぶりにぐっすり寝れました~。(キラキラ~☆)
永遠の眠りにつかなくて良かったです。
(洒落になんねー)


さて、眠いのを振り切って、診察時間ギリギリに病院に行ってきました。

が、その前に。
近所のおばさんと出会い、ちょいと世間話をしました。
で、ぶっちゃけ行った病院ですが。
ヤ・・・、ゲフッゴフッ!・・・失礼。
あまり評判が宜しくないとのこと。
・・・まぁ、インフルエンザ治ったからいいですよ・・・。
それに、薬は嘘ツカナイ!!!

診察の結果、インフルエンザはなくなったとのこと。
ただ、インフルエンザ時に気管支が弱ったので、それをまだ引きずっている様子。

・・・おのれインフル!
去った後もいらねープレゼントを残しやがってからに・・・っ!!!


と、いうわけで、しばらく薬漬けの日々を送ることになります。
(また誤解を招く発言を)
しかし、腑に落ちない点が1つ。
薬の量がインフル時と変わってないのは、どういうことだ!?

そして、
咳止め

また出やがったYO、白い悪魔っ!!!
室内で銀世界☆を味わうのは、もうコリゴリなのに・・・っ!!!
粉薬は嫌いだーーー!

やはり人間、健康が一番なのだと思い知った、一連の出来事でしたした。

ストップ☆THE 息!?

はい、毎回睡眠時間が減っていっているススキノです。
昨日はとうとう1時間未満でお目目パッチリ☆

相も変わらず、息をする度に咳が発生します。
なに!?自分、息すんなってこと!?
生きるなってことぬぁのくぅぁぁぁ・・・っ!!?
(被害妄想UP中)


と、叫びたくてしょうがいないのですが。
叫ぼうもんなら、つかさず咳&警察に連行されるので、心の中でのみやってます。
しょうがないので、ひっそりひっそりと呼吸器官に気を遣いながら息をしております。
・・・なんて、低レベルで卑屈な生き方・・・。(泣)

まぁ、それでも明日の飲みは行くけどNE♡
(飲んだくれの鑑だと褒めてつか~さい(切腹))

だから、あれ程確認しろと・・・(小一時間経過)

本日、インフルエンザ時にお世話になった病院に再度行く予定だったのですが・・・。

休診日:日曜日、第1・3水曜日

第1水曜日

○| ̄|_
(思わず、顔文字)

・・・て、今日じゃん!?会社半休した意味ねーーーっ!!

引越し前に行っていた病院も見てみるも、全部「休診日:第1・3水曜日」でありました・・・。

もう不貞寝しかありません。
(開き直りやがった!?)


とりあえず、もう会社休んでいられないので、土曜日までなんとか根性で過ごします。
あぁ、また眠れない夜が続くのか・・・。(泣)

備考:
この腐りきった根性のせいなのか、さらに悪化しました・・・。
もう性根を叩き直してもらうために寺行くしかないのか・・・?

死ぬかと思った・・・(2回目)

はい、イカの夢とか語ってる場合ではないです、ススキノです。

今回、また死にかけました。
そしてお初症状発生。

会社で呼吸困難になりかけました・・・!

インフル治った!とか油断してたのが不味かった。
ぬか喜びでした。
突然、咳が悪化したのです。

息を吸おうもんなら、そうはさせじと咳が出て。
それが1分ばかしも続いた日にゃ。
ホワイトアウトもするわ~な・・・。
(ブラックでないところがミソ)


穴という穴から、変な液出てたよ。確実に。

と、いうわけで、明日再度病院リターンバックしてきます。
いつからこんな軟弱者に成り下がったの、自分・・・?

追記:
どうしてインフルエンザ中から変な夢ばかり見るのかわかりました。
要は、睡眠不足だからです。
インフルエンザ中=寝たというより、意識失ってた
インフルエンザ後=夜に悪化する咳のため、まともに寝れてない
・・・原因がわかったところで、あんまし嬉しくないし・・・。

ススキノ闘病生活4~真の敵は・・・~

寝込んで、早4日目。
やっと、ようやっと、体温が37~38℃付近まで落ち着きました。
あぁ、回復の兆しに涙・・・。

で、今日、とんでもなく大打撃な真実に気づくこととなりました。

いつも飲んでる薬。
1度に6つくらい飲まないといけないんですよ。
で、徐々に数が減っていく中、やたらめったら多く余っている薬が1つ。
「おかしいなぁ?どうしてだろ?他の薬と同じ回数飲んでるのに」と疑問に思い、袋の表をよ~く見てみると・・・。

こちら、1回2薬を飲まないといけなかったのです。

しかも。

今回一番自分が切に願った熱下げを手伝う、「解熱剤」だったのです・・・っ!!!

・・・・・。
お・ま・え・は、アホかーーーーーっ!!!(大激怒)

そう、今回の闘病。
真の敵自分自身だったのですYO!!!
ちゃんと分量通りに飲んでれば、もっと早くに熱下がったに違いない!

この時ほど自分のバカさ加減にうんざりしたことはありませんっ!
ムキーーー!(大号泣)

・・・とりあえず、とっとと治しますね・・・。
ははは・・・。(脱力&戦闘不能)

ススキノ闘病生活3~ヤツの脅威にドンドド~ン☆~

・・・この時ほど、ヤツの脅威に慄いたことはありませんでした・・・。(後日談)

(脳みそヤバ気な)夢から覚めた自分を待っていたのは、切ない現実。
そう、それは、熱が一向に下がらないのです!

いつもの自分の熱の下げ方は以下のとおり。
◇用意するもの◇
 ・布団
 ・毛布とかかけ布団とかあるだけ
 ・ホットカーペット
 ・パジャマ数セット
 ・タオル数枚
◇やり方◇
 ①ホットカーペットを最大まで上げます
 ②ホットカーペットの上に布団をひきます
 ③パジャマ(できるだけ厚いやつ)を着ます
 ④毛布・かけ布団をあるだけかけます
 ⑤15~20分、暑いのを我慢して布団の中でじっとしてます
 ⑥大量の汗をかいたら、布団から出て換えのパジャマに着替え、⑤を再度行います

これを3セット行えば、確実に2℃は体温落とせてました。
そう、只の風邪ならば・・・。
が、ヤツは違った!インフルは、そんなことではビクともしなかったのです!!
確かに39.6℃ → 38.2℃まで落ちましたよ、体温!
でもさ。
その3時間後に平気でまた元に戻ってるんですよっ!?(大泣)
3セット×2回やっても効きゃぁしない!!
仕舞いには、自分の方が水分不足で余計に症状悪化してましたさっ!!!(泣)

そしてそして、この一撃。
食欲の権化~である自分が、この自分が!
(吐き気以外で)食欲ないなんて、ありえない事態になってましたっ!!!
腹に入るのは、アクエリアスとバターロール半分。
(バターロールは薬飲むために、無理矢理入れてます)
雑炊すら入りゃぁしない。
ぶっちゃけ、気分は『世界が滅ぶぞ』的な感じです。
(大袈裟だけれど、そんな感じ)
かなりのショックでした・・・。

・・・ふっ、完敗だよ。完全敗北だよ、インフルよ・・・。
もう、煮るなり焼くなりすきにするがいいさ・・・っ!(ヤケクソ)

あぁ、本当にコレ、治る病気なの?
と、いつになく弱気なススキノの明日はどっちだ!?

ススキノ闘病生活2~ヤツの名はINFURU☆~

・・・目を覚ますと、身体が動きませんでした・・・。(いや、本当に)
朝っぱらからこんな調子です、ススキノです。

喉がやられて声も出せないため、メールで連絡するしかなかったのですが。
計100文字にも満たない文章を30分もかけて作成したなんて、初めての経験です。(泣)
そして、只今の体温を測るも、昨日と同じく39.6℃(最高記録、更新する気満々な数値)。

父親の協力の元、いよいよ病院に行くことに。
ついた瞬間、へたり込みながらも受付口へ移動する自分。
(かなり驚かれたと思う)
あまりの様子に受付のお嬢さんは、すぐさまベットまで案内してくださいました。(アホですいません・・・)
しばらくすると、先生登場。
現在の症状を話し(声がでないため、身振り手振りで)、うんうん頷く先生。
すると、「では、検査のため、ちょっと失礼しますね」と、
いきなり鼻に長い棒状のものを突っ込まれました。
いや、驚きました。
そして、痛かったです。
(だって「ズボッ」ていったよ、「ズボッ」てー!)


再びベッドにへたり込むと、今度は看護婦さんが登場。
そして、衝撃の一言を宣告。

「検査の結果、インフルエンザA型にかかっていますね」

・・・なに?インフルエンザとな?・・・
あの世間で話題の例の病気っすか?
まさかまさか、自分がかかるとは・・・っ!?
呆然としながらも薬を受け取り、病院を後にしました。

さてさて、インフルエンザですが。
実は自分、初めてかかりました。
なので、この後に味わう地獄をこの時は想像もできなかったのです・・・。

さて、夜になりお薬タイムです。
(昼は結局飲める状態ではなかった)
貰ったお薬を確認。
タミフル

おぉ、これが話題の「タミフル」ってやつか。

さて次は・・・。
ツムラ


・・・へ?ツムラですか?
バスクリン?(違っ)
どうやら漢方薬のようです。
初漢方!!

あれ?まだある。
咳止め


・・・・・。
え?麻×△■○(これ以上のネタはヤバイので、情報削除)
あれでした。咳止めっぽいです。

粉系の薬は苦手ですが、これも病気を治すため!根性で飲みます!!
が、予想通りむせて、あたり一面白の世界です。(笑)
なんて予想を裏切らない奴なんだ、自分っ!(自画自賛です)


そんなこんなで高熱にうなされたまま、初のインフルとの邂逅を果たした一日が終わりを迎えました。

・・・明日はまともになってるといいな・・・。

ススキノ闘病生活1~下駄を鳴らしてヤツが来る~

・・・ヤツとの出会いは、既に始まっていたことだったのです・・・。

東京から帰ってきた次の日、普通に会社に行きまして、普通にお仕事してました。
お昼も平和に過ぎていき、おやつの時間に差し掛かった頃。

異変が起きたのです・・・。

なんだかゾクゾクと寒気がし出し。
咳も少しばかり激しくなり。
(咳は花粉症の頃から元々なっていた)
目の前がぼんやりしてきたではありませんか!

どうしたんだろう?とは思ったものの、肩掛け装備で再度仕事にとりかかるも、10分、20分と過ぎていく内に、症状はどんどん悪化の一途を辿る一方。

流石におかしいと(やっと)気づき、定時後に健康管理室(保健室みたいな場所)に行き、体温計を借りて、グハッ!と思わずうめき声。

39.1℃でした・・・。

この数値を見た瞬間、一気にだるさが圧し掛かってきました。

とりあえず、課長に経緯を報告し、今日は定時帰りをすることに。
が、前にも風邪で1日休んだため、大変気が引けてなりません。
「そんな場合ではないだろう」との周りの説得を聞き、急いで帰ることになったわけですが・・・。
「その前にトイレへ」と寄ったのが不味かった・・・。
そこで、1時間ダウンする羽目に・・・。
(座った身体が動かなかったため)

その後、まだ残っていた根性と気力で生まれたての小鹿のごとく起き上がり、薬局屋へ向かいます。
病人の命の源「アクエリアス」数本。
内部の熱を逃がしてけれ~な「熱さまシート」1箱。
人にうつすな!「マスク」1袋。
あとは、パンだおかゆだの病人食一式。
ヨロヨロとレジに持っていきます。

さぁ、荷物だけは着実に増えていく一方、体力はひたすらマイナスに削り落とされていってます。
そして、運が悪いことに今日は雨。
普段ならカッパを着て自転車で帰るところですが・・・。
問:こんな大荷物抱えてふらふら状態の中、ススキノは正常に自転車に乗れるかどうか?

答:そんなん無理やがなっ!!!死人が出るっ!!!人様に迷惑がっ!!!

と、いうわけで、大人しくバスを使って帰りました。
んが、このバス。
交通整備だかの事情により、乗る場所が変わってしまっていたため、道のりが遠くなりました。
ようやく辿り着いた頃、無常にもバスが行ってしまいました。
・・・次のバスまで15分あまり・・・。
しかも、カッパを使えない状態であるため、雨具ナッシング。
なので、ひたすら雨の中、濡れまくり状態で待ってました・・・。

ずぶ濡れネズミになりながらも我が家に到着。
意識が無くなりかけながらも着替えを行い、お布団にダイブ!
再度熱を測ると・・・。

39.6℃(今まで生きてきた中での最高気温)!!!

その数値を見た瞬間、ものの見事に意識を失いました・・・。

と、まぁ、こんな感じで始まった闘病生活。
明日はいよいよ病院で検査です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。